録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

こういう五輪中止の可能性

2021-07-31 21:48:45 | Weblog
連日新型コロナウィルスの新規感染者の数が増えていき、一時はゼロだったわが地区もすっかり最悪水準に戻ってしまいました。過去の最悪水準を更新してないだけマシと言えますが・・・。夏だし連休あったし、人の移動が多くなるので増えるのは当たり前とも言えますが、だからこそ本来手を打たなければならなかったのに、行政はオリンピック実施を最優先してむしろ人の動きを大きくする方向に持っていってしまいました。そのうえで緊急事態宣言拡大なんですからもう行き当たりばったり。正直「またかよ」と思うだけで、多くの人も店も以前ほど自粛自粛な我慢要請には従わないでしょうね。収入も楽しみもなければ人は生きられませんし。
正直わたしはかなり直前までまた延期すると思ってました。何をやってもバタバタ、準備不足の感はありましたしまともにできないんじゃないかと。それに今大会はおそらく初めて「決まってから日程が変更された大会」でしょ? どうせ一度延期したのだからまた延期、10月まで延期すれば良かったんですよ。わたしも責任者から直接話を聞いたわけではないので断言はできないのですが、7月8月にオリンピックをやるのはアメリカでのテレビ放送のためだと聞いています。9月10月になると人気のプロスポーツの優勝決定シリーズが続くなどそっちで盛り上がるため、その前のテレビが空いているうちにオリンピックをやってしまわないと視聴率が取れない、視聴率が取れなければオリンピック委員会は放送契約を高額にできない・・・という都合が優先だと。これまた噂話ですが、暑い7月8月を避けて9月10月の開催を前提として立候補した都市はそれだけで落選するとかなんとか。ですが、日本は特にひどいですが北半球の大半で7月8月は一番暑い季節。この時期は誰だってピークにもっていきたくないですよ。少し涼しくなった10月とかの方がやりやすいに決まってます。マラソン大好きの日本ではマラソンはほとんど冬にやってますし、選手も関係者も十分承知。7月8月にやらせたいのは放送契約を高額にしたい委員会だけなので、今回はどさくさに紛れて10月まで延ばせる絶好のチャンスでした。開催は決まってますがから今更開催地を変えられませんし、すでに一年延期しているのですから7月8月にやらないことを契約違反とするのは説得力が弱いですしね。10月にやって「7月8月開催は不条理。昔のように10月開催の方がはるかに良いパフォーマンスが出せるのが分かった。昔に戻すべき」と選手や関係者が声を上げれば今後も時期をずらせたかもしれません。それならキッカケを与えてくれた東京五輪はいい大会だった、と思われることもできたでしょうが、すべては後の祭り。ひょっとしたら10月開催だと衆議院の任期と同時期になってしまうので解散ができず、オリンピック開催を与党の点数稼ぎに使えないから7月8月開催が最善と考えたのかも。
個人的に恐れていることがあります。それは、五輪の強硬開催に対する非難の声や緊急事態宣言を受け、オリンピックは最後までやる代わりにパラリンピックを中止することです。パラリンピックはオリンピックほど注目度は高くなく、放送も少なく視聴率もそれほど高くはならないでしょう。だから「皆様の声を反映し、新型ウィルスの拡大を防ぐため、五輪を中止することにしました」とパラリンピックだけ中止して五輪委員会や外国にいい顔をし、国内では決断力をアピールして点数を稼ぐ・・・。選挙が近いにもかかわらず支持率が落ちている今の政権はそれくらいやりかねないな、とふと思ってしまいます。反対派も懸念派も反対しづらいですし、絶対ない、と断言する材料がありません。わたしは平等主義なのでオリンピックをやるなら当然パラリンピックをやるべきだ、と考えますのでこの予想、ただの妄想に終わることを祈っています。何かやるのならそれこそ10月まで延期、にしていただきたいものです。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 10日ほどモバイル通信だけで... | トップ | トカゲバトル最後の刺客 「バ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事