住職日記

光善寺の住職ken-shinが、光善寺での日ぐらしや思いを気ままに綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビジョンを描く

2010-09-17 17:55:51 | 日記
今日は、光善寺が所属している温泉津組(※1)の会合がありました。
議題は、大まかに言うと、我々の未来のことについて議論しました。
そこで感じたことは、ビジョンを描く、ということの大切さです。
ふつう物事を進めようと思った時には、目標になるものを描いて
そうなるためには何をしていかなければならないのか
という手順で進めて行くのだと思います。
しかし、お寺の世界では、ビジョンを描いて進んでいくということが
あまりできていないように思います(私も含めて)。
伝統に乗っかり、変革を求めず、未来を思い描いては嘆くといった繰り返し。
これでは、ご法義(※2)が後世に伝わっていくことは難しいでしょう。
そういう意味で、今日の会合は、温泉津組のご住職方が
将来を真剣に語り合った会合となったと思いました。
嘆く前に、将来を描き、いま何ができるのかを考え
とりあえず実践していくことが大切なのではないでしょうか。
私はどうなんだ? と、自分に問われた会合でした。


(※1)浄土真宗本願寺派(西本願寺)の行政単位。行政でいうところの都道府県は
    教区といい、島根・鳥取両県で「山陰教区」となっています。
    市町村単位は、組(そ)といい、光善寺は「温泉津組」という
    行政単位に所属しています。

(※2)ご法義(ごほうぎ)とは、仏法の教義のこと。
    ここでは浄土真宗の教えという意味で使っています。
コメント (4)