KP61DX-ENG

プライベートレーサーの手作り満載日記

一般整備

2012-03-20 | セルボ
快速サーキットを目指してる

セルボ君

理想の?思いつく?

改造は楽しけど

トラブル無く走る事はもっと大事でっす。

タイミングベルト交換

一発で被害が大きいです。

クランクプーリーボルト外す、サービスホールが開いてませんでした。

ココに開いてるハズ?なのに

しょうがないので、ホールソーで穴開けました。(画はないよ)

無事工具がアクセス出来て、インパクトでギュイーン

タイベル交換


 改造&整備は同時にやればお得なので

もりさんから教えてもらった事を実施

なにかと言うと

Vベルト→リブベルト 化

一時期のF6A車は不良らしい

プーリーのオフセットが合っていない?

そー言えばワゴンRの人なんかが、会社帰りにしょっちゅうギャンギャン言わして事があった。

でもセルボ君は同じF6Aでも、該当しないみたいで症状は出ていないけど

リブベルトにすれば、フリクション軽減になるので実施です。

 スズキよりリブベルトキット?なる物が販売されています

各プーリー、リブベルト、ブラケット&カラーなどなど入って結構リーズナブルなお値段

ラッキーじゃなくて普通クレーム(リコール)でしょ

 キットをすんなり付けるはずは無く

サーキット走るのにA/Cは要りません

エアコン装備一式はすでに撤去済みなので

コンプレッサー用プーリー部を切削削除で、レスポンスUP




後書

このキットは2V用?ウォーポンもオルタと一緒に回すタイプのF6A用?

まだまだF6Aに詳しくなもんで

マイセルボ君は、先の画像でも確認出来ますが

タイベルでウォーポン回すタイプです。

故に付属のリブベルトでは長すぎて合いません

よって短いヤツを別途要購入です。

僕は4PK-620で行けました。

万が一オルタプーリー径に種類が有ればサイズの吟味は必要です。

オルタのテンションを、何処ら辺で取るかででも変わってきますよってに
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ガラス1 | トップ | 燃料関係 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

セルボ」カテゴリの最新記事