スク水で開脚したときの生地の幅みたいなもん

人生は悲しいこと半分、嫌なこと半分、いいことなんかひとつもない

風と明石とマッキーと

2020-02-14 16:17:54 | 旅行

槇原敬之さんのニュースを見て、いてもたってもいられなくなり、明石城に来てしまいました。

「どんなときも。」が流行っていた頃に、義理の母と一緒に来た思い出の明石城。

あの頃は、まだ義母は明石の傾いたぼろぼろのアパートに住んでいて、とにかくマッキーが大好きで…。

あの頃の明石は、ぼろぼろの建物がずいぶん残ってましたけど、今はだいぶきれいになりましたね。

今では疎遠になってしまったけれど、どうされているかねぇ。

いつも大声で怒鳴るように、

「あんたねぇ!姫路にだけは行っちゃいかんって!」

って言ってたなぁ。

私は今でも姫路にだけは行かないように努めていますよ。

瓦をシュウ酸に浸す仕事を最初に始めたのも義母でした。

震災が来てやめてしまったけれど、震災がなかったら今頃は蔵の一つも建ってたんじゃないかねぇ。

 

マッキーの「三人」っていう歌が私は大好きで、

私が

「この歌ええねぇ」

って言ったら、明石焼を3つ皿に入れて、出汁かけて

「三人や!」

って。

 

ぼくもあれから2回目の引越しをして

なんだかんだとツラいこともたくさんあるけれど♪

 

今でも私は「三人」歌えますよ。

私も義母も、引越しは2回どころじゃないけれど。

あと「北風」や「アフターグロウ」も好きだった。

義母が持ってたKOIZUMIのラジカセで、テープを聴いてて、今でもあのラジカセのボタンを押し込む感触は覚えてますよ。

 

…そういえば、あのテープって義母はどうやって録ったんだろう?

CDラジカセ持ってなかったのに、どうやってダビングしたんだろう?

 

お義母さん、マッキーがまた捕まりましたよ。

あなたが好きになる人は、そんな人ばかりですね。

明石城が笑ってますよ、お義母さん。

 

義母は明石を恨んでいた。

私が義母を恨んでいたように。

いまはおそらく三田にいるんじゃないかと思いますけど、三田ではいくらか穏やかに暮らせているんかな?

コメント

信濃の和菓子

2020-02-09 21:43:53 | 旅行

もうずいぶん前ですけども、和菓子研究家の石乃矢八奴先生がまだ元気でいらした頃に、ご自宅にお邪魔したことがありました。

先生はその頃、信濃川の川沿いに住んでらして

「借家なんですよ」

って言っていらしたけど、実際はどうだったのか、わからないんですが…。

 

あの時に先生が言っていらしたことを最近思い出して、今更とても共感しているんです。

先生が話してくださったことを、ここに書いておきたいと思います。

 

いやー、私はね、好きなことがいっぱいある。

AVを観るのも好きだし、ネットでアダルト動画を観るのも好きだ。ものすごい数の動画があって、次々と観ているうちにその日が終わってしまうこともよくある。

それから風俗に行くのも好きだし、ネットで風俗の情報を集めるのも大好きだ。

それにヌード写真集を観るのも大好きだ。やはりAVとはまったく違ったものだ。たまに、

「昔は写真集をいっぱい観てたけど、AVがこれだけ簡単に観れる時代になって、もう写真集は観てないなあ。もうそこまで需要もないんじゃない?」

なんてことを言うやつがいるが、まったくわかっていない。

 

………

こんな感じの話が続いて、少し表情を変えてこんな話を始めた。

 

さて、好きなことについて色々と話したが、やはり私が一番好きなのは寝ることだ。

暑い夏でも、寒い冬でも、柔らかい布団に横になって、実に素晴らしい時を過ごす。

寝ている間は家事もしなくていいし、仕事もしなくて いい。酒もタバコも食べ物も減らない。

そうしている間にも、お迎えまでは確実に近づいている。それは決して無駄ではない時の流れなのだ。

 

………

先生は本当に色々と話してくれた。いい先生だった。

 

あの頃先生が大好きだった柚木ティナさん改めRioさんの作品が、数ヵ月前にすべて廃盤および配信停止になった。

先生が知ったらさぞや寂しがるだろう。

先生にお迎えが来るのが先で、本当によかった。

 

先生が確立された和菓子づくりの技術は、今も信濃の和菓子の基礎として受け継がれています。

コメント

嗚呼 黒崎は今日も

2020-02-06 13:08:08 | 旅行

私が前川清さまのファンになってどれくらいたつのでしょう。

ついに、ついに😭

ずーっと来たかった黒崎に来ちゃいました。

そうです。ここ黒崎は、その昔 内山田洋とクール・ファイブのファンの集いの人たちが、「長崎は今日も雨だった」の長崎を求めて、はるばる愛媛からやってくるも、遂に長崎にはたどり着けず、ここ黒崎で、

「あぁ、黒崎は今日も雨だった~♪」

と誤魔化して、そのまま愛媛に帰ったという、黒崎伝説の駅なのです。

黒崎は晴れることが少ないと聞いていましたが、やっぱり今日もどんよりとした空で、私は本当に心から感動してしまって、人目も気にせず、ホームでそのまま号泣してしまったのですよ。

それから、ファンのひとりが、丸善がないからしょうがないってんで、とりあえず駅前の本屋にレモンを置いて帰ったっていう本屋もちゃんとありました。

  本当に黒崎っていいところですね。

きっと私も黒崎に生まれていたら、瓦屋根の瓦を一枚ずつシュウ酸に浸して、梅ヶ枝餅を食べるような人生にはならなかったんじゃないかって、ほんとうにこれは心から思いましたよ。

コメント

Avril Lavigne のファンイベント

2019-03-14 12:28:35 | イチヨロン

3/27都内某所とのこと。

行きたいな。
アヴリルに会いたい。
病気からの復活、
まだ完治はしていないのかもだけど、今度のアルバムの出来は素晴らしいと思う。

またアヴリルの声が聞けたってだけでも感動的ですが、
まったく衰えてない、むしろ前より力強い!

そんな今のアヴリルに会いたい。
会いたいな。
でも応募はやめておこう。
もし当たっても、着ていく服がないし、髪もどうしていいかわからない。
アヴリルだってまわりのファンだって、絶対に私がいたら不快だろうし、
うわぁーなんでこんなヤツに当てるんだよって思うだろうし。
そういう空気を感じながらアヴリルと同じ空間にいるなんて悲しすぎるし。
もしアヴリルに、気持ち悪がられたら、悲しくて立ち直れる自信がないし。


だれか素敵な人の外観を一日だけ借りられたらいいのに。
そしたら応募したい。当たったら喜んで会いに行くだろう。

今の自分じゃ行けない。考えれば考えるほど行けない。

ファンイベントが素晴らしいものになりますように。
コメント

母子の無理心中

2019-01-26 01:56:42 | イチヨロン

尾木ママが母子の無理心中について、ブログに記載してらっしゃいました。

尾木ママは教育者ですから、やはり

・学校側に問題があったのではないか?

・学校を始めとする教育機関側に何が足りなかったのか?

という分析をしてらっしゃることと思います。

 

さて、私は少し違う角度から…。

というかこんなことを言ったら絶対批判の的になってしまうから、芸能人や著名人の方は絶対言えないと思いますが、私は亡くなった女の子のご家庭…というか、ご両親に問題があった可能性が高いと思っています。

というのも、きっと私が小さい頃の私の家と同じような状態だろうな…と思うからです。

私も小学生の頃、毎日死にたいと思っていたから。

もし生まれてこなかったら、どんなによかっただろう…と毎日思っていたから。

死ねなかったけどね。

 

うちの母は、今考えるとおそらく自分の「子育て」ということに関して、自信がなかったのではないかと思うのです。

そして、「責任」というのをとても強く感じていたと思うのですね。

私の子供が悪い事をしたら私のせい。だから私が子供にちゃんと言わないと…という考えですね。

この考え方だと、「子供がいじめられている」という状況も、自分の育て方のどこかに不備があるから、いじめられるような子供になってしまっている…と思うようになります。

うちの母の場合には、いじめを受けていることを打ち明けた(実際にはいじめられているところを妹に見つかりばらされたのがきっかけなのだけれど)私に対し、何度も何度も怒鳴り散らしました。

言い返せ!とか、嫌なら嫌ってはっきり言え!とか。

母の方も怒りながら泣いた時もありました。

 

私はもちろん、いじめられるのは自分がほぼ悪い…、いじめてくる彼らも、悪くない訳じゃないだろうけど、基本私が悪いんだ…と思いました。

父にも風呂でおまえに問題があるということを言われました。

 

でもそれって今考えると、やっぱり自分たちの子育てに自信がないんですね。

ちゃんと育つか常に心配…っていう。

まあ人並みに育てられてるって思っていたら、少なくともいじめられてる我が子にあんなふうには言わなかったんじゃないかな。

言い返せる子もいるでしょうし、喧嘩が強い子もいるでしょう。

でも、我が子はそうじゃないんだからしょうがない。

つらかったね。悔しかったね。でもお父さんお母さんはいつでも味方してあげるから大丈夫だよ。どうしても学校行きたくなかったら、お休みしても大丈夫だよ。

って言って欲しかった。

あの両親の前では、不登校なんてことになったら、それこそどうなるか…おそろしくてそんなの無理だった。

 

自分のことより、家が少しでも平和になって欲しかった。そのためならいじめられてたほうがいいっつ思うくらいあの時期の家は嫌だった。

 

今回の事件、きっとあの時のうちと同じような感じだと思う。

子供は親からもおまえのせいだと突き放されて、親は親で自分のせいだと悲しみなんとかしなきゃと焦る。

失敗作品のこの子は最後まで責任もって自分で殺し、ちゃんと育ててあげられなかった自分も死ぬ。

そんな終わりを母親が選んだのだろうと思う。

父親が学校のせいだと訴えているようだが、学校の責任はもちろんあるだろうけれど、この結果を招いた一番の原因はあなたと、死んだ母親にあると私は思う。

きっと誰にも味方してもらえず、あげくに母親に殺された子供がかわいそうすぎるし、父親、あなたは被害者ではない。

コメント