録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

デジタル放送で失われたビジネス

2010-02-03 23:42:49 | B-CAS&規制撤廃運動
ウチは目の前のビルに避雷針があるため、こういう季節はちょっと怖い目にあいます。今日は特にすごかった。確かに天気は悪かったのですが、特に前触れもなく、空がにわかに赤く光ったと思ったら、一瞬遅れて強烈な音と衝撃がドドドドドドドドォォォォォォォォ・・・。
さすがに、頭抑えて伏せちゃいました。次に、ハッと思い出して、すばやく家中のパソコンとレコーダーをチェック。ふぅ、一台も壊れてませんでした。わたしの知人で落雷の影響でパソコンを壊した人もいるのであわてたのですが、今まで一度も壊れたことなし。今日ほど強烈なのは初めてにしても、落雷そのものはよくあるのに。避雷針が近所にあると、壊れやすいイメージもあるのですが、むしろ壊れにくい? 単に運がいいだけ? どなたか理屈をご存じないでしょうか。


さて、世の中には36800円のワンセグチューナーがあるそうです。もちろん非常に特殊なもので、空中の電波を受信するためだけのものではありません。インターネットを介し、東京のワンセグ放送を受信するためのもの、言わばキーとして使うものなのです。

オンタイムTV DMBO-1200J

発売そのものは大分前のようなのですが、いまだ高額なままです。それでも現在はキャンペーン価格ということで本来の39800円より少し安く買えるのですが、気軽に買える値段ではないでしょう。時間が経っているのに高価格が維持できるということは、それだけ需要があるということなのです。ポイントは東京の番組の受信が出来るということ。値段は高いのですが、東京の知人の家にサーバーを置いて繋ぎっぱなしにするよりは気軽に出来る感じです(製品Q&Aによると別のパソコンで受信した信号を送っているということですが、そも送信元はどこにあるのでしょう?)。わたしがこれに手を出さないのは、予約録画が出来るかどうか不明な点と、やはり暗号化されての録画しか出来ないためです。
わたしもやっていますが、地方の人間にとって東京圏や大阪圏といった大都市圏の番組を視られるというのは、やはり憧れです。そちらで生活している方には当然のことすぎて有り難味が分からないと思いますが、なまじっか情報量が多いだけに、その格差を思い知らされていますからなおさらです、それこそ商売になるくらいに。さすがにワンセグではいまさら残念画質と言うしかないですが、標準SD画質程度が再送信され、視聴と録画をパソコンから自由に行えるのなら、地方や海外からの需要は十分あります。そして、デジタル放送はそういう事業と非常に融合性が高い規格のはずだったのですが、より剥離させるために無駄な技術と労力を費やしているのはご存知の通り。一つには受信機ごとにB-CAS社を儲けさせなければならないなど、我も我もと各団体が楽に儲かる仕組みをぶち込みすぎたことと。第二にアナログ時代の思考から抜けられない古めかしい価値観勢力の存在があるでしょう。
本来デジタル放送は本当の新世代の価値観が必要なはずでした。ところが、視聴率主義や番組の販売権と言った従来どおりの思考そのままを貫くためにさまざまな可能性を潰すことに注力したため、現在のような姿になりました。言わば、最新の技術で古臭いことしか出来ない商品を作ったようなものです。テレビは強引なテコ入れでそこそこ売れてもレコーダーが売れないという現状を見ても、利用状況が古くなりつつあるのが分かる気がします。
デジタルならではの価値観を創設する代わりにパソコンに導入されたのは、事実上番組の有料ストリーミング配信のみ。ただ、わたしに言わせれば、全然楽しくもなんともありません。"配信元が選んだ"番組ではなく、自分で残す価値がるかどうかを判断した番組を残して手元に置きたいんですよ。ついでに言えば、番組を手元に残す、すなわち録画の醍醐味は視聴にはありません、録画することそのものにあります。番組表とにらめっこしながら以下に効率よく録画して番組を集めたり、そのために新しい機器をそろえて環境を充実させたりして、完璧に録画するための方法を四苦八苦する、それが最高に楽しいわけなんです。わたしがそのために見出したのがパソコンなんです。一時、わたしのパソコンのPCIバススロットには、1台につき最高6枚のキャプチャーボードが挿さっていました(よく動いたなぁ)。これは地上波以上に、外部入力しか録画方法のなかった衛星放送を、用途に応じて可逆圧縮/MPEG2/DivXで録画し分けるためでした。それが出来るのは、パソコンだけでした。そういう技術の進歩を肌で感じることが出来るのに、何よりも魅了されたのがわたしです。
パソコンでの動画処理なんて、初期はショボイものでした。映れば幸せ、編集やエンコードなんて夢物語。録画は外部のVHSで、そこから最低限の動画だけを取り込んで遊ぶ、その程度でした。比較的実用に耐えるものが出始めたのは、PentiumIIIのころだったでしょうか。HDDの容量もあがり、ようやくフレーム単位のカット編集と圧縮率の高い(あくまでそれまでのものと比べて、という意味でですが)コーデックに圧縮できるようになったことで、番組単位でパソコンで保存することが出来るようになりました。そこから少しずつ進化してきて現在に至るわけですが、極端なことを言えば、今のデジタル放送の縛りはそのPentiumIII以前のころに戻れ、と言っているのと同じことです。パソコンで出来るのは、映すことだけ、直接操作できない動画の録画なんて、外部入力で映しているだけとほとんど変わりません。そんな時代に誰が好んで戻りますか。
先日発足した"デジタルライフ推進協会"にしても、このままではデジタル放送ビジネス自体の消滅もあり得るという危機を感じたからでしょう。日経定義の"所謂合法チューナー"登場以来、ついに関係者の手から「アナログ放送時代のPC用TVキャプチャボードに比べ、デジタル放送用のキャプチャボードが何分の1かしか売れない。地デジ対応のPCも売れない」という言葉を聴くことが出来ました。テレビを販売する方は、選択肢を奪ってしまえばいずれ自分たちの市場に入ってこざるを得なくなるだろうとタカを括っていると思いますが、PCのデジタル放送を展開している業者から見れば、今は本気でビジネス消滅の危機であるだろうと思います。大体所謂合法チューナーなんて、売れる市場がないんです。アナログ時代では、パソコンで録画や視聴するのが楽だからパソコンを使う層と、パソコンを使うと快適にカット編集や保存が出来るから使っていた層に二極化されていたと思います。ところが、今は規制ラッシュで簡単に使うことが出来なくなり、前者はパソコン録画から離れ、後者の層は狙ったことの出来ない機器に見向きもせず、PT1/2などを使う道を選び、所謂合法チューナーの市場はほとんど誰も居なくなってしまいました。せっかく育ててきた市場、一度消滅したら二度と再生できません。他のメーカーはそんな市場を見捨てて去っていったのですが、やっぱりアイオーにせよ、メルコにせよ(デジオンはちょっと事情が違う気がしますが)、パソコンでテレビを扱うことが大好きな人たち、わたしら同様にPC動画処理に魅せられた人たちなんでしょう。最後の力を振り絞って市場の回復のために動いたのです。パソコンで視られるだけ、ではなく、もっとさまざまな環境で使えるようにしたい、ビジネスにしたい以上に便利な環境を構築して使ってもらいたい、という意志が感じられました。商売だけ考えているのなら、撤退した方がはるかに楽ですから。
もちろん、だからと言って所謂合法チューナーを買う気はありませんし、全く興味もありませんが、協会の心意気だけは買います。せめてARIBを初めとするデジタル放送周辺の勢力が、大きなビジネスチャンスを潰し、談合製不況を作り出していることに気がついてくれれば、まだ未来に希望が見えてくるのですが。

コメント (7)   この記事についてブログを書く
« PC機器メーカーの立場から訴... | トップ | Dpa。「不正競争防止法」でパ... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (arpus)
2010-02-04 00:36:59
> オンタイムTV DMBO-1200J
これって普通のワンセグチューナーを隠れ蓑にして専用ソフトでのみ受信可能な再送信サービスをやっているみたいですね。
つかワンセグチューナー全然関係ない。
自社サーバーを置いて再送信しているので民放連とかに敗訴しているパターンですね。w
グッドデザインってのも本当かなぁ?
Unknown (サテライト)
2010-02-04 04:15:02
http://ascii.jp/elem/000/000/073/73165/
元々再送信がOKな国向けに作ってて、そのままかちょっと手直しすれば日本のワンセグでも使えた、と言うことのようですね。各チューナーをp2pで結んで番組を共有してるみたいですが結局はK○○Hol○○Vやp○○rcastと同じなんじゃないかと(笑)
Unknown (emanon)
2010-02-04 05:44:10
 はふ~、疲れた 何に疲れたかは後にして
目の前のビルに避雷針だと大きいのが来るでしょうね、おへそはかくしましたかw では本題に
…、言われてみると目だって売れたのは地デジ開始前後と一部のPC用チューナーになるでしょうから、いいかげん市場に合う製品を作らないとLinuxとか使って自分たちでテレビやレコ作ってしまうかもしれませんねw

さて何人生に疲れたかというとw
ノートのCPUとメモリーを変えBIOS最新にしたらWindows XP Modeなどが起動不能になった上にMMXやSSEの演算能力が半分に!
これには驚いたな…
今やっと復帰してコメントしています、原因はBIOSでした動作電圧やTDPを交換前とあわせチップセットが対応していても
指定から外れたCPU使った罰ですね、性能的には最近出てきたCore i5ノートの方が当然上ですし価格は…

Core i5ノートの方も安い! なぜだ~なぜこんな値段で出せるんだ
acer Aspire 5740 (AS5740-15) 販売価格 ¥71,800
http://www.bestgate.net/note_acer_aspire5740as574015.html
結局、XP Modeくらいがとりえになってしまった
中古品買うのはやはり難しい…

今回はHP Compaq 6730b (NH398PA#ABJ)をベースに
CPUをこの製品から
http://processorfinder.intel.com/details.aspx?sSpec=SLB6J
これに
http://processorfinder.intel.com/details.aspx?sSpec=SLB43
メモリーこれ
http://shop.tsukumo.co.jp/goods/0405961262014/201020070000000/

Win7エクスペリエンスが,4.5 4.5 3.2 3.4 5.3
から6.3 5.5 4.1 3.4 5.4になりましたが、同じような組み合わせの製品なら お値段四分の一なのでまだしも
最近出てきたCore i5ノート価格性能にはとどきませんねw
今回少し疑問なのが、試しにSiSoftware Sandra Lite 2010cでベンチ回したらなぜか3Gで回ったりするのですよ規定より少し多いしT9600にはTurbo Modeが無いはずなのですよね

Core i5/3って何が違うの? 新CPUノートの素朴な疑問
http://ascii.jp/elem/000/000/492/492111/index-4.html
Intel Core 2 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Intel_Core_2
Unknown (krmmk3)
2010-02-04 22:08:07
>arpusさん
一応普通のワンセグチューナーとしても使えるんですけど、そう使う人いないでしょうね。自社サーバーは置いてないとは書いてありますけど、どうなんでしょうね。

>サテライトさん
製品の説明を見ても、送信の仕方だけピンとこないのではっきりとしたことは言えませんけど、疑いはかかりますね。あまり大きく取り上げない方がよかったかな?

>emanonさん
ヘソの前に耳ふさいじゃいました。伏せて小さくはなっていましたので、大丈夫かと。
BIOS書き換えたくらいで、と思いましたが、CPU差し替えですか。そりゃ多少問題があっても仕方がないですけど、なんとかうまくまとまったようで、良かったです。
最近高性能ノートもムチャクチャ安くなりましたね。あのくらいの性能と値段で、ネットブック並みの大きさのPCが欲しい(笑)。
記事をいつも楽しみにしています (Ablet96)
2010-02-05 15:46:44
相変わらず良い記事です、いつも楽しみに読ませていただいております。ありがとうございます。

言いたいことを全部書いてくださっているようで心が晴れ晴れします。自分(Ablet96)がPCを始めたのは、krmmk3さん(?、ブログ主さんのこと)とは正反対の方向で、録画ではなく遠隔地にある放送局(外国)のラジオやテレビ(低解像度でもOK)のライブ中継やオンデマンド放送を受信するためでした。ニュースや地元の事情をうかがい知れるドキュメンタリーやフィクションを遠い地でも視聴できるツールとしてネット+PCに出会いました。したがって著作権性が少なく公共性の高いコンテンツを見れればよく、録画できなくてもよくて、そもそも録画どころか視聴にすら耐えない日本地上波の多くの番組などどうでもよい問題でした。とりあえず日本の放送に関してはケーブルテレビを申し込み、専門チャンネルを見るようになったのですが、なるべくならネット上の放送とこの専門チャンネルを同じPC画面で作業しながら見ることができたらよい(せっかくだから高画質が良い)と思って、キャプチャー機器を探してみたら選択肢があまりにも少なくなってしまっている現状に驚愕しています。録画するにしても、印象的な場面のみPCに録画できればよく(そもそも自分は放送の録画に関しては10分を超えることがない)、配布する気などはさらさらないのに、一体どうしてこうなってしまったのかと探していて、このブログに出会いました(もう2、3年になります)。ギガビットレベルで光ケーブルによりCATVを配信している現状であるなら、ネット上で低画質でもよいからライブやニュースを配信してもよいのにと10年以上も前から思っていましたが(某外国は90年代末からそうしている)、最近になって有料のNHKデマンド(受信料使って収益事業?)とは恐れ入りました。某外国の視点に立つと、free to air放送のコピーガード云々は奇妙に見えたりします。(広告料や受信料、補助金をとって今までタダで電波を流しながら、今頃になってコピープロテクトをかけるとは筋が通らないような気がして・・・。どういう事情があるのかよくわかりませんが。)

ところで最近よく売られている雷サージ付のテーブルタップって役に立つのでしょうか?雷音が聞こえたらすぐにPCを切ってしまう癖がついてしまってます・・・。
Unknown (emanon)
2010-02-05 22:49:18
 物によるのでしょうが電圧を安定させる効果は有るはずだと信じたいですね
そう言えば最近大量にリコール出した製品有りましたよね、@これだ

NE-222およびNE-888の交換のお願い
http://www.noatek.co.jp/products/kguard/img/replace.pdf

対象製品を使っている方は早めに交換したほうがいいみたいです
そういえば、オーディオ用やPCの無停電電源(UPS)も同様の機能があるのでしたよね
省電力なPCや機器なら安UPSでも録画し続けてくれるのかな?

追伸:BIOSで性能低下していたのはCPUだけではありませんでした
インテルからの同じ最新グラフィックドライバ使用で
なんと19%もの違いが…、表示の間違いかと思いSiSoftware Sandra Lite 2010cでベンチ取ってランキングにかけWin7エクスペリエンスが誤表示でないことに驚きました
現在のWin7エクスペリエンスは6.3 5.5 4.1 4.2 5.3 とゲーム用グラフィックスが大きく伸びています

もしかして友達に組んだPCも同系統だけど同じくらい伸びるのだろうか?
CPUのOCに比例してVGAのシェアしているメモリーも上がりスコア上がった所に又あがったら喜ぶだろうな…
Unknown (krmmk3)
2010-02-06 00:55:17
>Ablet96さん
誰よりも言いたい放題で書いているだけなので、感性にマッチしていただければ幸いです。
海外の放送ですか。わたしはあまり興味が無いのですが、そういう需要もありますね。スポーツ系などですと、向こうの言葉が分からなくてもついていけますし。
あのオンデマンドは、ちょっと酷いです。「過去10年の全ての番組が見られる」とかなら価値もあるのですが、結局向こうが厳選したものだけですからね。あれでは意味が無いのですよ、わたしには。
雷に関してはなるべく早くPCの電源を切り、コンセントを抜くようにわたしもしているのですが、その時間に猶予を持たせる程度の効果はあるかと思います。

>emanonさん
テレビもそうですけど、自動車とか最近リコールが多いですね、一体どうなっているのかさっぱり分からなくなってきました。パナソニックがリコール対策をうまく逆利用して宣伝にしていましたから、我も我もと他メーカーもマネしだしたのでしょうか。
ドライバの更新はもともとパフォーマンスの向上を狙ってのことですから、伸びればご友人も喜ぶでしょうね。BIOS、意外とトラブルの元だと認識しているので、最近あまり無闇にアップしなくなりました。

コメントを投稿

B-CAS&規制撤廃運動」カテゴリの最新記事