gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三笠宮さまが退院(時事通信)

2010-03-19 03:00:14 | 日記
 聖路加国際病院(東京都中央区)で17日に左目の白内障手術を受けた三笠宮さま(94)は18日午前、退院された。 

グループホーム運営会社など捜索=7人死亡火災-道警(時事通信)
堀江被告の財産差し押さえ、TV・三味線など(読売新聞)
消費増税、景気には中立=目的税化で雇用創出も-菅財務相(時事通信)
民家全焼、4人死傷 大阪・茨木(産経新聞)
<地震>宮城、福島、山形県で震度4=午後9時46分ごろ(毎日新聞)
コメント (1)

市美術館での国宝展示を事実上断念=「県内開催を最優先に」-篠田・新潟市長(時事通信)

2010-03-17 13:48:35 | 日記
 新潟市美術館で4月24日から6月13日まで開催が予定されていた「奈良の古寺と仏像」展をめぐり、文化庁が国宝と重要文化財(重文)の展示に難色を示していた問題で、篠田昭市長は16日、「市美術館にこだわらず、新潟県内での開催を最優先に考えたい」と記者団に述べ、市美術館での開催を事実上断念する意向を示した。小黒和弘文化観光・スポーツ部長が17日、文化庁を訪問し、今後の対応などについて説明する予定。 

【関連ニュース】
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
市長自ら美術館長に=国宝展示で文化庁に許可要請
文化庁、国宝展示に難色=カビ発生の新潟市美術館
仏像窃盗、元住職に実刑=事業資金目的「動機は悪質」
重文の観音坐像見つかる=窃盗容疑で会社員男逮捕

<防犯ボランティア>団体数、参加者ともに過去最多 09年(毎日新聞)
日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)
<アカデミー賞>「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事(産経新聞)
「地域ごと連休」反発相次ぐ…教育界・労組(読売新聞)
コメント

家族3人、放火殺人容疑=35歳の長男逮捕-徳島(時事通信)

2010-03-16 03:17:10 | 日記
 徳島県阿南市の武市敬博さん宅で家族3人が死亡、1人がけがを負った火災で、県警捜査1課と阿南署は15日、殺人と現住建造物等放火などの容疑で、この家に住む長男で無職和博容疑者(35)を逮捕した。 

【関連ニュース】
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件
知人男が放火か、民家全焼=夫重体、妻も重傷

首相動静(3月11日)(時事通信)
長谷川等伯展 1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京(毎日新聞)
国公立2次後期日程試験始まる(産経新聞)
佐川急便・元係長、架空発注で1100万詐欺容疑(読売新聞)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
コメント

<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)

2010-03-11 14:09:46 | 日記
 運転士にあこがれた少年時代の夢を自力でかなえませんか--。千葉県の第三セクター「いすみ鉄道」は4日、訓練費用約700万円を自己負担して運転士を目指す社会人を募集すると発表した。

【写真特集】これはカッコいいロングノーズだ…E5系の内外装をいろいろな角度からみる

 運転士の養成費用を志望者の自腹とする試みは全国初。募集は数人で上限は50代。1年半~2年の訓練期間中は最低賃金のみ支給し、ディーゼル列車の運転資格を取得後、契約嘱託乗務員として採用する。

 自らも公募で就任した航空会社出身の鳥塚亮社長(49)は「経営再建のため、お客にも運転士にもお金をいただく」。新たな試みは果たして軌道に乗るか。【吉村建二】

【関連ニュース】
【写真特集】顔みたいに見える可愛い新型800系…民家の軒先に!
【写真特集】ゆく列車くる列車…さよなら500系のぞみ、最後の雄
【写真特集】「はくつる」「ゆうづる」の懐かしいヘッドマークも…ふれあい鉄道フェスティバル
【写真特集】0系からE5系まで…鉄道高速化を担った新幹線図鑑

明治神宮前(原宿)駅「JR線ではありません」(読売新聞)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで-厚労省1月調査(時事通信)
<中央環境審>小委 石綿肺も救済法対象とする答申案を了承(毎日新聞)
会計書類の一部見つからず=北教組、処分の可能性も-規正法違反事件・札幌地検(時事通信)
<参院予算委>3閣僚遅刻 平野官房長官「連絡ミス」と釈明(毎日新聞)
コメント

アカデミー賞 イルカ漁隠し撮りされた太地町「事実誤認、怒り覚える」(産経新聞)

2010-03-10 01:09:05 | 日記
 第82回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞に和歌山県太地町のイルカ漁を告発した米映画「ザ・コーヴ(入り江)」(ルイ・シホヨス監督)が7日(日本時間8日)受賞し、地元の太地町では反発している。

 映画はスタッフが立ち入り禁止区域に侵入し、隠しカメラを設置して撮影された。漁師たちが入り江に追い込んだイルカの群れを鉄の棒で突いて海面が真っ赤に染まる場面などが映し出されている。

 受賞の知らせに、太地町漁協は「映像は昔のもので2年前からイルカが苦しまない方法で行っている。スタッフは現在のやり方も知っているのに自分らの都合のいいように取り上げている」と憤る。

 さらに、三軒一高町長は「事実誤認が多い映画が受賞したことに驚いている。われわれの町は鯨類については貴重な食料資源として認識している。海外には私たちが食べないものを食べる地域もあるが、その食文化を否定する気はない。今後も国内外に正当性を強く主張していく」と不快感をあらわにした。

 映画の中には「(組合員を)ジャパニーズマフィア」「漁協は隠蔽(いんぺい)するためにイルカの肉を鯨肉として販売している」など事実に反するものも含まれており、町や漁協は信頼を著しく失墜させたとして配給会社などに抗議している。

 イルカは「鯨類」に分類され、国際捕鯨委員会(IWC)の管轄外。太地町での追い込み漁は漁業法に基づき県の許可を得て期間を定めて実施され、同漁協では「適法・適正に行っているもので何ら違法な行為はない。長年の伝統や地域の実情を理解したうえで食文化を尊重する精神が重要」としている。

 日本では5~6月ごろ公開予定という。

【関連記事】
なぜ「アバター」は負けたのか?アカデミー賞
アカデミー賞 受賞作が見たい! 国内公開状況は?
アカデミー賞 作品賞も「ハート・ロッカー」で6部門制覇 「アバター」は完敗
アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞はイルカ漁を隠し撮りの「ザ・コーブ」
日本ハム・ダルが“イルカ恐怖症”を告白
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<脅迫状>吉本興業に届く 会長など名指し(毎日新聞)
<ギフチョウ>今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)
<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)
<秋篠宮さま>タイ、ラオス私的訪問へ(毎日新聞)
予算案、今夜衆院通過へ=委員会で可決(時事通信)
コメント