録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

wowow様、そろそろハッキリさせませんか?

2011-11-16 21:44:48 | WOWOW&新BS
最近、BS放送に表示されるロゴの話がめまぐるしく動いています。10月1日の、WOWOWのだまし討ちロゴ入れに始まり、その後10月中に少なくとも2回、外回りのセロファンのごとき色四角の廃止、文字のフォントの高解像度化といった変更が行われています。「WOWOWだけは常時ロゴ表示は許せない」という声がいくら上がろうともその声は無視され続けています。その結果、徐々に諦めてしまう人、WOWOWに見切りをつける人が増えてきたように思います。
そして、この11月9日にはなぜかNHKのBSプレミアムに"3"に番号が追加されて巨大化される事態が起こりました。ただ、WOWOW問題の動いている最中ということもあって、視聴者は敏感に反応、苦情がおそらくは殺到したことにより、わずか2日、11日にはロゴの余計な装飾をはずし、ロゴ全体を小さめにしつつ"3"は残した新しいロゴに変更になりました。その報告は、さらに4日後の15日になってようやく公式サイトにてなされています。これも苦情が多くあったことの証拠と言えそうです。

そして今日、11月16日にまたしてもWOWOWが動き、ロゴの透過性と位置を変更するという発表がありました。またしてもメンテナンスのあとです。

チャンネルロゴ表示変更についてのお知らせ(11/16)

また前回の通知が消されています。なぜかWOWOWはロゴの件に関してだけは、追記ではなく上書き方式を採用していますね。そしておのロゴですが、以下のようになりました。

11月15日まで


11月16日から


今回も右上1919,0の位置から351x150のサイズにk里出してみました。数段暗くなって透過性が出、右上に移動していることがわかるかと思います。ちなみに、この新位置だとわたし愛用のHDブラウン管テレビでは、WOWOWの文字が半分消えて判別できなくなりました。下の「シネマ」のみ読むことができます。つまり、今までの位置はブラウン管テレビでもはっきり識別できることを考慮して決まった場所である、と考えられます。それをやめたということは、そもそもHDブラウン管を使っている人が少ないということと、シネスコやスタンダードサイズの映画を放送するときに少しでも画面にかかる部分を減らす、あるいは無くするための配慮と思われます。それでも、プラズマや液晶テレビでははっきりくっきり視認できることに変わりは無いんですけどね。

ちなみに、先日のBSプレミアムロゴと比べてみますと





ハッキリ分かりますね。右上の位置と色がほとんど同じです。つまり、明らかにWOWOWはBSプレミアムを基準に位置と透過度を変更したのです。「業界リーダーのNHKの水準に合わせておけば、怒られないだろう」と言う事です。
もちろん、WOWOWのロゴ問題に怒りと絶望を感じた身としては、WOWOWのロゴはどうあろうと常時存在するだけで視聴の妨げとなるものです。これで解決とは思いません。
ですから、WOWOW様。そろそろ「こうしなければならない」ロゴの基準をハッキリさせませんか? 今回の変更で、視認性に関しての基準がかなり曖昧であることは分かりました。他はどうなのでしょうか?

・ロゴは番組放送中、常時表示していること
・はっきりと見えること
・マルチチャンネルのどのチャンネルを見ているのか分かること
・一番目立つ右上に表示すること
・苦情に関しては平謝りと「どのチャンネルを見ているか分かりやすく」「著作権保護の観点から」以外口にしないこと

こんな感じですか? 基準を明確にしてくれれば、人によっては文句を言えなくなりますよ。少なくともWOWOWが映画を愛していないわけではないことは、まだ感じられるのですから。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« PLEXSHOPの隠しページに新製... | トップ | 放送業界は儲かりだしたのか... »

コメントを投稿

WOWOW&新BS」カテゴリの最新記事