Ordinary_Love...
Think your house,think your life,think your future....
 



昨日お伝えした夢のある国にも兵役があるらしい。でも基本的にピースな国の人たちだから、誰も軍隊になんかは行きたくはないだろう。

 現在、台湾には18歳以上の台湾の男子は2年間の兵役義務を行うという徴兵令がある。

 18歳といえば青春まっさかりで、恋人もいて、これからという人生の中、いきなり、金門島などに駐屯してしまったら、なかなか、帰ることなどできなくなって、せっかくできた恋人を失ったり、婚約解消になる男子も多いとか。

 そこで、台湾の男の子たちが考えた秘策とは・・・

1.悪い薬を飲んでしばらく精神病院へ入院する。←この手のケースはどこの国でも簡単に予想がつく。

2.同性愛者になる。

↑この件に関してはいささか、驚いた。???
私の独断と偏見に過ぎないけれど、軍隊って、同性愛歓迎なんじゃないかと思ってた。

しかし、そうではなく、台湾の軍隊では同性愛者を嫌う傾向にあるので、ゲイになることによって
兵役を逃れられたケースが多々あるという話。

そこで、台湾では18歳近くの男性が「ニワカ・ホモ」になるという現象が起きているらしい。

「ニワカ・ホモ」とは、完全な同性愛者に移行するのではなく、"見せかけ"の同性愛者を演じるということだ。

だが、皮肉にも、兵役をこういう形で逃れた彼らもまた、恋人に失望され、捨てられていくケースもあるであろう。逆に、兵役を終えた彼らを惚れ直す女衆も多々いるであろう。

頑張れ!!台湾。


写真:台北 中山地区 路地裏の廟

コメント ( 5 ) | Trackback ( 1 )



« マルタ 映画好きに20... »
 
コメント
 
 
 
そーなんですよね (あきこ)
2004-09-10 01:41:33
台湾、韓国、ギリシャの友人達は、

みな兵役に行っていたり、

その為に国に帰ったりしてましたね・・・。

なかなかに厳しいようですが、

いい点もあるようで。

鍛えられるのは、確かなようです。
 
 
 
やはり、 (koko)
2004-09-10 09:30:08
あきこさんこんにちは。

日本における自衛隊派遣問題にはコメントいたしませんが、自国をまもるのも、結局のところ、日本人一般庶民は人任せ的な感覚が否めませんね。



戦争はおこる。



国として、一国民として、何ができるか。それはサポート業務であれ、やはり何かしらのすべを学ぶ機会が平等にあってもいいのではないでしょうかとも、思ってしまう今日この頃。
 
 
 
台湾の役男(徴兵) (じょはんな~)
2004-09-13 00:30:21
他にも抜ける策ありますよ(苦笑)



1.30Kg近くの超痩せ男になる。

2.100Kg以上の超デブ男になる。



身体測定まじかになると水をがぶ飲みして太ろうとする人がいるとかいないとか....。



PS:偏平足・視力が極端に悪い人も免除になります。



徴兵って本当につらい経験だけど、経験のある友人達の話では、「人生のかけがえのない経験になった!」と誇らしげに語ってたよ。きっと台湾女性って性格キツイから、徴兵で忍耐強くなってないとバランス取れないのかもね(笑)







 
 
 
忘れてました (じょはんな~)
2004-09-13 00:33:49
今台北で語学留学中の者です!

自己紹介もぜずにコメントしちゃってすいませんでした
 
 
 
ようこそ! (koko)
2004-09-13 09:21:29
はじめまして、じょはんな~様!

台北で留学されているんですね。



素敵です。中国語は深いですね。



結局、何も覚えず、帰ってきてしまいました。



娘のアダンはシェイシェイといいます。



まだ、台湾旅行の記事をアップしていくので、追記の情報がありましたら、よろしくです!



 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。