録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

もう「詳しくない人」にパソコンを組んでやるのはやめたほうがいいのかも

2009-12-08 20:26:06 | Weblog
今回はよろず系なので中身ありません(^^;)

・スカパー!のチャンネル、ザ・シネマのやっている二大恐竜映画の比較が楽しい。一つは言わずと知れた恐竜映画の代名詞、"ジュラシック・パーク"とその続編"ロストワールド/ジュラシック・パーク"、もう一方はそれ以前の恐竜映画の代表作、"恐竜100万年"。後者はレイ・ハリーハウゼンがアメリカ特撮の伝統技術、ストップモーション・アニメを駆使したもの。
実は「ジュラシック・パーク」はかなりギリギリまで"恐竜100万年"と同じストップモーション・アニメを使って作成するつもりだったのだ。ただし、その最終型ともいうべきゴー・モーションという進化した技術でだ。ゴー・モーションとは、人形を一コマずつ動かして一コマずつフィルムに撮影する際に生じるカクカク感やぎこちなさを、フィルムにブレや残像を合成するなどで作り出して自然に見えるようにしたもの。わたしも当時のドキュメンタリー番組でテストフィルムを見たことがあるが、それだけならCGに決してヒケを取らない自然な動きだった。にも関わらず、CGで恐竜を直接表現出来ることに歓喜したスティーブン・スピルバーグはゴー・モーションのシーンをすべてCGに置き換え、ラストにフルCGのティラノサウルスとヴェロキラプトルを対決させるシーンを追加したのは有名な話。当初ゴー・モーションのために招聘されたフィル・ティペット(スターウォーズやロボコップ、スターシップトゥルーパーズなどで特撮担当)を恐竜の動きの監修役においやってしまった。なお、恐竜の動きのノウハウをすべてCGを担当すたデニス・ミューレン率いるILMのスタッフに教えてしまったせいか、ティペットは"ロストワールド/ジュラシック・パーク"には参加していない。
もしスピルバーグがILMのCG恐竜に感激しなかったら、ジュラシック・パークは単なる恐竜映画の一本に過ぎず、マニア以外はそれほど記憶にとどめぬ映画となっていただろうし、その後のモンスター映画がCGを多用するのはもっと遅れていただろう。そしてなにより、年末に出るUNKNOWN ISLNDのDVDのタイトルが"ジュラシック・アイランド"になることは絶対なかったに違いない! と、いうわけで恐竜100万年をみつつ新世代を迎えなかった場合の"ジュラシック・パーク"を想像してみるのもまた一興である。
なお、さしもの"ジュラシック・パーク"も日替わりの古生物学には勝てず、今現在いわれている恐竜像とはだいぶ異なっている。ティラノサウルスはあんなに足は早くなかったらしいし、ヴェロキラプトルは羽毛恐竜説が有力。ブラキオサウルスの鼻の穴は頭の上ではなく、やっぱり口の上にあったらしい、あんなに頭を持ち上げることはなかったらしいなど。それでも、一番最初にブラキオサウルスが姿を現すシーンの感激は何度見直してもいささかも衰えることはないので、特にHDを見られる人におすすめ。

・知人のPCがいいかげん動作がおかしくなってきたので、新しくすることにしたそうな。なにせそのスペックは

・Celeron800MHz ・RADEON9200 AGP ・SDR256MB ・HDD80GBx2 ・DVD±R4倍速ドライブ ・WindowsXP HOME 

という、わたしらからみたら実にレガシーなスペック。正直まるごと買い換えた方が得だと思えるのだが、どうも別の知人から中途半端にパーツを買っちゃったらしい。しかも、PentiumDに945マザーという、そんなもんよく知らないやつから金取るなよレベルな余りパーツ。唯一の利点はパラレルATAのコネクタが多いので、古いHDDやDVDドライブがそのまま挿せることくらい。お金を出してしまった以上、使わないのももったいないということで流用することに。ちょっと不憫なので、あきらかに冷却能力の足りなそうなオマケCPUクーラーと、今まで使っていたケースは破棄、新しいクーラーと一つも持っていないDDR2メモリ、PCI-EXPRESSのグラボはわたしの余りから提供したもので補うことにする。DDR2-800はともかくDDR2-667はもう使い道がなくて放ってあったのでちょうど良かったかも。先日の休日を利用して買い物&組み立て作業に。
さすがにケースと電源は買ってもらうことにして、ついでに「もうHDDなんかTBクラスが当たり前なんだから、追加しなさい。幸いシリアルATAもついているんだから」とかわせる。本人「そんな莫大な容量あっても使い道ないよ」と、ケースを買いに行ったショップで500GBのHDDを買おうとしたのだが、店員さんに
「すいません、もう1TBが在庫の最小容量なんですよ」
と言われ、仕方なく1TBを買う。あまりのケタ違いの容量に全然時代について行けない友人。
買い物はサクっと終了、珍しく組み立てその他も全く支障なく、普段なら夜中までかかるのが常だが、なぜか夕方には全部終了。二人で「絶対どこかに落とし穴か罠があるに違いない!」と探したが何も無いのでそれで終りにした。前のHDDもOS起動用に使いたいという話なのでそのまま使ったので、妙にアンバランスなPCになってしまったが、本人満足そうなので由とした。
今回は中途半端な世代のマザーだったからHDDも使えたものの、最新のマザーだったらHDDの移植のための拡張ボードの追加などが必要になるか、ファイルコピーのための手間がかかったかも。特にパソコンの組み立てに調子にのっている人が多かったPentiumIII/4の世代の時は、余ったパーツを寄せ集めてパソコンに興味を持ち始めた友人たちに上げたりすることをやった人は多いはず。今回も実はそのケースだったのだが、こういう人は使っているスペックに不満を持ったりすることがあまりない。なのに、壊れた場合でもなるべく前の環境を保持することを望む傾向がある。特にXPの時代が長かったおかげで今後、こういうケースが増えるかもしれないが、そういう時はもう余りパーツをなまじっか上げたりするのではなく、前の環境を諦めさせて全部最新PCに買換させる方がお互いのためかもしれない。移行作業に徹夜する上に、永久サポートが待っている(笑)

・最近、コメント欄の名前にkrッッmk3と書いちゃっていることがあるのだけど、これは先日から半分遊びで使い出したGoogle日本語入力ベータ版の環境に慣れないせい。携帯電話の入力のように入力途中で候補が出てくるのが特徴だけど、そういう単語の候補をGoogleの過去の検索ワードから採用している感じで、他のIMEならでないような単語が候補として出てくる。例えば"ろくが"と入力すると候補に"録画人間"までは出てくる。さすがにウチクラスではブログ名全部が候補に出ることはないか。だけど、途中まで入力して候補が出てくるのを待つより最後まで手入力したほうが正直早い。なんとなくレスポンスもイマイチ。もちろんベータ版のせいもあるだろうけど。先のヘンな名前も、普段は日本語入力モードで"krmmk3"と入力し、F8キーで半角にしていたのだけど、Google日本語入力ではそれだけだと子音を二度入力したときの"っ"がそのまま残って半角化されてしまうため、その前に一度F9を押す必要があったのだ。そこら辺だけならIMEのクセとすませられるけど、個人的に使いにくいと感じたのは
・「」の半角が打てない
・"-video"と入力してしまうと、MS-IMEのようにF9だけで"-Video"に変換できない。
の二点が痛い。普段多用しているだけに猛烈な使いにくさを感じてしまう。遊びで使うにはいいけど、本格的に乗り換えるのはまだまだ練り込み不足のようで。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« wtvの変換にとりあえず成功 ... | トップ | エコポイントの延長、やめた... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2009-12-09 00:26:45
録画時の「録る」が変換できない。
Unknown (emanon)
2009-12-09 02:03:43
 いやはや正直krmmk3さんの間のよさには感心します、最近話の種かぶりまくりでコメントしにくいな… 
私の友達Sの友人だと言われても驚かないくらいの筒抜け感、話のつづきはネット接続編が執筆中ではないですよね?
少し古くてWin7のドライバも出ないPHSは実質ゼロ円の機種に買い替えなさいと答えると エスパーしてみるww

Google日本語入力ベータ版てなんか「どこでもいつしょ」と同じ感覚がといったら変かな?
キーボードにも好みがあるように変換設定もGUIで見ながら変更できたら
トロやクロと話すように辞書登録できれば自然に進化が進むと考えるのだが、そんな半分ゲームみたいな作りはしてくれないか
Unknown (幻)
2009-12-09 09:02:22
私も丁度今友人の方と同じようなスペックの自作マシンが1台処分できずに放置してます。
もう、Pen4クラスでも、中古屋行くと3000円位から売ってる所あるので
Pen3なんかはもう化石に近いですねw
最近はE8400+P43+GTS250+Win7で慣れて来たので
Pentium4/3.0Ghzでもかなり遅く感じてきます。
Unknown (Unknown)
2009-12-09 16:00:31
自分の場合はロクに自作が分からない人にパーツだけ売ったりしないですね。余剰パーツでも動く状態にしてから渡しますし。

それから自分としてはジュラシックパークって全然面白みがないですね。むしろゴーモーションで撮影されていたら今でもたまに見るくらいの事はしていただろうしソフトも買ったと思います。

今でもCG SFXで感心して観るのはアポロ13でこれのためにまだ当初普及していなかったDVDプレーヤーを買ったと言ってもいいくらいですw

いかにもCGって作品は迫力はあっても現実感が全く無いのでアニメ観てるのと同じ感覚になっちゃいます。

それから関係ないのですが現在放映中のシンケンジャーは監督が変わってから面白い事をやってます。それまでは火花にしても炎にしてもロボの合成にしても全部CGだったのですが,監督が変わってからは実際に弾着を付けて爆破しロボの合成も実際の風景(山の向こうに立っていて下半身が隠れている)と合成するなど昔ながらの手法に戻しています。
予算の都合もあるのでしょうがやはり全然迫力が違います。

ロボの合体シーンにしてもCGは綺麗ですが全然巨大感がありません。これも昔の特技職人さんは素晴らしくフィルムを繋いだりせずにFIXの長回しにしてワイヤーワークで全て再現していたり(しかもかなり滑らかな動き!)時代が進むとサーボ制御で変形させたりとにかく実際に動いていると言う事は想像で作られるCGとは次元が違います。

パペットにしてもなんにしてもCGばかり使っているとその技術は永遠に失われてしまいます。そうならない事を祈るばかりです。
Unknown (naked emergency)
2009-12-09 21:32:43
私もそう思います。

私は小さいころからいろんなことを勉強しているのであらゆることに詳しいです。それゆえ小学生の頃からいろいろな依頼が来るようになりました。

知識が無いと扱えないものをやってあげると、「これぐらい簡単にできるだろ」というノリで次々と頼みに来るので、ある時から、有料にしました。それに加えて、サポートが面倒です。

「親切には限界がある。相手の立場になって考えろ。」、「人様に物事を頼む態度を幼稚園で勉強してこい。」といいたくなる人が中学校は多かったです。
Unknown (krmmk3)
2009-12-09 22:49:11
>谷さん
あ、本当にできないですね。登録すらされてない。これ厳しいわ。

>emanonさん
どっちかというと間が悪すぎるんじゃ(^^;)
ネット接続は今回の友人とは別の友人の件になりますので、大丈夫ですよ。
日本語入力の学習能力は結構高いですね。MS-IMEとかより過去の入力実績が反映されやすいです。確かに感覚的にはおこしょとかに似ているかも。もうちょっと反応が良ければいいんですけど。

>幻さん
さすがにPenIIIはもう使い道がないですね。Pen4も478Pinはもうダメかな・・・って感じですけど、使っている人は結構気にしてないものみたいです。

>2009-12-09 16:00:31さん
気持ちは良くわかります。わたしもPCに入れてある動画データ、よく見返すのは断然ジュラシック・パークより恐竜100万年ですから。ゴー・モーションのやつ、見たかったです。
ただ、映画の歴史的分岐点としてジュラシック・パークの果たした役割はやはり無視できないです。そういう比較としては、今回の試みは面白いものですよ。
CGの爆発合成は全く迫力ないですよね。弾着は臨場感が違います。まぁスタントマンの方がケガをしやすくなるなどの危険性がどうしても出てしまうのが難点ですけど。戦隊は一時「お約束」をからかわれるのを嫌がってCG処理が多くなり、面白くなくなっていましたが、最近はようやくいい意味での原点に戻ってきてますね。ライダーはいまだCGメインでタンパクですけど。

>naked emergencyさん
今回の件とはちょっと違いますけど。でも、頼られるのはそれ自体結構嬉しいものですよ。頼るだけの相手には、ちょっと強気に出てスパルタ教育して覚えさせてみては。わたしはやってます。
Unknown (熊)
2009-12-10 00:20:31
いや~、ぶっちゃけPen3でも478でも大して気になりませんよ、使い道限定されますけど

実際私が普段ネット回ってるのはPen3-1GHzかAtomですが、オンボのチップでWeb動画まで満喫してますし、ある程度古めのMMOなら、元々の要求スペックが低いのでRAMとグラボさえどうにかできれば大して問題なく動きます

一番の問題は拡張性なんですよね
オンボードのコントローラーがビッグドライブに対応していないので、必然的にHDDは未使用領域ができる前提でつなぐか中古なり割高の新品なりで120GB以下のドライブを探すことに
RAMに至ってはDIMMやDDR(1)なんて滅多に出てきませんし、ソケットの限界容量もあるので迂闊な物挿せません
グラボはPCIのがそこそこ出てるので、AGPの供給がなくなってもある程度まではどうにかなるんですけどね

自分で弄れる人間でさえ、割り切って使う分には問題ないわけですから、元からその環境だった人間からすればそれ以上は必要ないんですよね

は~、それに付けてもCore i7怖い
('A`)もう絶対知人に組んでやらねぇ (N.Shim@)
2009-12-10 05:58:44
…ってタイトルのスレが2ちゃんの自作スレにあります。内容的にはkrmmk3さんのキモチそのものですよ。もう200スレ目。
ちなみに、最近の >>1 の文句は以下の通り。

> 人は何かの犠牲なしに何も得ることは出来ない
> パソコンを得るためには相応の代価が必要になる
> それが自作PCにおける自己責任の原則だ
> このスレに来るまで 僕等はそれが世界の真実だと信じていた...

錬金某の冒頭セリフですな。まぁ、スレ内はその位時には阿鼻叫喚ですYo。

私はホントの初心者には組んであげずにメーカPCを一緒に買いに行ってあげます。これなら、細かいサポートはメーカー問い合わせにしてあげられますからね。
ある程度分かる奴には、平均以上の拡張性のあるのを組ませて、後は千仞の谷に突き落とすと言う…。

私個人はコストパフォーマンス最優先なので、ソコソコのパワーをソコソコのお値段で組むのが好きです。

Google日本語入力ですが、一部のWebメディアのコラムでも触れる人が居るように、私も「正しい日本語」が優先的に変換候補に上らないというのはどうなんだ?というスタンスで見ています。

私は昔からの流れで、今でも富士通のJapanistというオルタナティブなかな漢字変換を愛用しているんですが(こいつの所為でWin7もx64に出来ないよ。まったく!、まったく!!)、ATOKなどもそうであるように、「日本語とは何ぞや」という流れで開発されるべきで、Googleのように検索をベースとしたコンピューティングパワーで処理する事は少し違うんじゃないかという気がしています。
(インタビューを見ている限りは、それを無視しているということはないとは思いますけど)

Googleもジャストシステムも発表の席で触れていたように、現在のかな漢字市場?はかなり停滞気味で、このままだとなんとなくMS IME一人勝ちのマズイ状況だと思うんですよね。
これを機に、久しぶりにIME回りが活発になればいいんですけど…。

ヨーロッパのIEの取り扱いのように、MSにIMEをプレインストールさせるのを禁止しちゃえばいいんじゃないかなぁ。(笑)
Unknown (arpus)
2009-12-10 08:45:10
私はあまり初心者さんを面倒見た事がないですね・・・
まわりみんなそれなりには使える人ばかりでした。
だけど購入時に「秋葉で」「安く」とか「パーツ名指し」という感じの相談を受けてというのは何度かありました。
大抵は店舗の巡回ペースについてこれず無難なお店でBTOかまとめて購入→自宅で組み立ての手伝いというパターンでしたが。

Google日本語入力はやっぱりスラングとかが多様すぎて、正しい日本語を選択するにはより正しい日本語を理解する必要があるというジレンマを生じてますね。
ジャストシステムはATOKとJustRight!で
日本語の文章入力から校正にいたるノウハウの蓄積もありますからね。

だけど試みはスゴイと思うし開発者も百も承知でしょうから長期的には改善されるのではないでしょうか。
私は長年のATOKユーザーなので今のところ変えようとは思いませんが・・・
Unknown (通りすがりの三十路)
2009-12-10 10:03:02
知人には組んでやらんでも無茶言われることはありますよ(苦笑

私はやったことないしスペック低いマシン使ってるって言ってるのに、ガンダムのネットシミュレーションゲームでどうしたら早くなるかとか従兄弟に相談されましたし(^^;;
当時の考えうる限りの高速な組み合わせを教えても「ゲーム上の知り合いほど早くならない」といわれたので「俺の守備範囲外なんだからそいつに聞け」といいましたけど

身内では、姉のPCのサポートもやってますが、姉に至ってはデスクトップ使ってたのは最初だけで、中身弄るのが面倒だったのか、次からノートPC買ってます

前に「アレアップグレードできるんでしょ?」って聞かれましたが、そのときには「中身全とっかえになる」っていっときました(w

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事