録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

Windows11の面倒くさい点

2021-11-16 12:39:31 | Weblog
なんとなく気が向いてSSDとHDDを買いました。SSDはもちろんM.2.のNVMeで、これで手元のデスクトップPC全部起動ディスクをSATAからM.2.に変更終了。今回最大の目的はM.2.に変更することそのもので、別に体感速度が大して速くなるわけではない(何度も言いますがベンチマークを計ればは確実にSATAよりNVMeの方が速いのですが、体感は別)のですが、まぁSSDはたまに変えないと後が怖いのでこういう気が向いたときに変更するのがよろしかろうと。
唯一怖かったのがOS移行ソフトが使えなくなっていること。WEBでもYoutubeの動画でもSSDにOS環境を移すやり方の紹介が「いくらでもある」ほどですが、今はその大半が通用しなくなっています。ほぼ同時期になぜか各社一斉に無料版からクローンコピー機能を削除したからです。もちろんお金を払って有料版を買えば話は別ですが、やりたいのは移行だけなので無料で済ませたい、って人には受け入れがたい話。で、前はAOMEI Backupper Standerdを使い、よく紹介されているようなクローンコピーを行うのではなくさらに別のHDDを用意し
1.システムのバックアップファイルをHDDへ作成
2.新しいSSDにそのバックアップを解凍
という二段階方式なら無料で移行ができることを書きました。そしてそのやり方は今回もまだ通用することを確認できました。すなわち無事に環境まるごとの移行は無料で行うことができたのです。このやり方はメーカーも紹介している方法なので無料版で利用しても全く問題ありません。そういえば前に同じ方法を試したときはWindows10でしたが今回はWindows11。OSが変わっても問題なくできましたね。ただ、クローンコピー機能の削除の経緯を考慮するといつ二段階コピー機能が使えなくなっても不思議ではありません。一部のSSDメーカーは自社製品を使用する場合限定でクローンコピーのできるソフトを提供しているところもありますので、将来はそこを基準に購入することになるかも知れません。

まぁそっちはいいのです。問題は新しいHDDを導入したPCの方です。これは先のものとは別のPCですが、OSはWindows11です。
主に録画ファイルの保存用に使っていたHDDがパンパンになってしまったのでより大容量のものと交換することにしました。それがまずかった。何も考えず旧HDDを外して新HDDを同じ場所同じコネクタに装着し、あとでUSBのHDDアダプタ経由でファイルをコピーすればいいや、くらいに思ってしまったのです。結果、Windows11がズタズタになりました。わたしとしてはファイルの保存場所にしか使っていないつもりだったのですが、OS側が勝手に重要なファイルを隠しファイルで保存していたようだったのです。これはWindows11だけでなくWindows10でもある現象ですが、すっかり忘れていました。OSが重要ファイルを発見できなくなって起動に失敗し自動修復が行われたものの、サイインインが出来ない、タスクバーにスタートボタンが表示されないなど不具合連発。あわてて旧HDDを元に戻したものの時すでに遅し。すぐ思いつく程度のやり方では何をやっても復元が出来ず・・・。面倒くさくなってきたのでまぁいいか、とOSを一から入れなおすことにしました。どうせわたしの使うソフトなどたかが知れてます。こうしたトラブルの損失を最小限に抑えるため、有料ソフトは分散して使っていますし無料で入手できる重要ソフトはHDDの方に入れて管理かつ全PCに最低二つずつ保存してありますから環境の再構築などいつでもできます。数時間かかるにはかかりますがPC一台くらいいいや、とWindows11を一から入れることにしました。11に移行してから一か月くらいしかたってないのに早くもインストールしなおしか、我ながら使い方が荒いなぁとちょっと反省しましたが、結果Windows11を一から使う経験を得られたのはよかったかな、と。

スタートボタンの位置はアイコンの配置などは10→11のアップグレードの際に経験済みなので問題なし。ちゃくちゃくとドライバやランタイム(これも後に入手困難になることを恐れ、別途ファイルを保存しておくことにしました)をインストールし、環境をそろえます。しかし、この時一つだけ環境構築を妨げる壁が眼前に立ちはだかりました。ブラウザです。
わたしはVivaldiというブラウザを愛用しています。当然新たなスタートを切ったこのPCでもVivaldiを継続利用する気なのでダウンロード。その時だけはMicrosoftのEdgeを立ち上げるんですが、URLバーにvivaldiと入れて検索すると、一番上に”Microsoftの最新ブラウザをどうぞ"とPRが入るのがどうにもこうにも。Windows10の一時から別のブラウザを使おうとするたび「Edgeを使え、Edgeを試せ」と警告が入るようになりました。確かにMSのブラウザと言えば以前のInternetExplorerのイメージが根強く、その独善性のせいで印象が悪いのですがEdgeに関していえばその点は大幅に改良~というか完全な別物に変更~されていて独自性が少なく、だいぶ素直なブラウザになっているみたいで使って悪いということはないのでしょうが、すでに他のPCやAndroidで別のブラウザで同期させている環境を持っている人はなるべくなら移行したくない、というのは当然でしょう。なのでMSのPRや警告を無視してVivaldiをダウンロード・インストールします。Vivaldiからは「Vivaldiを既定のブラウザに設定しろ」との警告が入るので設定の"アプリ"欄から既定のアプリを立ち上げると・・・。なんかWindows10と全く雰囲気が違う並び方です。Windows10なら音楽プレイヤーはコレだ、ブラウザはこれだ、と既定になっているソフトの一覧表が出ますが、11ではインストールされているソフトそのものの一覧が表示されており、どれが今既定になっているのかわかりません。まぁVivaldiを選んで既定にすれば・・・と思いきや、ブラウザで使用するファイル形式の一覧表が並んでおり、当然ながら全部にEdgeが紐づけされています。それをいちいちVivaldiに変更しないと既定ブラウザはVivaldiに変更されないのでしょうか? ああ、なんでこんな面倒くさい仕様に変更になったのか。
結論からいいますと、絶対変更しなければならない項目は二つだけ。HTTPとHTTPSです。正確にはHTTPさえ変更すれば既定ブラウザが変更になりますが、HTTPSも変更しておいた方がいいでしょう。他には".htm””.html""FTP"も変更すれば万全です。もちろんWindows10で"既定のアプリ"を変更済であれば既定のブラウザは変更済になっており、上記の五つが対応されています。他のソフトはファイルごとの既定可でもいっかと思いますがブラウザは原則使い慣れたものだけが立ち上がってほしいもの。なんでこんな面倒な仕様になっているんでしょうね。
ブラウザというものを壊してきたのはMicrosotです。インターネットが当たり前になりつつあったころ、将来はソフトやサービスはOSではなくブラウザ経由になってそれに依存するようになる、と言われるようになっていました。そのころからMSは動きだし、ブラウザの無料配布やOSとの統合、MS製IEでなければ正確に表示できない方式の採用など積極的に進めてきた結果、一時は大きなシェアを占めるものの逆に嫌われ、Googleの台頭を許してしまうのです。そしてMSが恐れていた通り、とまではいきませんでしたが、OSは二の次でブラウザ経由となるサービスは当然のように使われています。MSがEdgeを押すのはGoogleのChromeばかりになってOSはただのブラウザのための土台を提供するだけになることを恐れてのことでしょう。以前とは似ているようで立場はむしろ逆転している感がありますが、だからと言ってEdgeを使わせようとするあまり使い勝手を悪くするのも本末転倒だろ、と思うのですが。それを理由に11に移行しない人さえ出るかも。

と、珍しく11を褒めないわたしでしたが、環境の再構築はほぼ終了、多少忘れていたとしても思い出した時に入れていけばいいだけです。こういう完全再インストールがたまにあるため、わたしは起動用SSDの容量に不足することが全くありません。一応500GBや1TBを起動用SSDに使っていますが、全部200GBも使っていません。大きなファイルはHDDに保存しますからSSDでその処理は必要ないのです。長年使ってジャンクファイルが増え、いつの間にか足りなくなってきたら交換しよう・・・とSSDを使い始めたころは考えていたのですが、それよりもOSを入れなおす機会が来る方が早いのでたまる暇もないんですよ。その空いた分は書き込み分散による耐久性の向上やキャッシュとして使われるから無駄ではないんでしょうが、変え時というものが難しくなりますよねぇ。HDDと違って読めなくなったらどうやっても終わり、なのがSSDですから。適当に容量が増えて安くなった時でいいかな?
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする