Season(旬)

●障がい者、高齢者の方への相談・支援 ● ひきこもり、ニート状況の方への相談・支援
●成年後見人制度のご相談・支援

被後見人選挙権付与へ 与野党法案に大筋合意

2013年05月12日 | 成年後見・生活支援

自民、公明両党と民主党など野党8党は5月10日午前、成年後見人が付くと選挙権を失う公選法規定を削除して被後見人に選挙権を一律付与する同法改正案について大筋で合意した。

来週中にも再協議して正式合意し、議員立法により国会提出する方針。

改正案は今国会中に成立する見通しとなった。

自公両党がまとめた公選法改正案は、不正投票を防止する狙いから、身体障害者や自力で候補者名を書けない場合の投票補助者に関し、投票所で事務に従事する選挙管理委員会職員らから選ぶことも義務付けた。

また、病院などでの不在者投票では、施設関係者以外に選管職員など第三者を立ち会わせるよう努力義務を定めた。

夏の参院選からの適用を目指し、月内成立を図る。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ニートやフリーターの就労支... | トップ | 介護離職は男性13%、女性... »

コメントを投稿

成年後見・生活支援」カテゴリの最新記事