録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

Windows11始動、さっそくテスト

2021-10-06 00:07:48 | Weblog
10月5日、もう出ないとまで言われていたWindowsのメジャーバージョンアップ、Windows11が正規版として使えるようになりました。世間ではWindows11が出ることも知らず、アップデートにも興味がなく、PC離れを感じさせる・・・なんて話も出てますが、どちらかといえば唐突で情報が少なかっただけに実感がない、という方が大きいでしょう。
さて、せっかくですからWindows11を使ってみましょう。と、言ってもまだ安定性はもちろん使っているソフトがキチンと動くのか、など心配事はいくつもありますので一台だけアップグレードでWindows11にしてみます。
11にするのに選んだのはCore i7 11700なPCです。やはり実験ならIntelでしょ、というのが一つ。二つ目はこの第11世代Coreが出たばかりのWindows10は11の性能を引き出すアルゴリズムが提供されておらず、後日のアップデートでパフォーマンスがかなり上がったため、11ならさらに最適化が進んでキビキビ動いてくれるのではないか? という期待から。三つ目は安定動作の期待。正直わたしのところではこのCore i7 11700、安定して動作してくれないんです。ひどいと起動して数分でデバイスエラーを起こして強制再起動してしまう・・・。何が原因かいろいろ試したところ、内蔵GPUのドライバをアップデートしたのがまずかったようで、バージョンを一つ前に戻すとかなり安定度が高まります。ですが、それでもスタンバイからの復帰などに失敗することが多かったため、やむを得ずFluid Motion VideoのためだけにさしてあるRADEON RX550をGPUとして使い、内蔵を無効化しています。これならデバイスエラーも起こさずに安定してくれるのですが、やはり個人的には邪道。GPUは内蔵が使えるのなら内蔵を使うべき、なぜなら機能の一部なのだから、という思いがあるのです。ドライバのせいなのか、それともやはりわがPCの内蔵GPUやマザーが外れなのか・・・。Windows11ならひょっとしたら内蔵で安定してくれるのでは? という期待が三つ目です。
さて、アップグレードするPCが決まったらダウンロード。普通にWindowsのアップデートからではWindows11をまだ落とせるようにはなっていないのですが、普通に「Windows11 ISO」とかから検索して落とせばOK。ただし、10のアップデート項目に「Windows11が使えます」などのメッセージが出ていないと認証プログラムのインストールと実行を要求されます。ちなみにRyzen 7 1700なPCで試したところ、CPUが非対応ということでプログラムが実行されませんでした。Core i7 11700がもちろん実行できます。

アップグレードは始まれば放っておき、再起動を指示するだけ。Windows10の設定がそのまま使われるようで、インストールしたての時にある初期設定などは一切ありませんでした。正直Windows10との違いは少なく、多少アイコンが跳ねたり音が出たり、タスクバーのアンダーバーがフォーカスのあるプログラムとそうでないもので長さが違うとかウィンドウの角が丸くなっているとか多少の差異はありますが、いちいち気にしなくてもいいものばかり。スタートボタンをはじめとするアイコンの位置がタスクバー真ん中になっているのが目立つ程度です。これを左寄せに設定しなおせば、それほど詳しくない人ならWindows10か11か区別するのは難しいでしょう。ただ細かい差異はそれなりにあります。特にスタートメニューは少し変更されていて、Windows8のModernUIの名残が事実上消滅しています。少し慣れはいりそうです。またコマンド入力スペースが一度ルーペアイコンをクリックしないと出てこないのが面倒かな。

しかし、確実に良くなった部分はあります。一つは最近のWindows10で右下にカーソルを持って行ってしまうと勝手に立ち上がるようになったガジェット。うっとうしいしソフトを使うのに邪魔だしで出ないようにしている人も多いかと思います。これが11ではなくなりました。最初からタスクバーに入っているガジェットアイコンをクリックすると、まるでWindows8のチャームを思い出させる動きで左から登場します。ちょっと目立たなくなりましたが、まぁ積極的に使いたい機能でもないのでいいのではないでしょうか。
そして、やはり期待通り、安定しています。Windows10では数分でデバイスエラーを起こしていた内蔵GPUでの実行、ドライバは最新と思われる100.9864で本日まだエラーを吹いていません。スタンバイからの復帰も同様です。長期安定するかどうかはまだ分かりませんが、少なくとも同じドライバを使ったWindows10よりはるかに安定しています。そして気のせいか、今まで以上にキビキビ動いているような・・・。そのうち動作テストしたいと思います。
今のところ最低限使いたいソフトやハードも動いています。本機ではPT系は使っておらず、外付けチューナーであるPX-W3U3を使っているのですが、EDCBを使った録画は今のところできています。これもしばらく使ってみないと結論は出せませんが、互換性においてそこまで心配する必要はなさそうです。

まだ一日と使っていないのに結論を出すのはなんですが、第11世代Coreを使っている人ならなるべく早くWindows11にアップグレードすべきだと思います。AMD系は少し様子を見た方がいいかもしれないですけどね。わたしもぼちぼち変えていきます。次はZen2のAPUPCにしよう。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする