録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

1000人に一人の強運

2009-05-07 21:27:50 | Weblog
一部では今日明日も休んで連休、という向きもあるようですが、大半の方は今日からお仕事であると思います。わたしはゴールデンウィーク中一日も休日ありませんでしたが・・・。自営業だからしょうがないんですが。で、あらかじめ宣言してあったのですが、事実上ウィーク明けの今日は休日だったんです。ところが、なぜか朝からお客さんがやってきまして・・・。知らなかった、という人もいますが、なかには「知っているけど、こっちの都合がいい日は今日だ」なんて人も。おかげで、単にお客さんが普段より少ない、というだけの日でした。
それだけならいいんですが、今日だけは少しそれでは困るものでして。今日は久々の休日であることを利用して、運転免許証の更新に行こうと思っていたんです。ところが来た以上、休日でもお客さんの相手をする、というのがウチの方針のため、出るのが遅れてしまい、免許センターにたどり着くのが午前中の受付時間ギリギリ・・・と、いうか、ギリギリ遅れまして、目の前で受付の人が去っていく始末。とはいえあきらめきれず、頼み込んだところ、後ろからこっそり入れば講習会の時間にギリギリ間に合う、ということで入れてもらったんです。ラッキー。ただし、他の人が半分団体扱いでいっせいに動くのに対し、わたしは別スケジュールになってしまったため、案内の方(多分、警官)がほとんど担当のようにわたし一人だけの手続きをしてくれたんです。大勢の中で一人だけ名前で呼ばれるのは、恥ずかしいやら申し訳ないやら。
そういえば、今回から免許証、ICカードになったんですね。少し厚みと硬さがありますが、本籍が空欄になっているのがヘンですね。世間話ついでに担当の方に「本籍欄、あるのに空欄なのはなんかヘンですね」と言ったら「外国籍の人とか、書かれたくないって意見が増えたからみたいだよ」といわれました。外国籍の人も自分の国籍に誇りを持ちましょう。ちなみに、弟Bちゃんは、ギリギリ昨年内に出来たので、ねらってICカード化以前の免許証にしてもらったそうです。理由は「IC免許証より手数料が安いから」だそうで。本当かどうか知りませんが、さすがだorz ちなみに今回かかった手数料は3250円。
さて、そこまでは良かったんです。更新免許証は無事出来ました。ですが、そこで困ったことを言われまして
担「では、前の免許証は返して」
k「え? 書類を提出する前に渡したじゃないですか」
担「書類を渡されたときに、一緒に返してもらったでしょ」
k「いや、返してもらってないですけど」
担「そんなこと、ありえないから。おたく、多分返してもらったときに反射的に片付けちゃって、忘れてるんだよ」
そこまで言われたら、勘違いと思って財布の中とか、服のポケットとか、講習会の時に渡された資料の間とか、調べますよ。でも、出てこないんです。
k「やっぱりないですよ~。返してもらってないんですよ」
担「ありえないよ~。わたし、一人も見たことないよ。仮にあったとしても、1000人に一人あるかないかだよ」
k「1000人に一人もいるのなら、十分ありうるってことじゃないですか。とりあえず、書類受付の人に聞いてきますよ」
担「そこまで言うなら、一緒に聞きにいこう」
一緒に行きました。もちろん、その間、わたしは財布の中を再確認です。話をしたところ、心当たりがあるのか、受付の人も机の周りを探し始めました。3人で顔色変えて探すこと十数分、ようやく更新前の免許証が出てきました。やはり、受付の人が紛失していたのです。机の下から出てきたときには、3人で安堵しました。多少変則的な受付をしてもらったとはいえ、1000人に一人、ズバリでした。

ついでに言いますと、わたし、免許証を他者になくされたのはこれが初めてではないのです。正確には運転免許証ではなく、教習所時代の仮免許証ですが、これを担当教官になくされたことがあります。それも、最終試験の時に!
実技試験当日、当然わたし以外に2人ほど試験を受けるわけですが、担当教官はわたしの仮免許証だけ、紛失したのです。たとえ紛失したのが教官でも、責任を取るのは持ち主であるわたし。一人試験を受ける順番は後回しにされ、時間の合間を縫って車内を探します。一人だけ残業状態になって、ようやくフロントガラスの間からわたしの仮免許証が出てきました。もちろんそんなあわてている状態で、卒業にふさわしい模範的な運転など出来るわけがなく、落第しましたが。にしても、最後は出てきたから良かったようなものの、仮あわせて、信頼して渡さなければならない相手に免許証を渡して二度も紛失された人はそうそういないでしょうね。

わたし、この手の、滅多にあるものじゃない、というものに当たることが頻繁に起こるみたいです。籤で一等を当てるみたいに良いこともあるのですが、二度の免許証に加え、先日は液晶モニタが気がつかない初期不良でしたし、スカパー!のICカードも不良のものでした。そういえば、販売元が「1%未満の製品に対して起こる」と認めたFriio BS/CSの初期不良品も引き当てましたっけ。良いにせよ悪いにせよ、どちらか極端の結果が起こりやすい星の下に生まれたみたいです、わたしは。トホホ。

なお、帰りに一円玉を拾いましたので、厄払いに神社のお賽銭にして納めてきました。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 地上デジタル放送60.7%の普及... | トップ | B-CAS利権の永久存続に向けて... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (emanon)
2009-05-07 22:27:18
 何事もバランスと言うことですかw
Unknown (krmmk3)
2009-05-07 23:07:37
>emanon
良いと悪いが交互にくれば、ある意味バランスは取れていると言えなくもありませんw。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事