Season(旬)

●障がい者、高齢者の方への相談・支援 ● ひきこもり、ニート状況の方への相談・支援
●成年後見人制度のご相談・支援

パーキンソン病患者にiPS細胞 世界初

2018年11月10日 | 医療・医療保険

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の細胞を作り、パーキンソン病患者の脳に移植する臨床試験(治験)を進めている京都大は11月9日、1人目の患者への移植を世界で初めて実施したと発表した。

今後、腫瘍ができないかなどの安全面を検証し、2人目以降の移植に進む。

京大によると、移植手術は50代の男性患者に対して行われ、手術前と同様に会話や歩行ができるなど経過は良好という。

パーキンソン病は、脳内で情報を伝える物質「ドーパミン」を出す神経細胞が減り、体を動かしにくくなったり、震えが起きたりする難病。

高橋教授らのチームは、健康な人から作ったiPS細胞を神経のもとになる細胞(前駆細胞)に変えて、患者の脳に移植した。

移植した細胞は脳内で神経細胞になり、ドーパミンを分泌する見込みだという。

京大病院で記者会見した高橋教授は「外科医にとって結果が全てだ。 今まで積み上げてきた結果の審判を待つ、厳粛な気持ちでいる」と話した。

京大は計7人の患者への移植を計画しており、まだ募集を続けている。

手術は10月に行われ、約3時間かけて約240万個の前駆細胞が脳の左側に移植された。

移植した細胞の定着や腫瘍の有無などを評価し、約半年後に脳の右側にも移植する。

手術後もさらに2年間、安全性や症状が改善するかなど効果を調べる。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 70歳雇用実施へ 首相、法... | トップ | 遠隔ロボの働くカフェ 身体... »

コメントを投稿

医療・医療保険」カテゴリの最新記事