紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

日高町のカフェ「Conpeito」に、さばコロッケのカレー登場 〈2020年2月15日〉

2020年02月15日 08時30分00秒 | 記事

酸味が合いますよと射場店長


 商工会、行政、民宿組合ら関係者でつくる日高町観光推進戦略プロジェクト協議会(会長・松本秀司町長)が商品化した「さばコロッケ」のカレーが14日から、若者に人気の高いカフェ「Conpeito(コンペイトウ)」=日高町荊木=で登場した。
 同カフェは以前から地元食材を使った定食ランチを提供しており、日高町で水揚げされるサバを使ったコロッケとあって、初めて取り入れた。
 ミンチ状にしたサバを北海道産のジャガイモに練り込み、南蛮漬けの味付けにした「さばコロッケ」をご飯に乗せて日高町産のトマトをトッピング、カレールーにもトマトソースを交え、その酸味がマッチする品。「SABAコロッケトマトカレー」と名付けて950円(税別)、ランチメニュー(午前11時~午後2時30分)で提供する。
 県外の飲食店で扱われたことがあったが、日高地方では初。「さばコロッケ」はご当地コロッケ日本一決定戦「全国コロッケフェスティバル」で特別賞を受け、地域の注目度は高く、同カフェの射場豪太店長(41)は「地場産の発展につながり、店の看板メニューとなればうれしい」と期待。サンドイッチやバーガーの新メニューも検討する。
 問い合わせは同カフェ(電話52・7388)へ。


 その他の主なニュース

御坊市が新型コロナ対策室設置 介護フェアは中止の方向で検討

 御坊市吉田の婦人会「いつもの会」が体験会 フライングディスク普及へ

読書感想画コンクール 保田愛里さん(紀央館高)最優秀賞で中央出品 小西ひかるさん(紀央館高)優秀賞に選ばれる

御坊商工・紀央館同窓会が激励金贈りエール 紀央館高生の活躍たたえる


美山ふじまつり 暖冬で5月連休の影響危ぐ 2年前は花が散り来園者大幅減 〈2020年2月14日〉

2020年02月14日 08時30分00秒 | 記事

今年は4月18日開幕のチラシでふじまつりをPRしているが、暖冬の影響が直撃も


 日本一長い藤棚ロードがある日高川町初湯川、椿山ダム湖畔のリフレッシュエリアみやまの里で、毎年4月下旬から5月の大型連休にかけて開かれる「ふじまつり」。今年は過去にない暖冬傾向で、フジの花の開花も大幅に早まると予想され、連休中に花が散って来園者数に大きな影響が出るのではと関係者は危ぐしている。2年前は暖冬で1週間以上も早く開花し、連休中は来園者も少なく前年比約5000人減となり、経済的に大きな損失が出た。

 日高川町の山間部では、先週末から今週初めにかけて最低気温が氷点下の厳しい冷え込みとなったが、今冬は雪が降る日もほとんどない暖冬。梅の花も各地で例年より早く満開となり、13日からはフジが開花する4月中旬並みの暖かさになるなど、開花が大幅に早まる可能性がある。
 ふじまつりの主役となるフジは、例年、4月中旬ごろから開花が始まり、イベントが始まる4月下旬から5月の連休にかけて花がピークを迎え、連休中には毎年約1万人の来園者が県内外から訪れる。平成28、29年は期間中に約1万8000人を記録したが、節目の20周年を迎えた平成30年は、1週間以上も早く開花し、開幕前に満開を迎える場所も。5月の連休中に花が散り、5月の6日間で2000人を割り込むなど来園者数は1万2277人にとどまり、過去最高を記録した前年の1万7701人から5000人以上も減少。期間中に1日2000人を上回る日がなく、日高川で災害があった翌年の平成24年以来の少なさだった。
 実行委員会では昨年、2年前の経験を踏まえて開幕日を5日間早くし、遠方の人も来園前に開花状況を確認できるように、インターネット上で公開して対応している。今年は4月18日から5月6日の日程でイベントが開催される予定だが、このまま気温の高い日が続けば2年前のように来園者数を直撃する恐れがある。来園者が5000人減少すれば、入園料(大人600円)だけでも約300万円の損失となり、会場での特産品売上や宿泊などを含めれば経済的にも与える影響は大きい。
 今年は5月5日に初のフリーマーケットを開催するなど、フジの花以外でイベントを企画する試みも行うが、関係者は「自然に影響されるは仕方ないことだが、2年前のような状況にはなってほしくない。チラシの作製やPRに向けて実行委員会を数か月前に開くので、その時点では気候を判断して開催日を変更することも難しい」と話す。


 その他の主なニュース

日高広域観光協 第5弾贈り物キャンペーン インスタ「グッと賞」10点決まる

 御坊署ら由良ドックでテロ対処訓練実施

 藤田小で子育て講演会開催

日高町臨時議会 志賀小校舎体育館改修補正計上


日裏勝己印南町長が初登庁、3期目へ決意「公約実現へ全身全霊で頑張る」  〈2020年2月13日〉

2020年02月13日 08時30分00秒 | 記事

登庁し、笑顔で職員から花束を受け3期目をスタートさせた日裏町長


  去る9日に執行の印南町長選で無投票3選を果たした日裏勝己町長(69)が12日に初登庁し、3期目の町政をスタートさせた。日裏町長は、役場玄関前に出迎えた職員や支持者らを前に「皆さんとともに素晴らしい印南町、希望をもてる印南町を推し進めたい。全身全霊をかけて頑張る」と3期目に臨む決意を示した。

 日裏町長は午前7時45分に登庁。玄関前で職員、町議、支持者らが拍手で出迎え、職員を代表し新田千佳さんが花束を贈り、就任を祝った。日裏町長は職員や支持者らを前に「町長選に無投票当選させていただいたのはこれもひとえに皆さま方の温かいご指導、ご協力のおかげ」と感謝。「8年前、初登庁で〝やるぞ〟という気持ちだったことを思い出した。今もその時とまったく同じ思い。町には大きな問題、解決しなければならない問題がある。印南町をどのようにしていくか皆さんとともに一生懸命考え、素晴らしい印南町、希望をもてる印南町を心から願い、推し進めていきたい」と3期目の町政の舵取りへ決意を新たにした。
 続いて役場3階大会議室で全職員が出席して就任式を行い、平尾潔司教育長が「すべては町民のため。日裏町長を先頭に、これまでの実感できるまちづくりを土台に、住民目線に立って、町長の公約である希望をもてるまちづくりに職員一丸となって頑張る」と述べたあと、日裏町長が訓示。「喜びとともに責任の重さを痛感している、熱い思いがこみ上げてくる。▽住みたい・住み続けたい▽子育て・教育の充実▽強じんで安全・安心▽思いやりとやすらぎ▽地場産業が輝きにぎわう-の希望をもてる5つのまちづくりを住民の方々と約束した。この『希望をもてるまち・印南町』を実現することに、すべての職員が一丸となって、その力を貸していただきたい。次の100年においてもわがまちへの愛着と誇りを醸成する未来へ向けた取り組みを確実に進めていく。歴史の審判に耐えうる取り組みを職員の皆さまとともに推し進めていきたい。私はこれまで以上に死にものぐるいで職責を全うする。皆さん、町民のためにともに汗を流そう」と協力を呼びかけた。


 その他の主なニュース

クヌッセン機関長献花の集い キンセンカ捧げ遺徳しのぶ

日高川町子ども会食育教室ヤナギヤでパン作り体験

日高高校野球部員が日高町少年球児対象に野球教室で交流

小学生バレー新人大会日高予選 稲原、内原ら6チーム県大会へ


印南町議補欠選挙 木村栄一氏が一騎打ち制し当選 〈2020年2月11日〉

2020年02月11日 08時30分00秒 | 記事

 1人欠員に伴う印南町議補選は9日に投開票が行われ、新人の木村栄一氏(62)=島田=が2341票を獲得し当選を決めた。町初の女性議員をめざした丸山則枝氏(64)=印南=は1509票と及ばず涙をのんだ。当日有権者数は6940人(男3229、女3711)、投票率は56・80%、投票総数は3942票、無効92票だった。

 8時ごろから事務所に多くの支持者が詰めかけ開票結果を待った。午後8時50分ごろに第2回発表で当選の連絡が入ると100人の支持者から「やったー」「よかった」と大きな拍手とともに事務所は歓声に包まれた。
 木村氏は「自分も含めスタッフみんなが初めての選挙で手探り状態で、手応えとか全く分からなかった。皆さんに『頑張ってよ』などと声をかけてもらったが票につながるか不安だった」と町内初となった補選を振り返り「一緒に戦ってくれたスタッフ、支援いただいた皆さん方、支えてくれた家族のおかげで当選できたと本当に感謝しています」と喜ぶとともに「その期待に応えなければとの思い、使命を強く感じている」と気を引き締め「住民の皆さんの声を聞きながら農林水産業の振興、災害に強いまちづくりの推進、教育環境の整備など努めたい。今の気持ちを忘れずに住民の皆さんと町行政との橋渡し役となって、将来にわたり町が発展できるよう頑張りたい」と意欲を見せた。
 祝勝会で坂田和彦選挙責任者が「皆さんのおかけで圧勝することができました」と礼を述べ、孫の木村幸栄君(南部小4年、10歳)、梨乃ちゃん(愛之園保年長、6歳)から「おじいちゃんおめでとう」と木村氏と妻・三千代さん(62)に花束が贈られた。教え子の清流中平成14年度卒業生一同や女性支持者からも花束が贈られ、当選祝いに駆け付けた日裏勝己町長や冨安民浩、玄素彰人両県議が祝辞、今後の活躍に期待を寄せた。当選を祝し西田佳司街宣部長の音頭で万歳三唱、脇田信也選挙事務長の音頭で乾杯し喜びを分かち合った。
 敗れた丸山氏は「支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。今回勉強したことを生かし1年半後の町議選に出馬したい」と話した。
 無効票の内訳 白紙49▽雑事21▽記号・符号13▽候補者でないものを記載7▽何を記載したか確認しがたいもの1▽他事記載1▽合計92。


 その他の主なニュース

  日高町にベトナム住みます芸人が来町。町長と歓談、観光地PR役に

若草旗少年野球抽選・開会式。山本隼也主将(由良S)力強く宣誓

第14回日高川町農業祭盛況。品評会展示販売など賑わう

8日 ごぼうまちゼミスタート


印南町議補選きょう(9日)投開票 木村栄一、丸山則枝両候補の一騎打ちに審判 〈2020年2月9日〉

2020年02月09日 08時30分00秒 | 記事

 印南町議補欠選(欠員1)は5日間の選挙戦を終え、きょう9日に投票、即日開票される。首長選並みの選挙戦を展開した新人の木村栄一(62)=島田=、丸山則枝(64)=印南=の両候補。初の補選で投票率が気になるところだが、期日前投票の低調ぶりから50%前後ではと予想される。午後8時から町公民館で即日開票され、午後9時前には大勢が判明する模様。
 木村候補は昨年12月4日に出馬表明し、無投票かと思われたが、丸山候補が1月10日に行われた立候補予定者説明会出席後に出馬表明し、短期決戦に突入。激しい前哨戦は見られず、4日の告示後から両候補は街宣を中心に支持を訴えるなど5日間にわたって選挙戦を繰り広げた。
 木村候補は「農林水産業の振興、災害に強いまちづくりの推進に向けて町と住民の間に立ち、将来にわたり町が発展できるよう尽力したい」。丸山候補は「女性の社会進出が進む中で女性の議員も必要。町初の女性議員として女性目線で福祉の充実や子育て支援に取り組みたい」と訴えた。
 3日現在の有権者数は6989人(男3257・女3732)。投票率を50%と想定すると投票総数は約3500票となり、1750票が当落の分かれ目となりそうだ。
 投票は9日午前7時から午後6時まで町内16カ所で行われる。開票は午後8時から町公民館で行われ、第1回発表は午後8時30分。遅くても9時前には大勢が判明すると見られる。


 その他の主なニュース

  4月~9月 御坊寺内町会館で東京五輪記念展開催

バレー教室 迫田さおりさん(元全日本)がジュニア選手指導

第4施設団戦技競技大会で第304水際障害中隊完全優勝

書初会県中央審査会で管内から特選23点、準特選51点選ばれる


印南町議補選 選挙運動もきょう(8日)限り 関心高まらず投票率低下か 〈2020年2月8日〉

2020年02月08日 08時30分00秒 | 記事

閑散な期日前投票所


 4日に告示された印南町議補選も選挙運動はきょう限り。木村栄一氏(62)=島田=、丸山則枝氏(64)=印南=の両候補は街宣を中心とした選挙運動を展開しており、最後の最後まで支持拡大に全力を挙げる。投票は9日で即日開票される。

 初の町議補選となるが、町議は地区別の代表を選ぶ感が強く、地元に候補者がいない地区では有権者の関心を集めにくいという背景もあり、投票率の低下が懸念されている。5日から町役場で受け付けている期日前投票は7日正午現在で493人と低調。直近の町選挙となる前回の町長選では同期で有権者の14%にあたる1039人が投票を済ませている。この時の最終投票率は84・4%だった。
 前回の町長選と単純には比較できないものの期日前投票が大きく下回っていることから最終投票率も大幅に低下するのではと見られる。実際、町議の補選単独では20%を下回る投票率も珍しくない。
 町選管は町内放送で期日前を含めた投票を呼びかけているが、期日前投票の数字を見る限り効果はあまり出ていない。「棄権せず投票を」と呼びかけている。


 その他の主なニュース

  農水省は「地方創生好事例」として御坊市名田地区を紹介

日高地方山間部でマイナス4℃を記録 今冬一番の冷え込み

 ナニコレ珍百景(9日)に紀州鉄道「駄菓子列車」が登場

日高広域消防 ドクヘリ症例検討会開く

 

印南町議補選 運動も終盤、支持拡大に懸命 票の上積みめざす木村栄一、丸山則枝両候補 〈2020年2月7日〉

2020年02月07日 08時30分00秒 | 記事

 

選挙運動も終盤を迎え支持拡大に懸命の木村候補(上)丸山候補


 4日に告示された印南町議補欠選挙(欠員1)は早くも終盤を迎え選挙運動も2日間を残すだけ。木村栄一氏(62)=島田=、丸山則枝氏(64)=印南=の両候補は、街宣を中心にした選挙運動を展開、支持拡大に懸命だ。両候補とも初の選挙に加え、同町での補欠選が初めてとあり、票読みが難しく、投票率も気になるところで「1票でも上積みを」と残る2日間も街宣などで支持を訴えることにしている。

 木村候補は初日の4日は出陣式のあと街宣車で町内を一巡。5日は印南、稲原地区を中心に街宣、要所を歩いて支援を呼びかけた。6日は切目川、真妻地区を街宣と街宣を中心とした選挙運動を展開。一方の丸山候補は初日は出陣式のあと、街宣車で町内を一巡しながらAコープやJR切目駅前など3カ所で街頭演説。5日、6日も町内くまなく街宣するなど精力的に活動。
 元教員の木村候補は町内の印南中や清流中で勤務するなど知名度があり、大票田の島田区が地元だが「相手は女性候補というアピールポイントがあり脅威、厳しい戦いだ」と上滑りを警戒。丸山候補は「初の女性議員めざす」と女性候補を全面に出しての戦いで知名度アップを図る。「『頑張って』と声をかけてくれる有権者もいて手応えは良い」と浮動票の取り込みをめざす。
 両候補とも7日、8日の残り2日間も街宣を中心に支持拡大に努めるとともに地縁・血縁を頼りに票の掘り起こしを図る。1票でも多く上積みしようと最終日まで首長選並みの熱い戦いが繰り広げられそうだ。


 その他の主なニュース

由良町長選へ動き出す 現職町議が出馬準備

日高川町でようやく初積雪 御坊市内など平野部も雪

 保健所に新型コロナウイルス肺炎の電話相談窓口開設

食品容器環境美化協会から松原小(美浜町)が美化保護活動を評価され優良校として表彰される


無投票当選の日裏勝己・印南町長 一夜明け3期目へ決意新た 〈2020年2月6日〉

2020年02月06日 08時30分00秒 | 記事

一夜明け、無投票3選の喜びをかみしめる日裏氏と妻の幸代さん


 4日告示の印南町長選で無投票3選を果たした日裏勝己氏(69)=皆瀬川=は当選から一夜明けた5日朝、自宅で当選の喜びと抱負を語った。日裏氏は「初出馬の時に掲げた『住民目線で町民総意の町政』をあらためて胸に刻み、『住みたい、住み続けたい』と実感でき、希望を持てる町を創っていくために全力で取り組みたい」と3期目に向けて意欲を見せた。しばらく精気を養い12日に初登庁、3期目をスタートさせる(10面に関連)。

 初めての無投票当選に日裏氏は「有り難く、とてもうれしく思う」と喜びながらも「選挙戦で勝ち抜いた時とまた違ったものがある。責任の重さを痛感している」と気を引き締めている。3期目に入る日裏町政。2期目は(1)「住みたい、住み続けたい」(2)「子育て・教育の充実」(3)「強靱で安心・安全」(4)「思いやりと安らぎ」(5)「地域産業が輝き賑わい」-を実感できるまちづくりを公約の柱に掲げて各種施策に取り組んだが、3期目に向けては「これまでの取り組みをさらに進め『希望のある町』をスローガンに、マニフェストに掲げた『希望を持てる5つのまちづくり』の実現に向けて全力で取り組む」とした。
 日裏氏は「住民の声をしっかり聞き、それを職員と吟味して町を発展させるための施策につなげ、希望を持って楽しく生活できる、『住みたい、住み続けたい』と実感できる町を創っていくため死にものぐるいで頑張る」と3期目への決意を示した。
 幸代夫人(65)は「ご支援していただいた皆さまのおかげで本当に感謝しております。町民のために4年間、健康で仕事に取り組むことができるように、これからも支えていきたい」と話した。
 当選証書は、10日午前10時から役場3階会議室で交付される。日裏氏は12日午前7時45分に初登庁する。


 その他の主なニュース

美山3小学校合同教室 同時に一緒に税を学ぶ

三尾漁協 三尾沿岸の海草群落再生研究事業は3年目の最終年度を迎える

9日 第14回日高川町農業祭開催

22日 地域おこし協力隊らでつくる「yura blue」と「PROJECT24」は魅力発信へ写真撮影会


印南町長選告示 現職・日裏勝己氏が独走でゴールへ 町議補欠選(欠員1)には2人立候補 〈2020年2月5日〉

2020年02月05日 08時30分00秒 | 記事

支持者を前に第一声を放つ日裏候補


 任期満了(2月23日)に伴う、印南町長・町議補選(欠員1)が4日に告示された。町長選は現職で3選をめざす日裏勝己氏(69)=皆瀬川=だけが立候補(午後1時現在)。午前8時30分に届け出を済ませた日裏氏は選挙事務所=印南2375=前で行った出陣式で力強く第一声を放ち、街宣へ繰り出したが、他に立候補する動きはなく、平成9年以来の無投票決着がほぼ確実な状況で一日だけの選挙戦となりそうだ。3日現在の有権者数は6989人(男3257・女3732)。

 JR印南駅南方約350メートルの空き地に設けた選挙事務所で行った出陣式には冨安民浩、坂本登両県議や管内首長、町議(10人)ら来賓をはじめ支持者ら合わせて300人(主催者発表)が詰めかけた。中村泰介後援会長が「何が起こるか分からないのが選挙。気を引き締めて今日から頑張っていくので最後まで応援よろしくお願いします」とあいさつ。仁坂吉伸知事の激励メッセージ披露に続いて来賓の日高郡町村会副会長の松本秀司・日高町長が「『日高は一つ』を合言葉に先頭に立って頑張っていただきたい」、坂本県議も「今日5時にバンザイできるよう頑張りましょう」と支援を呼びかけた。
 支持者を前に日裏氏は「2期8年無我夢中で突っ走ってきた。無事務めさせて頂いてきたのも皆様方のお支え応援のおかげです」と感謝を述べたあと「新たな印南町を創っていく。5つの思い(公約に掲げた希望をもてる5つのまちづくり)を持って素晴らしい印南町を創っていく、希望の持てる印南町を創っていく、その覚悟で立候補した。当選させて頂いた暁には素晴らしい印南町を創って参りたいという思いでいっぱい。課題も山積しており、2期8年の間で出来なかったこともある。何が必要なのか、何をしなければいけないのか、住民の皆さんと職員も含めしっかりと議論し、議会の皆さんにも応援をいただき、希望の持てる素晴らしい印南町を創っていきたい」と3期目に臨む決意を示するとともに「気を引き締めてこの選挙を勝ち抜く覚悟であるので最後の最後まで応援よろしくお願いします」と支持を訴えた。
 青年部代表の藁科恭平さんのかけ声とともに頑張ろうコールを行い気勢を上げたあと、日裏氏は街宣車に乗って町内を巡りながら支援を呼びかけた。他に立候補の動きはなく、平成9年以来の無投票決着が濃厚で、午後5時の立候補届け出締め切りを待った。


 その他の主なニュース

日高中津分校生がかわべ、なかつ保育園児とボール遊びで楽しく交流

御坊市議会特別委員会 定数議論堂々巡りでかみ合わず

観光振興連携チーム「PROJECT24」は「どんぶリーマン」第4弾配信開始

22日 北出病院 スポーツ等指導者向け講習会開催


印南町 町長・町議補選きょう(4日)告示 日裏勝己氏無投票へ、補選は選挙戦 〈2020年2月4日〉

2020年02月04日 08時30分00秒 | 記事

 任期満了(2月23日)に伴う印南町長選挙と町議補選(欠員1)は、きょう4日に告示される。町長選の立候補予定者は現職で3選をめざす日裏勝己氏(69)=皆瀬川=だけで平成9年以来の無投票決着がほぼ確実。一方の町議補選には木村栄一氏(62)=島田=、丸山則枝さん(64)=印南=の新人2人が立候補を予定しており一騎打ちとなりそうだ。

 立候補届け出の受付は、4日午前8時30分から、町役場3階会議室で行い、午後5時で締め切る。
 町長選の日裏陣営は受付開始と同時に届け出を済ませたあと、同町印南のJR印南駅南方約350メートルの空き地に設置の選挙事務所前で出陣式を行い、支持者を前に日裏氏が第一声を上げ、選挙カーで街宣に出発、町内を一巡する。現時点で日裏氏の他に出馬の動きはなく、午後5時の立候補届け出締め切りとともに日裏氏の3選が決まり、1日だけの選挙戦となりそうだ。
 日裏氏は、2期目に掲げた(1)住みたい・住み続けたい(2)子育て・教育の充実(3)強靱で安全・安心(4)思いやりと安らぎ(5)地域産業が輝きにぎわい-を「実感できるまちづくり」をさらに進め、「希望のある町」をスローガンに「希望を持てるまちづくり」をめざし各種施策に取り組むとし「住民の声をしっかり聞き、それを職員と吟味して町の発展させるための施策につなげてきたい。そのことをしっかり約束し、4年間死にものぐるいで頑張る」-と3期目に向けての決意を示している。
 町議補選は、木村氏と丸山さんが立候補予定。両陣営は届け出を済ませ、選挙事務所で第一声を上げたあと、町内を選挙カーで街宣するなどして支持を訴える。
 投票日は9日で午前7時から午後6時まで町内16投票所で行い、即日開票される。期日前投票は5日から8日までの4日間で午前8時30分から午後8時まで町役場で受け付ける。町選挙管理委員会(楠本勝彦委員長)は、街頭演説時に掲げる標旗(幟)や着用する腕章、選挙カーに取り付ける表示板など選挙七つ道具を準備するなど本番に備えた。
 昨年12月1日現在の選挙人名簿登録者数は6999人(男3258・女3741)。


 その他の主なニュース

1日 宇藤勝氏(御坊市)の文科相表彰の受賞祝賀会

2日 日高川町「まなぼう災」開催 

市民教養講座 橋本大二郎氏(前高知県知事)が「日本の針路を決めるのは"地方"の力」をテーマに講演

由良町役場産建課が就農者を増やそうとインスタでPR