N'DANKA N'DANKA

こずえの遊び日記

ランチの女王への道  88

2012-02-29 | Weblog
2月25日 昼に「ばんどう太郎」へ 白みそチーズ煮込みうどんと半ライスです うどんには、長芋や蓮根などの根菜も入っていて、思った以上に合う 体も温まり美味しい そして、白みそとチーズが合う 翌日の夜に、このうどんを元に、白みそを買ってきて、わたし特製の昆布と鰹節の出汁を使って、鍋にしました 豚やエビ団子、油抜きした油揚げ、白菜、長葱、豆腐に、もちろん、長芋や蓮根も入れ、上にとろけるチーズで 美味しかったので、次回もまた、白みそチーズ鍋もやりたいと思います 
コメント

KOZUE BAR 171  ~こずえ特製塩麹編~

2012-02-28 | Weblog
最近 塩麹が人気で品切れしていると聞きますが、米麹が売っていたので、早速、自分で作ってみました 米麹の袋に書かれていたレシピ通り、60度の湯に75gの塩を溶かし、手で砕いた塩麹を塩湯に入れ、瓶に入れました この時期は寒いので、暖かいガスコンロ近くに置き、1日1回 かき混ぜて、2週間でできあがり 2月20日に作ったので、3月の6日あたりには、食べられるのかな・・・ 
コメント

試写会へ行ってきました 15

2012-02-27 | Weblog
早めの夕飯を済ませ、この日1番の目的は、19時からシネマート六本木で行われる試写会 「恋人達のパレード」という映画 ストーリーは 1930年代、ポーランド移民の息子のジャイコブは両親の愛に支えられながら、コーネル大学の獣医学を学んでいたが、卒業目前に両親が交通事故死。彼の学費の為に家を抵当に入れ、借金をしていた事を知る 経済的に追い詰められた彼は仕事を探すが見つからず、当てもなく線路を歩いていると、衝動的に疾走してきた列車に飛び乗る その列車は、ベンジーニ・ブラザーズ・サーカスの列車で、サーカスの団長で舞台監督のオーガストは、ジェイコブを列車から突き落とそうとするが、彼が大学で獣医学を修めたと知って、彼を受け入れる 動物の世話をする様になったジェイコブは、一座の花形でオーガストの妻 マーリーナに心を奪われてしまう 彼女には声をかけてはいけないと言われ、遠くから見守るだけだったが、人気のホースショーの代わりに象のロージーが連れて来られ、団長で舞台監督のオーガストは言う事のきかない象のロージーを折檻するが、それを止めたジェイコブとマーリーナはロ―ジーを通して親しくなっていく ジェイコブの仕込みで芸を習得した象のロージーに乗るマーリーナのショーが評判となり、各地で人気を博していく ようやく自分の居場所を見つけたジェイコブだったが、嫉妬深いマーリーナの夫オーガストが、ジェイコブとマーリーナの仲を疑い出してきて・・・ オーガストの支配からマーリーナを解放してあげたいと願うジェイコブは行動に出た・・・ 1930年代 大恐慌時代のアメリカを背景にした、サラ・グルーエンのベストセラー小説‘サーカス象に水を’は、2006年出版されると、12週連続のニューヨークタイムズのベストセラーリストに掲載された小説で ジェイコブには、「トワイライト」で魅力的なバンパイアを演じたロバート・パティソン マーリーナは、アカデミー賞女優のリーズ・ウィザースプーンが演じています 最後はどうなってしまうんだろうと途中、ハラハラしました シネマート新宿で、2月25日からの公開です 
コメント

うまいもん  173

2012-02-24 | Weblog
夜に用事があったので、早めの夕食 ミッドタウン内にある創業は明治33年の名古屋に本店のある肉の専門店「肉のスギモトで食事 私はすき焼き定食で、旦那様は、ローストビーフのカレー 少し食べさせてもらったこのローストビーフがとても美味しかった カレーと食べるなんてとても贅沢 
コメント (1)

カフェへ行ってみよう  66の3

2012-02-24 | Weblog
旦那様がオーダーしたのは、「ビスキュイ・クーラント・ショコラ・柚子」 中から柚子のソースのショコラが流れる熱々のスイーツで、柚子のアイスと小田原早川みかんを添えられています バレンタイン前に、アサイチの番組で鎧塚シェフが出ていて、スイーツ紹介していて、小田原でミカンを育てていると言ってたから、そのミカンだろうな~ その時、確かに、左目が変だな~と思っていたが、翌日、テレビで失明の危機と報じられていた スイーツは見た目も大事だから、片目が見えないのは大変だろうな・・・ この日は、残念ながら、鎧塚シェフはいませんでした 
コメント

カフェへ行ってみよう  66の2

2012-02-24 | Weblog
私がオーダーしたのは、‘ラ・ゴルゴンゾーラ・ピイスターシュ’というスイーツ ゴルゴンゾーラアイスと温かいビスキュイ(2度焼きしたパンの意味で、中世の頃から船の長旅や戦争へ行く兵士を持参していたと言われています )を合わせ、ピスタチオをアクセントにしたものです。甘くなく、ワインにも合います 
コメント

カフェへ行ってみよう  66

2012-02-24 | Weblog
2月20日 平日だが旦那様が人間ドックに午前中に行ったので、お休みで、夜は六本木に用事があるので、お昼過ぎに合流し、六本木へ いつもは長い行列だけど、平日ならすいているかな~と思って行ってみたのが、六本木ミッドタウン内にある「Toshi Yoroizuka」へ 30分後位には入れたので、予約して、行ってみました 始めは、白菜のスープ ほのかに甘いが、白菜の風味がします 鎧塚俊彦シェフは、スイス、オーストリア、フランス、ベルギーと約8年間ヨーロッパで修業し、パリのコンクールで優勝した人ですが、奥様は川島なおみ 川島なおみと言えばワイン スイーツにあわせてワインにしようと考え、お店の人に聞いたら、白ワインがオススメという事で 
コメント

ランチの女王への道  87 

2012-02-23 | Weblog
2月19日 家に食べる食材がほとんどなかったので、ランチへ 旦那様のお父上もお誘いしましたが、行かないという事で、行き先が寿司からインド料理へ変更 一度行った事のある(2011年11月24日~ランチの女王への道72編~も覗いて見て下さいね )幸手の「サンバンダ」へ 混んでいましたが、席を作ってもらい、入れました 前回は、野菜のカレーだったので、今回は、本日のカレーで、チキンとえのきのカレー 辛さを中辛にしましたが、次は、辛いにアップ しようと思います 旦那様は、始めは、ナンをおかわりすると言ってましたが、お腹がいっぱいになって1枚でストップです
コメント

うまいもん  172

2012-02-22 | Weblog
実家を行った後に、池袋で食事をしようと思っていましたが、遅くなってしまったので、実家近くで、母親と姪の愛來と一緒にパスタを食べに行った後、帰り途中で久喜に立ち寄り、「創作ダイニング どもん」へ 2軒目だったので、それ程お腹はすいていなかったので、ネギトロとアボガドの豆腐、写真の、どもんの塩焼きそば、エイヒレのあぶりを食べました 


コメント (1)

この時期の・・・

2012-02-21 | Weblog
妹の英ちゃん宅から実家へ行くと、母親が、“今の時期に皮ごと食べられる柿を売っていたの~”と エクアドル産の柿だそうです 甘くて皮まで食べられました 翌日、家の近くのスーパーに、イスラエル産の皮まで食べられる柿が売ってました 柿って日本の果物かと思っていたが、調べてみると、東アジアの固有種だが、1789年に、日本からヨーロッパへ。1870年に北アメリカへ伝わったそうで、今は、世界の温暖地域で育てられ、世界の生産量は、中国、韓国、日本、ブラジル、イタリア、イスラエルの6か国で、生産量の99。8%をしめ、他に、ニュージーランドやオーストラリア、イラン、メキシコなどでも育てられてしるそうです 話は少し変わるが、前に、ケンミンショーという番組で、岐阜の栗きんとん入り干し柿が高級だが美味しいと紹介されていて、1度は食べてみたいな~と 
コメント (1)