住職日記

光善寺の住職ken-shinが、光善寺での日ぐらしや思いを気ままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いつもの風景

2009-11-28 23:05:42 | 日記
今年も境内のイチョウが散り始めました。
光善寺の報恩講が11月22日・23日なので
ちょうど報恩講頃に見ごろを迎えます。
そして、報恩講を終わるのを見届けるかのように
はらはらと散り始めます。
諸行無常の世でありながら
このいつもの風景が今年も見られるということが、有難く思えます。

2歳半になった娘は、イチョウが散る様子を見て
「ピカピカー」
と言います。
あのピュアなまなざしには、イチョウの散る様子も
ピカピカに見えるようです。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 高座 | トップ | 大谷本廟にて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なつかしい風景です (chikai)
2009-11-29 20:00:47
今年の銀杏も美しく散ったのですね。
本堂の縁には干し柿も・・・
なつかしくてピカピカの風景です。
写真を載せてくださってありがとう!
なつかしく見せていただきました。
jikaiwさま (ken-shin)
2009-11-30 05:00:56
干し柿はTさんがつるしてくれたんですよ。
今はきれいですが
今からいちょうの掃除地獄が待っています…。
報恩講が迫ってますね。
皆さん身体に気をつけて下さい!
きれいですね (jikai)
2009-11-30 15:53:28
8年前、6ヶ月になった息子を連れて報恩講にお参りしたことを思い出します。
その時も、境内一面に敷き詰められた銀杏の、それはそれは美しい風景でした。
黄色い葉っぱを息子の頭の上から散らしてやると大喜びしていました。
もっとも、私は母になる前は、落ち葉を掃くように、手伝いなさい、といつも父から言われてたよなぁ。
jikaiさま (ken-shin)
2009-12-01 01:24:23
そうそう、Oさんばかりにさせずにやりなさい
と、いつも怒られてましたよね。
今年も僕が京都に行っている間に
きれいになってました。
住職失格ですね(^^ゞ

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事