録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

虎徹MarkIIはAM5マザーで使えませんでした、と間違ったことをわめいてしまいました

2022-11-05 15:19:22 | AMDブログ
・実は「当分買わない」宣言をしていたRyzenとAM5マザー、買ってしまいました(笑)。コメント欄で教えていただいたのですが、PCパーツショップのアークで通販でもCPU+マザーのセットが大幅な値引きがなされているということで、ついポチっと。CPUはRyzen 7 7700xでマザーはもちろんMSIのPRO B650P WIFIです。現状AM5のATXマザーはこれ一択でしょう。この組み合わせで12000円も引かれるのですから、価格の問題はかなり緩和されたことになります。まさかまだ出たばかりの新アーキテクチャでこんな大きな値引きが行われるとは思っていませんでしたので、チェックが甘かったのでした。ショップ単体で仕掛けたとは思えませんので、多分日本AMD側のキャンペーンでしょう。AMD本社は下位Ryzenの不振にあまり打つ手なしな感じですが、日本AMDは手をこまねいているわけにはいかないと、購入者の物欲を削ぐ最大の原因である「高すぎる」をなんとかすべく手を打ったのでしょうね。その分利益が確保できなくなるわけですが、まずはそれなりの評価を世間で得ることが先ということでしょうか。
なお、購入はしたのですが、まだ組み立ては終わっておらず、使っていません。必要な部品がなかなかそろわなくて・・・。まずは今や必需品となってしまったマザー供給用追加電源のための変換コネクタ。今のCPUは必要電力が上がりすぎて、それを供給するために従来の24ピン+8ピンでは足りなくなり(厳密にはそこまでしなければならないのは12コア以上の上位モデルだけなのですが)、Zen3あたりから4ピンをもう一つ追加しなければならなくなったマザーが存在していたのですが、AM5ではさらに追加して24ピン+8ピン+8ピンという挿し方を要求するマザーばかりになっているので、通常電源から8ピンに変換できるコネクタが必須となっているのですが、これがまたあまり売ってない。通販サイトをざっと眺めても、一見それっぽくてもPCI-Eのグラボ要コネクタばかり。もちろんないわけではないので注文はできたんですが、到着に時間がかかるものしかありませんでした。それでもわたしの休日を待ってショップに探しに行くよりは早いんですが。
その間にじゃぁすぐにテスト出来る環境にするために仮組だけしておこうか、と開封してマザーにCPUを装着して・・・とそこまでは良かったんですが、問題はCPUクーラー。今回のRyzenにはリテールクーラーがないので、以前リテールと交換しようと思って買ったのに結局やらずに放置しておいた虎徹MarkIIがあったので、これを使おうと思っていたんです。AM5はAM4のCPUクーラーがなるべく使えるよう配慮してある、ということだったので定番品の一つ虎徹MarkIIなら大丈夫じゃないかな?とタカをくくっていまして。で、取り付けようとしたところ、金具が思いっきり干渉してしまいましたorz。しかも干渉したのが今回LGA化したためにだいぶ太くなって、さらに捻りが入ったCPUカバー固定用のレバー。この捻り部分が虎徹の取付金具とぶつかるのです。
こりゃダメだ、と思いました。実際この記事もそういう嘆きをぶつける意味で一度は「使えない」と結論づけて公開してしまいました。本当にすみません。
で、記事を公開した直後、頼んでおいたAM5対応クーラーが届いたのでこっちを取り付けようと説明書を開封してみたら、金具を付ける前にマザーのねじとの間に足を挟む、とあるんです・・・。そういえば虎徹の方も・・・説明書に足を付ける、とある(泣)。足を付けたらちゃんとつくじゃないですか。ああ、わたしはバカでした。虎徹はAM5と干渉しません。間違った記事を書いたことを心からお詫びします。普段リテールばかり使っていて別売りに慣れていないクセにマニュアルなんか読まなくても出来る、と己を過信したのが全ての原因でした。改めて取り寄せたクーラー、ちょっと高かったんですが、反省の意味も込めて今回のPCではがっつりと虎徹MarkIIを使わせていただきます!
本当にすみませんでした。

追記:無事最低限の仮組で起動しました。まだ腕が少し痛いので、明日以降PCケースに移したいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小ネタ集 マイナカードで思うこととまた怪獣ネタ

2022-11-05 15:17:04 | 特撮・モンスター映画
CPUクーラーの話と一緒に書いたんですが、一時間違った内容で書いてしまったアチラを目出せる意味で独立させ、残りだけで小ネタ集にしました。

・先日、4回目のコロナウィルスワクチン接種に行ってきました。また最近感染者が増えてきましたしね。結局人が行動しなければ減り、行動すれば増えるってことなんでしょうけど。まぁ「ワクチンは怪しい、絶対打たない」っていう人以外はとりあえず打っておいた方が無難でしょうし。
打ったことと副反応は別に言うことないですね。すぐ打てましたし、相変わらず腕は痛くて、特に当日夜と翌日の夕方までは腕が上がらなくなって仕事にならずに休んでしまったというのはありましたがそれ以外は少々疲れやすい程度で大したことなし。今もまだ注射を打った近辺をさわると痛くてその腕だけすぐ疲れる程度のものはありますが、日常にも仕事にもほとんど影響なしなので普通に過ごせます。前回はなんでちょっと副反応出たんだろ。そういえば前回だけ右腕に打って、今回を含む大したことない時はいつも左腕だったっけ。医学的に見て差があるとは、素人目には思えませんが、一応次があるときは左腕に打ってもらうことにしよう。
で、打った当日に話戻しまして。
わたしが打った場所は医者ではなく市役所の集団接種場。一応毎回同じところで接種した方が無難だと思いましたので。接種会場は少し外れの分館でやるのですが近道させてもらおうと本館を抜けるため入館。すると多くの椅子を置いて何人もの役人らしき人たちが傍に立っている特別コーナーみたいなものが。ひょっとして接種の受付はここ?とちょっと目を向けると接種とは全く関係のない「マイナカード受付」の看板がかかってました。ひょっとして接種に来る人たちに寄ってってもらってマイナカードの申請をしてもらうために目立つようにしてるんでしょうか。今のところ一般市民はコーナーには一人もいなくて立っている役人さん暇そうにしてましたが。
正直マイナカードって要らないと思うんですよ。もうマイナンバーは勝手に発行されてるんですから、それを個人ごとに管理しておけばいいじゃないですか。「大事なものですから人に見せてはいけません」なものをカードにして、やろうと思えばだれでも見られる状態にするべきじゃないと思ってます。わたしのマイナンバーの通知書は土地の権利書と一緒にウチの地下の隠し金庫に厳重に保管してありますよ。
なのに保険証や運転免許証と統合して全部マイナカードにしようとしていますが、本気でやめてほしい。マイナカードの番号の漏洩に関してはあまりに厳しすぎて、おいそれと扱えないものになっているんです。省庁の作ったマイナカード案内のサイトには「レンタル店などで個人の証明書として使えます」なんて書いてありますが、逆を言えば今やビジネスとしての場を失いつつあるCDやビデオのレンタル店くらいでしか証明書として使えない、ということです。わたしらみたいな中古品取り扱い業では時に盗品の換金という犯罪者に利用されることがありますので、個人をしっかり特定できる番号の控えは必須なんです。ですがマイナカードは基本番号を見せないように封をしておくことが推奨され、ヘタにはがして番号を見て控えるとそれ自体が犯罪行為として罰則の対象になりかねない、とされ、わたしらの業種の地元組合では「マイナカードを証明書として受け付けるのは当面やめておこう」ということになっています。ところが、運転免許証と健康保険証が統合されると、ほとんどの人がマイナカード以外の証明書を持たないことになり、まず間違いなく証明書としてマイナカードを出してくることになります。今のままだと犯罪の取り締まり・捜査協力のためにわたしらが犯罪者となる危険性を負うことになってしまいます。あれですか? 個人の開業医の経営を圧迫するとまで言われているカード読み取り機をわたしらも導入しろ、ということですか? それが出来ないような弱小経営は全部破綻して倒産しろってことなんでしょうか(PSE法のことから感じていますが、それは行政の本音の一つだろうなぁとつくづく思います)。どうしてもやるというのならマイナカードに健康保険証や運転免許証の番号だけでも閲覧可能な形で記載してほしいと思います。本当、無理やり機能を多くしたマイナンバーは迷惑な存在。住民基本台帳カードは他に役に立たないので個人証明書として本当に便利だったのに。わたしもよく運転免許証を持っていない人に「個人証明書としてはある意味一番便利だから作っておいた方がいいよ」と進めるくらいでした。
と、思いながらマイナカード受付コーナーを通り過ぎました。そういえば地元のマイナカードの普及率は全国平均と比べてかなり低い、と聞いております。上から責められて現場はちょっと焦ってるんだろうなぁ。

・11月3日はゴジラの日、ということでここ数年はゴジラフェスが行われています。当然行くことは無理ですが、Youtubeの配信を後日余計なところはすっ飛ばす見方でとりあえず見ています。個人的目玉は毎年作られる新作短編ゴジラ映画。過去の2作は「最新CG映画とかとまともな比較をされたくないからあえてチープに作った」とでも言わんばかりの出来で、世間の好評ほど良いと思わなかったのですが、今年の「ガイガン来襲」はその不満を吹き飛ばす出来! ミニチュアワークや電光の使い方が90~2000年代の特撮映画に遜色ない、本当に真面目に作ったという出来栄えで満足。あまりに旧作ゴジラそのままのカメラワークや殺陣が気になると言えば気になりましたが、ファンサービスとノウハウの少なさも影響しているんでしょうね。同時にフルCGの「ゴジラVSガイガンレクス」も公開されており、こちらもストーリーの背景まで見れば(多分「VSデストロイア」のラストシーンに登場したゴジラと同一の存在)甲乙つけがたいものとなっており、いろいろ満足。
配信の中で、はっきりと「山崎貴監督の「超大作怪獣映画」は新作ゴジラ」と語られました。なんかいろいろ妄想していただけにちょっと弱いなぁとは思いましたが、確実なのは山崎貴監督である以上フルCGゴジラは避けられないんだろうなぁという点で、そこは残念。なおタイトルは後日発表、公開されたのは「G」の文字のように見えるロゴと2023年11月3日の日付のみ。前者の意味はちょっと分かりませんが、ゴジラをはっきり謡っていないので、まだ妄想した「ゴジラが完全には登場しないが直結するそれ以前の別の怪獣が登場する映画」の可能性はゼロじゃないなぁとおもっております。後者の日付は今のところの公開予定日でしょうね。

・わたしも「ゴジラをつくる」を購読していた分冊型雑誌の大手、ディアゴスティーニからまたしても怪獣ものの新雑誌が創刊だそうです。現在は一部地域でのみの先行販売のようで全国受付はまだなのですが、楽しみです。
内容は「東宝怪獣コレクション」東宝の特撮怪獣映画(アニメは対象外らしい)に登場した各怪獣のフィギュアコレクションとのことで作る要素は少な目のようです。特徴はなんと言っても全怪獣のスケールが1/700で統一されていること。つまり50mの怪獣は100mの怪獣と比べるとかなり小さく作られ、ならべるとその違いがよく分かって怪獣ファンの妄想がより膨らませやすくなる、ということですね。まぁどう見ても設定スケールほど身長違わないだろ、な怪獣が同一画面に登場することはよくあるので映画の再現には不向きな決定もあるのですが。
全国展開された際に気になる怪獣が二頭。一つは「Always 続・三丁目の夕日」の冒頭に登場したゴジラモドキ。「続」は怪獣映画ではないとは言え、れっきとした特撮映画ではあります。登場した怪獣は特撮ではなくフルCGですが「シン・ゴジラ」もコレクション収録が宣言されているので、CGでしか描かれていないことを理由に対象外とすることはないと思います。なにより山崎監督作品ということで新作の宣伝も兼ねればいいタイミングで出てきてもおかしくないかと。身長に明確な設定がなく、推定するにも東京タワーに打ち込まれた熱線の角度から推測するくらいしか方法がないので割り出すのが難しい存在となっています。必然的にコレクションに入った場合、それが東宝の公式設定となるのでかなり扱いは慎重になるでしょう。どう出てくるか楽しみです。もちろん映画のジャンルが違い過ぎて収録対象にならないことも考えられますが、個人的には半々くらいの可能性と思います。
それよりもっとワクワクするのがもう一頭の「大怪獣バラン」のバラン。こいつは初期怪獣映画のうえ、もともとアメリカから依頼されたテレビ映画として撮られた(結局採用されず、劇場公開のみ)という経緯もあって設定が詰められずに作られたこともあって設定が曖昧なままになっています。身長はミニチュアから割り出すしかなく、随所に「ゴジラ」第一作の流用シーンがあるのでゴジラと同程度の体格、立ち上がった際には50m程度とするのが正しいのでしょうが、バランが登場したもう一作の怪獣映画「怪獣総進撃」の問題があります。これに登場したバランは急遽追加されたのか劇中登場怪獣で唯一名前が呼ばれず、出番も飛び人形と小さなミニチュアが背景に置かれた程度の扱いで、全員集合のイメージ写真の撮影にはその小さなミニチュアが使われたため、体長はわずか10~15mとされているのです。そのために「バランの幼体」などと苦しい説明をしている書籍もあるくらいです。果たしてバランの身長はいくつと定義されるのか・・・。前述のゴジラモドキと違って明確な怪獣映画で単独主役を張ったバランは絶対に収録される存在です。どういう扱いになるのか楽しみで仕方ありません。怪獣総進撃版はひょっとしたら出てこないかも知れませんが、バランはできれば四つん這いになっているやつと飛翔のために被膜を広げたやつ(「アメリカからの依頼」を意識してスーパーマンをイメージしてああなったのかと思ってます)の2体欲しいんですが。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする