録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

プレクスターサイトから消えていたPX-TV432P

2009-06-21 22:43:06 | PX-TV432P
メイン機をPhenomx4 9350eからPhenomIIx4 905eに交換したので、あまったPhenomをAthlon64x2 5200+の代わりに挿してみたら、あまりにサクサク動くのでビックリ。もちろん過去のテストでPhenomがAthlon64x2よりクロックで劣っても総合で高速なのは分かっていたけど、同じ条件で使うとこれほど性能が違うのかと実感した。如何にVista64で動かす32ビットアプリが重かったかわかる。あれに使っていたときは、もっさりでダメダメだったから。TMPGEnc+Spursでエンコードするときも、格段に速度が上がります。本来SpursEngineやCUDAエンコードの実験を行うにはメインCPUは非力な方がいいんだろうけど、やっぱり戻りたくはありません。どうせすぐ慣れちゃうんだろうけど、それまではPhenom本来の力を堪能するとしましょう。Athlon64x2 5200+は姉TのPCにでも使おうかな?


わざわざ書くほどのことでもないのでしょうけど、わたしの原点にして当ブログの原点でもありますので、書かせていただきます。
Plextorのサイトから、PX-TV432Pのリンクがいつの間にか消えていました。サイト内に製品のページそのものは残っているのですが、サイト内の販売終了製品のページにある"ビデオキャプチャ"のクリックしても一覧表にPX-TV432PもPX-TV402Pもないので、Plextor内からのリンクだけで探すことができなくなっています。もちろん、Googleなどで探せば見つけることはできるのですが、それでもPlextor側から「もう無かった」扱いになっているようで、寂しいです。
「原点」と書いたのは、なにせこのキャプチャーボード、このブログを書くために買ったものですしねぇ。前にも散々書きましたが、そもそもブログを書き始めたのは、某雑誌に「中身もないのに検索のジャマをするブログ記事を排除する方法」というような記事が載っていたことヘの反発からなのです「なら、わたしが普通のサイトに載っていない記事をブログに載せてやる」という、安易な考えで。そのネタのために探して買ってきたのがPX-TV432P。大して売れてないだろうことも、そしてわたしでも出来る程度の弄り方が出来ることも、一目で分かりましたし、その後ネットを調べて同様の情報が掲載されていないことも調べてから買い、ブログを書きました。ですから、ウチの初期記事はPX-TV432Pのことばかりなんです。もし、他の誰かが先に同じような情報を掲載していたら、わたしは多分ブログを始めていないでしょう。その時は、一年くらいPX-TV432P絡みのことを書いたら、更新をやめて放っておくつもりだったのですけど、いつの間にやら方向の違うものに。

もちろん、わたし自身はいまだにPX-TV432P自体は愛用してますし、何より東京の番組を地方で視る、という目的には欠かせない製品です。いまだにこれを超えるものは無いと思っています。もちろん、後2年少々しか使わせてもらえないわけですので、実はデジタル放送への反発のひとつにPX-TV432Pら愛用のキャプチャーボードが一斉に使えなくなることにもあるのですが。それだけ愛着はあるんです、FriioやPV4とは別の意味で。生産終了になってしまった時以上になにか抜けてしまったかの気分はありますが、少なくとも後2年、これからも愛用し続けたいと思います。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 前回の記事にたくさんのコメ... | トップ | 骨とボーン »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分の原点はMTV2000ですね (ATX5000)
2009-06-22 02:35:58
Wowowで放送するフルメタルパニックとおねティーをPCで残したくって。まだHDDの容量は多くなかったのでTMPCEnc(DivX4.12)でエンコして・・・現在メインキャプチャはPT1とGV-D4VR(AT-XやPPV用)に、エンコはAviutl(H.264)に移りましたが、MTV2000はサブキャプチャとしてまだまだ現役です。移り変わりの激しいPCパーツで7年故障もせず頑張ってるコイツを最後まで使っていきたいですね。
ソボクなギモン (mmm)
2009-06-22 10:33:53
はじめまして、
いつも楽しく拝見させていただいてます。
動画編集ソフトってIntel系CPUには最適化されてるけど
AMD系CPU向けにはなんら最適化されてないってものが多くないですか?
CUDA,Spursを使う場合はあまり関係ないのかもしれませんけど。
動画編集する機会が多い人がなんでAMD?
てな事を感じました。

ま、自分もPhenom使ってますけどねw
Unknown (krmmk3)
2009-06-22 22:12:15
>ATX5000さん
「利用した」という条件ですと、わたしはAll-inーWonder128です。チューナーは全く使い物になりませんでした(なにせモノラル音声のみ)が、外部入力だけならそこそこ使えたので、面白くて・・・がキッカケです。それ以来、一度もキャプチャーに飽きないのが不思議です。

>mmmさん
これはわたし個人に対する質問でしょうね。実は、IntelPCは別に使ってます。と、行ってもCore2Quadですが。Corei7はPCIの少ないマザーばかりなので、使いたくないので。Intelは確実な録画・エンコードを行うために硬い編成で、AMDは実験用に使っています。AMDで動けば、Intelでも問題ないだろうという観点から、そうしています。必然的に、AMDPCが記事として使われると、そういうわけでして。
寄る年波でしょうか・・・。 (V-MAX)
2009-11-14 14:35:53
わたしにとってPX-TV432Pは、ようやく安定録画出来るようになった原点ですね。

これで手当たり次第に録画しまっくてました。HDDを圧迫しないのもイイですね。
色の好みや録画時のファイル名も ここで教わった ELSA1700TVのInfoTVを使うワザ でバッチリになり、最近2TBほど増設したHDDも相まって 録画アーカイブ化となってきました。

ところが、ここ2~3日前ぐらいから いつのまにか「深刻なエラーから回復しました」と再起動してたり、録画にブロックノイズが乗ってたり、細切れにリトライを繰り返した後のような小さいファイルが一杯出来ていたりと、どうもマズイ状態です。

もともとintel dual coreになってからは 録画しては、すぐ変換君に放り込む→H.264化のフローになっていたのが、HDD容量に余裕ができたのに気を良くして 運転休止時間がほとんど昼間の3~4時間ぐらいになってしまっていたので、熱とかの問題が出てしまったのでしょうか??

このままでは、メンテや入れ替えも考慮しなくてはならなくなってしまいます。
今の手持ちの中では、1500TVにはダブル録画のうまみが感じられず、外部信号受信録画スタート機能付のMTVX-WHFぐらいになってしまいます。
地味にとても悩んでいます。

普通に調子良く録画出来れば、こんなラクチンなシステムはないのです。

それとも、「ボチボチ外部チューナーからの録画体制(アイイーのHVT-T100あたりを予定)に備えときなされー」ということなのでしょうか?

これが「経年変化」というもんなんですかね・・・?
Unknown (krmmk3)
2009-11-14 23:37:23
>V-MAXさん
画質に必要以上さえもとめなければ、いいボードですね、今でも。
わたしも似たような感じです。特にこのボードをまだ生かすためにPCIx5のP43マザーを買ったのですが、ブロックノイズがひどくて・・・。どうも最近のチップセットやCPUだと合わないのではないかという気がしてます。放熱のせいかも知れませんが。

コメントを投稿

PX-TV432P」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事