録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

第12世代Core、動画エンコードははたして

2021-11-26 15:40:48 | Weblog
海外系の通販サイトだとこの時期は「ブラックフライデー」と称して特売が行われるので、せっかくだし見てみようか・・・。と思ったけど思ったほど安くない? と怪しんだら考えてみたら円安でした。うーん、輸入だと届くのに最大一か月くらいかかるからギリギリ年内に到着するのでちょうどいいんですよねぇ。Amazonでもブラックフライデーセールはやってますが、欲しいものとバーゲンされているものがなかなか一致してくれません。この間買ったHDDとかむしろ1円高くなっていたし。
ただ、PCエンジンミニ、妙に安くなってますねぇ。発売されたのは昨年の初め頃なんですでに一年半以上前のゲーム機ですが、わたし、買った直後ほどではないにしろいまだに遊んでいるほどボリュームのあるゲームが豊富です。どうせレトロゲームばかりなので一年や二年じゃこれ以上古くなりようがないですし。このお値段なら「スナッチャー」や「天外魔境2」とかが遊べるだけでもお得だと思います。
 

と前置きは終わりにして。

Intelの第12世代Coreが発売されてしばらくがたち、各評価サイトやインフルエンサーからベンチマークでRyzenとの比較絶賛される記事が大量に書かれており、わたしも使ってみたいので早くTDPを抑えたK無CPUを出してほしいのですが、いつになることやら・・・。そういや第11世代も9/7/5しか発売されず、おそらく3やPentiumの第11世代が出ることはこのままなさそう・・・というくらい下位の切り捨てが進んでいますから、12世代はこのままベンチマークスコアの良いK有CPUのみでいくんじゃ・・・なんて気もしてます。誰しもが巨大なケースに入れてオーバークロックしてゲームがしたいわけじゃないんでけどねぇ。まぁ下位の切り捨てはAMDも似たようなものですし、世界的な半導体不足の影響や旧世代の在庫処分の方が先ということもあるでしょうからとりあえず新世代はフラグシップのみ、どうしても低発熱なCPUが使いたければモバイル用CPUを使った小型機やベアボーンで使え、っていうのがCPUメーカーの意志なのかも知れません。
さらにわたしのCPU性能に対する興味は当然のように動画エンコードに偏っており、他は二の次です。そもそもベンチマークや商業サイトの計測の仕方が実際の動画エンコードの性能と必ずしも一致していなくて知りたいことが知らされないことがある、ということは過去の実績が証明していますから現状ほとんどの情報が役に立たず、やきもきしていたところ、あのAsciiが珍しくも少し参考になる記事を書いていたので取り上げてみましょう。


他のベンチマークの結果などから比べると動画エンコードはイマイチ・・・という記事になっています。ただ、最初に性能イマイチなことを書いておいて、記事後半は定番ベンチマークやゲームのフレームレートで評価を上げさせる、「最初によくなかった点を書いておき、真ん中でデーンと、後半は何をやっても優れているかに見える構成で読者にすごい、といういい印象を与えて終わらせるようにしてある」あたり、さすがAscii、Intelへの高い配慮は忘れていないなぁと感心させられます。が、わたしはそんな後半などどうでもいいので動画エンコードの部分だけに注目しましょう。特に見ておきたいのは最近わたしもベンチマークとして使っているHandbrake。以前も「Eコアしか使われなかった」らしいということは書いていましたが、それによる結果を見せつけられるとこれが予想以上に遅かったですね。動画のフォーマットが必ずしも我々の必要としているものとは違うのでこれだけで結論はつけられませんが、i7比でEコアのみだと第11世代Coreの3~4倍もエンコードに時間がかかっています。噂によるとEコアはATOM系のCPUの延長だそうですからもともとパフォーマンスには期待できませんし、かつHTもなしでコア数も少なく、遅いのは当然です。だからと言って無理やりPコアだけでエンコードをするともちろん比べ物にならないほど速くなるものの、物理コアの数が少なくて同クラスのRyzenに劣る・・・となっていました。もっとも、このテストはいまさらWindows10で行われているという不完全なものになっています。第11世代Coreでは同じWindows10でも11世代発売直後とそのあとの大型バージョンアップの後では大きく違うパフォーマンスを見せていました。もちろんWindows11でも異なります(11で速くなったわけではないです)。おそらく11でも最適化がなされておらず、十分なパフォーマンスが出なかったのであえて10にすることで「未完成な状態での検証なのでこうなった」ということにしたかったのでしょう。ただ、OSが最適化したくらいで動画エンコードを高速化できるでしょうか? 正直Eコアの弱さは予想以上であり、OSではなくソフト、特にエンコードエンジン自体がよほど第12世代Coreに最適化されない限り、Eコアに任せる処理を増やせば増やすほど足を引っ張る結果になりそうな気がするのですが・・・。正直そこが一番恐れていた部分なのですが、それは現実のものだったかも知れません。
だからこそ試すのが楽しみなのがわたしの悪い性癖なんですが。幸いあくまで「少しは参考になる」程度にとどまってますし、わたしが調べる余地は十分残っています。なんとか来年春くらいまでにはラインナップを下位に広げてほしいなぁと切に願います。
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする