フェアリーベル


ゴールデンレトリーバー小雪と暮らすなんでもない毎日。
小雪のおかげで我が家はまったり癒されてます。

2011年お盆

2011-08-16 23:04:19 | おでかけ



今年のお盆休みも、やっぱりおじいちゃんとおばあちゃんの家へ行ってのんびり過ごしました。
とうちゃんはお盆も休めず、母子家庭のかあちゃんと小雪
天気の悪いお盆でしたが、晴れ間に車で運動公園へ。



お昼の暑い時だったので、小雪はちょっとボール投げをしては、湿った芝生の上で休憩。
「アッチー!」


  

 

夜我が家に戻ると、海岸での花火大会。
家の窓からよく見えました。
小雪と二人で「たーまーやー!」小雪は大砲のような大きな音にもあんまり怖がってはいなかったみたいでした。

コメント

飼い主のきもち

2011-08-08 20:54:31 | 散歩

朝の散歩の公園で、今朝もまたボール投げをしていたら、黒ラブ キャンビー君のおとうさんから、「よくいうことをきくようになったね。苦労がよくわかるよ。」と声をかけられました。
生後3カ月の小雪が公園デビューをした時から、よく公園でお会いしていました。
キャンビー君は10歳でとてもお利口で可愛く、私にも小雪にもいつも優しく接してくれます。そのおとうさんも、ときどき小雪の様子を見ていてくれたんですね。
「いい子になったね」という言葉は、私の心をとても暖かくしてくれました。
素直に嬉しかった。

でも、小雪、私はほとんど苦労なんてしていなかったよ。
苦労なんて感じたことなかった。
必死だったし、小雪を見てるのが嬉しかったんだよ。
小雪はちっちゃな時から、ひとりぼっちで留守番だったけど、私も初めての犬との暮らしで、謝らないといけないこともいっぱいある「かあちゃん」だけど、よくぞ、グレないでこんな可愛い子に育ってくれたと思うよ。
ありがとう!小雪のことを考えていると、涙が出てきちゃうんだよ。

キャンビー君も室内暮らしだそうですが、家族の会話が全部わかっているんじゃないかと思えるそうです。
時には、これ以上喋っているとまずいんじゃない なんて思うことも。
年齢的にも、家の中からいなくなった時の寂しさを思うそうです。
私も、今から、小雪がいなくなるなんてことを考えただけで息が止まるような思いです。
でもおとうさんが言いました。
「避けては通れないことだから、考えてはおかないとね。でも、だからこそ、毎日楽しく一生懸命暮らすことだよね。」
そうですよねえ。
犬のきもち、飼い主のきもち、それぞれに思い合って一緒の暮らしを楽しみたいと思います。今を大切に…。


 
今も小雪は…やっぱり寝ています

コメント (2)

ぴったし1歳7カ月でーす

2011-08-07 20:35:56 | 散歩



小雪は今日でちょうど1歳7カ月となりました。
シャンプーへ行く前に、通りかかった芝生の公園に寄り道をしたら、またまた「ボール!ボール!」って目を輝かせます。
「朝の散歩でもボール投げしたよ。もうお日様も照って暑いしね。」となだめますが、「早くー」とにっこり。

 


「はいはい、5球だけね。」でボール投げ開始。

 

 



小雪は広くて気持ちいい芝生で、本当に嬉しそうにボールを追いかけては持ってきます。
あまりに可愛くて、5球だけのつもりが、8球、9球と…。
熱中症が怖いのでもうやめときました。

1歳7カ月、元気で育ってくれてよかったよー。
いつもいい子で、優しくて、一緒にいてくれてありがとう!
これからもたくさんボール投げしようっ!

コメント