住職日記

光善寺の住職ken-shinが、光善寺での日ぐらしや思いを気ままに綴ります。

石見でも直葬が増えそうです。

2013-05-02 13:50:55 | 日記
私のフェイスブックの書き込みより

今日は事情があってご葬儀が出来ない方のおつとめでした。いわば直葬のような形をとられ、ふるさとにお骨になって戻って来られたけど、葬儀はしないということだったのです。しかし、ご近所の中があの方にはお世話になったからと半ば自主的に集まられ、葬儀ではないのですが皆さんでお勤めをしました。
最近は直葬ということをよく聞きますが、故人と縁ある方々は最後のご縁を結びたいと思っておられます。たとえ直葬であったとしても縁あった方々が別れを偲ぶということを何か別の形で考える必要があると思いました。


この記事に対してのコメントです。

「たとえば、20歳で都会に出て50歳で親が亡くなられたら、田舎で暮らす父母の30年間の生活や近所付き合いはいくら子供と言ってもわからないですからね。ある意味、子供よりご近所との方が濃密なお付き合いなのかもしれませんし。難しいご縁が増えて来ましたね。」

「その形もまた、葬送の一つかなとm(_ _)m」

「日本人の生活の様式が変わって近所の付き合いとかが理解出来ていない方が増えているのでしょうね。
冠婚葬祭の手引き書にその辺りが、書かれると理解しやすくなると思います。何でも本やネットで調べて直接人間と相談しなくなりましたから、調べ先の方を変えておくと話が早くなるかもしれませんね。」

これからの課題でしょうが、変えなければいけないところと変えてはならないところをきちんと持っておくということが大切なのかなと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【石見の風景】 JR折居駅 | トップ | 【石見の風景】 温泉津町西... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事