N'DANKA N'DANKA

こずえの遊び日記

再 会  ~横浜・中華街 1 ランチ食べ放題~

2006-11-27 | Weblog
11月22日は、タイに住んでいる文ちゃんが、ご帰国中で、横浜中華街で会ってきました 一緒に休みを取った寿英と休みがあった裕美ちゃんと4人で 12時に石川町で待ち合わせで、お腹もすいていたので、早速、ランチへ 『大珍楼 本店』で中華のオーダー式食べ放題 ふかひれに北京ダックもあるというので オーダーして出てきたのが、写真のです かなり少ない エビの大好きな寿英のリクエスト。エビのマヨネーズ和えと北京ダック。もちろん、エビちり、えびのすり身揚げ。蟹卵入りふかひれスープ。飲茶、麺類、デザートまで頂きました 味は美味しかったよ タイは華僑の人も多く、ふかひれなど、安く食べられるし、中華街もあるそうです 文チャンは、1日前がお誕生日だったそうです 1人前の量は少ないが、逆に沢山の種類が食べられて良かった ちなみに、文ちゃんの母校の最寄り駅が石川町なんだって  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

KOZUE BAR 29 ~巨峰ワイン編~

2006-11-26 | Weblog
勝沼で買ったワインが届きました。麻屋葡萄酒店の新酒の巨峰ワインです 母親のリクエストで買ってきました 色がロゼ色で綺麗でしょ~ あまりロゼワインって口にしないけど、沢山ある中で、飲み比べて決めました 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

えっ? それって・・・

2006-11-24 | Weblog
今日、仕事帰りに、電車に乗っていると、途中から乗ってきたおばさんが、ツカツカと私の方へ来て、‘この携帯の電源を消してもらえますか’と自分の携帯を私に差し出した 待ちうけ画面になっているが、通話などされていないので、その事を伝えると、‘でも画面に映像があるから’と。画面に待ち受けの写真画像であると伝える それを聞いて、自分で、携帯を片付けようと、コンパクトにたたんでいると、どこかを触って、アドレスで検索され、再び、私に助けを求めてきた 人の携帯はイマイチ分からないので、電源を切って、渡すと、‘ありがとうございました。あまり使わないので、よくわからないので助かりました’と言っていました 駅を降りてから、電源の入れ方を教えるの忘れてしまった事に気付いた  携帯の電源の消し方も分からないで、携帯を持ち歩かないで欲しい もし、電源の入れ方を知らなければ、いつ、あのオバサンは、電源を入れて、携帯を使うのだろうか~  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日帰り旅 ~山梨勝沼・秋の光景~

2006-11-24 | Weblog
ぶどうの丘から歩いて、勝沼ぶどう郷駅まで行く間、多くの家の軒下に吊るされていた柿 歩く道のりでは、ぶどう園も沢山あり、今は、りんごや柿、かりん などが生っていました。 美味しい干し柿になれよ~ 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日帰り旅 ~山梨勝沼・紅葉編~

2006-11-23 | Weblog
11月21日に行った勝沼の町営 ぶどうの丘にあった木がきれいに紅葉していました。勝沼の先にある昇仙峡も紅葉が見ごろという事で、山もきれいに紅葉してました。紅葉といえば、去年行った日光(2005年10月31日 日光~中禅寺湖編~を覗いてね )や鎌倉(2005年12月1日 秋を味わう~紅葉編~も覗いてね )も綺麗でした 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日帰り旅 ~山梨・勝沼編~

2006-11-22 | Weblog
今月の16日ボジョレーヌーボが解禁日になったばかりですが、11月21日に、寿英と勝沼に行ってみました  寿英が、‘わが家で飲んだピオーネワインが美味しかった’という事で、勝沼に行こうという事になりました。JRの日帰り旅というパンフレットにあったのを利用しました。新宿10:30発に特急あずさの自由席、平日の昼間なので、すいていると思っていたが、座れないんじゃないかという位の混雑でした。大月駅で下車。普通の中央本線に11:45に乗り換え、12:10に勝沼ぶどう郷駅に到着。町営のバスは1日3本で、時間にあわず、歩いて20分程で、町営のぶどうの丘という所へ行きました。ランチのバーベキューテラスでのバーベキューを食べました。天気はで、風景も綺麗で、美味しく頂きました。その後、地下にあるワインカーブに行って、試飲専用容器のタートヴァン¥1100を購入すると、勝沼町推薦の170銘柄、約2万本のワインを飲み放題 寿英は、白ワインとロゼワインを中心に、私は赤ワインを中心に試飲 購入するワインを決めた時には、かなりの酔っ払いでした  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

だ ま さ れ た ?

2006-11-20 | Weblog
コンビニのレジ前にあったのが、これです 真ん中のイラストの様に、スティック状になっていると思って、“ジャガビー(2006年10月29日 食べ比べ編を覗いてね~ )みたい”と思って購入 早速、開けてみると、普通のポテトチップスが・・・ 周りのイラストは、普通のポテトチップスのイラストが書いてあるけど 味も、普通のポテトチップス。かなり期待していただけに お腹すいた時に、コンビニに行ってはダメだな
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

楽器 2 ~カホン~

2006-11-19 | Weblog
今日、日テレのぶらり途中下車の旅の常磐線の旅で、4年くらい前に行っていた、民族楽器を作る教室の先生「暁天」さんが、出てました 暁天さんは、オルゴールの原型と言われるアフリカの楽器のカリンバ〔国によっては、ムビラとも言います。指で弾いて奏でます 〕を作っています。カリンバを作るのには、1年位かかる〔1回2時間のクラスで月2回だと〕という事で、打楽器を作りたくて、ジャンベ(2006年 楽器~djembe~も覗いてね) は皮を張らないとできなくて、シロウトでは大変というので、木で作成できる『カホン』 という物を作ったのです。このカホンはペルー式。奴隷が太鼓の代わりに木箱を叩いたというのが、カホンの誕生となります。ペルー形のカホンは、何年か前に、めざましテレビのワールドキャラバンでも紹介されてました 木箱のように、箱ですが、裏は真ん中に穴が開いていて、叩く面の裏にバネを張っています このカホンを作った時は、私が始めてでしたが、完成後は、人気で、何人もの人が作っていました ちなみに、カホンには、キューバ式もあります。カホン教室に1度体験教室に行ったら、そこの教室のカホンは、ラテン楽器のカホンで、たたき方もラテン音楽でした。どちらかというと、サンバみたいなカンジです 暁天先生のクラスは、カリンバ、カホンのほかに、オーストラリアの楽器のディジュリジュ(2005年 3月10日 アボリジニ文化に触れたを覗いてね ) 中国の楊琴の様な楽器やアフリカの木琴のマリンバなど作っていました。 カホンは木箱ですが、木工なんて、学生の家庭技術の授業の時間依頼で、のこぎりやトンカチなど慣れなくて大変でした 暁天さんを見たら、懐かしくて、カホンを眺めちゃいました 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

KOZUE BAR 28 ~ボジョレー ヌーボ 2006編~

2006-11-17 | Weblog
11月16日は、今年も〔昨年の11月18日 KOZUE BAR 3 ボジョレー ヌーボ編を覗いてね 〕ボジョレー ヌーボ解禁日。父親が私の為に、早速、購入してくれました 味は、若いってカンジです。ワインの横にあるのは、地元の成城石井にあったフロマージュ・ブランというフレッシュチーズです。見た目も味もヨーグルトみたいです。はちみつやジャムをかけてデザート感覚もお薦めというコメントがあり、はちみつをかけてみました チーズを買ったのは、前日の15日。成城石井では、解禁日にあわせてか いつもより、チーズ売り場が拡大してありました 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

気をつけなくちゃ・・・

2006-11-15 | Weblog
今日も、まつげパーマをかけに行ってきました ‘右のまつげの毛先だけばっさりないですよ~’と言われました まつげパーマをかけてもらっている間に考えたら、最近、ビューラーしてないし 原因がわかりました まぶたのあたりの毛剃りをした時だぁ~ その事を話したら、‘電動の毛剃りをする人だと、結構いるんですよ~。気をつけてくださいね。いつものトリートメント液をつけていれば、すぐに生えてきますよ’と言われて みなさんも気をつけてくださいね~ 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加