録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

真「ゴジラをつくる」完成

2021-10-03 12:00:35 | Weblog
先日、ディアゴスティーニの週刊「ゴジラをつくる」の組み立てが終わったことを書きましたが、実は最後のパーツが残っていて、その設置が終わりました。


はい、専用ケースです。別売りなんですけどね。ちなみにガラスではなくアクリルです。組み立てはさすがに簡単、組み立て式家具を一度でも組み立てたことのある人ならすぐできます。大変だったのは表面の保護シートをはがすことでした。
うーん、こうして透明なケースに入れるとわたしの組み立てた細部グダグダな出来でも格好よく見えてしまうから不思議です。惜しむらくはゴジラがこの向きでないとケースに入らないことですね。しっぽは着脱式にして映画のシーンに近い向きでも収まるようしてほしかった。可動ギミックが入っているのでしっぽを簡単に外す構造にするのは無理なのは分かるのですが、初代映画「ゴジラ」ではコマ撮りで撮影した箇所とその直後ぶつけるシーンくらいしかしっぽは動いていないので、それほどしっぽの可動は必要なかったんじゃないか・・・と思ってしまいます。構図と省スペースを優先してしっぽを外して飾っている人もいるかも知れません。
ちなみにこのケース、受注生産で一応限定100個となっていました。まぁさっきサイトみたら50個追加されて再販されるそうなのでどうも全売したみたいですが。ディアゴスティーニではこの「ゴジラをつくる」に合わせて多くの通販グッズを販売していました。ディオラマの見栄えを上げる小道具はもちろんですが、つくったのとは別のフィギュアとかマスクとか。あとはおせちも売ってますね、二年連続で。ああいうのっていったいどの程度売れるんでしょうね・わたしなどはケースとか塗料、あとは壊れたパーツの追加くらいしか注文しなかったのですが、他の人は何かしら買ったんでしょうか。ちょっと謎です。

これで「ゴジラをつくる」関連は完全に区切りがつきました。後は眺めたりたまに取り出して遊んだりする程度でしょう。ちょっと寂しい気もします。その区切りに合わせるかのようにもうひとつの週刊「つくる」系の大手、アシェット・コレクションズ・ジャパンから週刊「ウルトラセブン ポインターをつくる」という「ゴジラ」と明らかに狙う層が被る新製品が創刊されました・・・。いやいや無理です、さすがに。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする