録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

このブログは

このブログは、PCでテレビ番組を快適に録画し、自由な形で好きなように活用するための実験結果報告をメインとしたものです。ですが、その自由を奪い、不自由を売りつけて無制限の利権を得ようとするものたちが、現在のテレビ界では勢力争いをしています。そういう連中とは断固戦い続けます。それが、ここのテーマです。
2011年7月24日まで続けることを目標にしていましたが、2011年いっぱいまで延期いたします。 ・・・の、予定でしたが、衛星放送の行く末が気になりますので、それまでは続けます。ああ、意志薄弱。



特殊なコンテンツ
・SpursEngine H.264エンコーダ 実験プログラムサポート&他ソフト紹介ページ
Lalfさんが作られている、SpursEngineで使えるエンコードソフトのリンク先の紹介などをしています。CUI版とAviUtlのプラグインの二種類があります。 また、それ以外に同じくLalfさんの作られたCodecSys Personal向け参照AVI、ravi2や、BOさんの開発されたLinux用HD PVRコントロールソフトのリンクもおいています。

※10/07/01 se_h264enc_auo ver 0.09、se_mpeg2enc_auo ver 0.05、Seche Technical Preview2 リリース

・スカパー!e2 各チャンネル解像度・ビットレート一覧表
独自の調査による、スカパー!e2とBSデジタル放送の解像度とビットレートの一覧表です。多少の間違いはご了承ください。

・意外とある、デジタル放送録画可能キャプチャーボード・ユニット
外部入力を用いて、デジタル放送のチューナーやレコーダーから出力される番組を、自由に扱える形式で録画可能なPC用のキャプチャーボードおよび外部ユニットの情報を集めたものです。

ノートのアーチチ

2019-05-07 23:03:11 | Weblog
ただの雑談です。

10連休もすでに終わりました。皆さまは何がありましたでしょうか。ウチの弟Bは自家用車が事故ってそれが原因で警察に怒られたそうです。

ちなみにわたしは、全く休みはありません。それどころか、GWの前後と合わせ、休みがことごとく予定で潰れます。世間の長期間の休日のツケがこっちに来て、みなさん予定を入れたがるんですよ。しかも「こっちの休日なら仕事の邪魔にならないだろう」って、集中的にわたしの休みにアポイントメント取りたがるんです。全部断るわけにもいかず・・・てなもんです。休日が少ないのはそういう仕事だから仕方ないんですが、せめてこっちの休日も自分の休日と同じくらい尊重してほしいものです。なーんか世間的には暇って思われてるみたいです。
まぁ連休中は暇な日が多かったのは確かですけどね。お客さんが来る日もあるんですけどそれは特定の日(休日の合間とか最終日とか)に集中していて、来ない日はほとんど開店休業状態。だからと言って出かけるわけにもいかず、お客さんの相手以外の事務的な仕事はみんなやっちゃったので、ついつい普段はそれほどやらない仕事用のノートパソコンでYouTubeあさり。某G作品の各国トレーラーとか、PCの組み立て系動画とか見まくってました。すると、ノートパソコンのキーボードがかなり熱くなってきたんです。ちなみにノートパソコンは以前サブPCとして主にモバイル通信で使っていたFX7500搭載のKaveriノートのThinkPad。日本ではKaveriで呼ばれるAPUのノートはTDPの低い低発熱版しか発売されず、あまり高熱にならないはず。FX7500はその中では一番クロックの高いAPUですが、それでもTDPは19W(一部17Wとするサイトあり。ちなみにAMD公式では20W表記。わけわからん)、熱くなりすぎるのはちょっと不自然です。

そこで、少し発熱量を調べてみました。使ったソフトはCore Temp。ちなみにこの間Core i7 8700とRyzen7 1700を比較するときにも使ったやつです。IntelとAMDは熱量のデータの読み方が違うのか、今までの測定ソフトはIntelの熱の計測はできてもAMDはできないものが多く、AMDだと熱を表記してくれなかったり出てもマイナス何十度とかデタラメな数字だったりするものが多く、マザボ付属のツールしかAMD製CPUの温度を計測できない、とさえ言われたこともありましたが、Core Tempは珍しくAMD系でも熱計測値を出してくれるソフトです。Intelとは表記が少し違うんですけどね。
今までノートパソコンだと当然発熱とかを教えてくれるツールなんかありませんでしたから、全然測ったことなかったんですが、せっかくですから調べてみましょう。で、YouTube再生中のKaveriノートのCPUの発熱をCore Tempで計測すると・・・95度~!? Core Tempの表記によるTjMAXは100度ですから、ほとんど限界温度です。こりゃノーパソがアチチになってもしょうがない。個人的にCPUの温度は80度を超えるとちょっと怖いと思ってます。買って4~5年たっているPCだし、そろそろ動作がおかしくなってきたか? と不安になった反面、これはブログのネタになるかも? と期待もしたのですが・・・。タネを明かせば電源プランのせいでした。わたしは調整した覚えがないのですが、ThinkPad発売元のLenovoのノートPCの電源プランにはLenovo Power Optimizeというのがありまして、いつの間にか電源プランがこれになっていました。これを通常のバランスにすると、あら不思議、YouTubeくらいならせいぜい60度を超える程度の大して発熱しない設定になりました。つーかなんなんでしょうね、あのLenovoのプランは。発熱多すぎでしょ。このノートPCはWindows8から使っているので、ひょっとしたらその時から入っている設定で、8なら適度なパフォーマンスを出してくれても10だと過剰発熱になるとか。いずれにしても全然ネタになりませんでした。買ってから初めてノートPCをちょっとバラしてCPUクーラーを掃除するとかもしたんですけどね。
ちょっと面白いと思ったのが、ノートPCのCPUの負荷率と発熱の関係。先の電源プラン"バランス"にして負荷を100%になるようにしても、CPUの温度はほとんど同じ、それどころかYouTubeを再生だけするよりやや低いくらいでした。それだけ大幅にクロックが落ちていたんです。同じ"バランス"でもデスクトップPCのCPUだと概ね負荷がかかるほど発熱が多くなりますが、ノートは負荷が高くなっても発熱量を一定に保とうとするんですね。ノートPCで高負荷にすると動きが遅くなるのはCPUの性能がそれだけ不足している結果だと思いましたが、熱の調整のため、という理由の方が大きいみたいです。一番発熱が大きかったのは負荷率が40~60%の間くらいで推移していた時でしたね。一瞬ですが77度まで上がりましたし。ノートPC用APUを使う場合は負荷が少なく、余裕のある軽い処理に徹させるのがいいみたいです、Bristol Ridgeのノーパソでも同じ傾向でしたし。Intel製CPUとかAMDでも新しいアーキテクチャのRyzenだとまた違うかも知れませんが。

どうせ普段はそこまでYouTubeばかり見ているわけでもなく、主に仕事用のデータ入力と管理をさせる分には全く問題ない性能のFX7500なこのノーパソ、発熱さえ気を付けていればまだまだ買い替えなくても使えそうです。ちょっと物欲を満たす理由がなくなって残念ではありますが。

追記:この時は検証用の部屋でやったので60度少々でしたが、店の仕事用机の上に戻して計測すると、70度を超えることが多くなりました。古い木の机ですから、断熱して熱の逃げ場が少なかったのでしょう。机が熱を吸収するか、とかも重要みたいですね。すのこがあればOK?



ちなみに弟Bの事故について。Bが自家用車を某店の大きな駐車場に駐車してその場を離れていたところ、その横に車を入れようとした別の方が運転を誤ってBの自動車にぶつけてしまう事故が起こったのです。通報を受けて警察が駆け付けたのですが、いくらアナウンスしてもぶつけられた車の持ち主であるBは現れない・・・。実はBはその駐車場が地方でたまにある駐車自由・出入り自由型であるのをいいことに、その店の用事が終わったあとも駐車しっぱなしにしたまま他の店に買い物にいっていたので、なかなか現れなかったのです。1時間もたってのこのこ現れたBに対し警察が「お店に対しても迷惑になりますからやめてください」と怒ったそうです。これは「セコいことするからだ」と笑ってやるしかない。ちなみに事故は誰がどう見ても100%相手の責任なので、修理費は全額あちら持ちになったそうです。
コメント (9)