小屋にて。

泳ぎ続けましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みなさんのおかげで40歳になりました!名場面!その2

2016-07-17 14:37:04 | 日記

7月14日 マルチピアニストの高瀬文ちゃんと
体に優しいお菓子作り"fil"のえみちゃん。


7月14日 女子より乙女度高いです、
ゲンジクルーニーちゃん&服部さん。
服部さんは、7月24日高円寺に"とらんぽりん"というライヴバーをオープンします!



7月14日 名(迷)プロデューサー、佐々木二郎さん。



7月14日 大きな優しさで包んでくれる、つるうちはなちゃん。


7月14日 奇才、天才、ぶっとびamamoriちゃん。


7月14日 大口沙世ちゃんと野球部結成。



7月14日 野球部入部希望、原裕樹さん&歳星さん。



7月14日 お酒大好き、forestmanさん。



7月14日 とってもキュートなフレグマ村上さん。



7月14日 酔いが醒めました、forestmanさん。



7月14日 いつもおだやか、歳星さん。



7月14日 コイバナの時は阿佐ヶ谷に緊急集合する3人です。



7月14日 テキパキした3人娘、
文ちゃん&ゆっきーちゃん&クルーニーちゃん



7月14日 残ったみんなで記念撮影!



7月14日 最後は大いに盛り上げてくれました、
いつも最高、おおくぼん。


若干、クルーニーちゃん多めでお届けいたしました。

写真を撮れなかった方々も本当にうれしかったです。ありがとうございました!
これからもよろしくお願い致します。



2016年 7月13日&7月14日
みなさんのおかげで40歳になりました!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みなさんのおかげで40歳になりました!名場面!

2016-07-16 17:44:42 | 日記
13日も14日も、バタバタとしてしまい、
写真を撮れなかった方もたくさんいるのですが、
最後まで残ってくださってくれた方々との名場面をちょこっとだけ、紹介します!


7月13日 最後はみんな日本酒で乾杯!
弥勒のマルさん&由弥さん&まったりーフッカーさん&カノミさん



7月13日 一番怖い顔で!五寸釘さん&石塚あきらさん



7月13日 日本酒を呑みあう仲良し2人 弥勒のマルさん&由弥さん

 

7月13日 素晴らしいピアニストに囲まれて幸せ。シモシュさん&高井息吹ちゃん



7月14日 仲良し二人組、ゲンジクルーニーちゃん&赤木勇司さん



7月14日 二人を見てると癒されます、小山ひとみちゃん&トモクロウちゃん



7月14日 めちゃくちゃかわいい二人です、都ちゃん&kasumiちゃん



7月14日 昔からずっとお世話になっている、babaリズムちゃん&らいさん



7月14日 こちらも大好きなみなさん、
花本麻里絵ちゃん&都ちゃん&ゲンジクルーニーちゃん&原裕樹さん
クルーニーちゃんの手にご注目!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みなさんのおかげで40歳になりました!

2016-07-15 23:46:57 | 日記
私事ですが、7月14日にて。
無事に40歳のお誕生日を迎えました。

7月13日、14日に開催させていただきました、お誕生日オープンマイクパーティーにて、
演奏くださったのはなんと52組の皆さま!
たくさんの音を聴きながら、心から幸せな気持ちいっぱいで、40代のスタートを切ることができました。

歌ってくださった皆さま、いらしてくださった皆さま、
本当にありがとうございました!

特に14日は豪雨で外に出るのも大変な中、
駆けつけてくださった皆さまに感謝いたします。

いつもはカウンターから眺めている皆さまのステージを。
この2日間はお客さまと同じ、フロアで、
しかも、最前列で、聴かせていただきました。

ステージを間近で観ると、ものすごい迫力。
客席に飛んでくる、ものすごいエネルギーに私は釘づけ。
改めて、演奏者、表現者の方々ってすごいなぁと思いました。

最前列、いいなぁ。

音のバランス、という点では真ん中や後方もおすすめですが、
アーティストのエネルギーを浴びたい!という方には
ぜひ一度、最前列にお座りいただくことをおすすめしたいです。


当日、私は白いシャツに、黒いベストと黒いスカートという服装で参加したのですが。

なぜ、そのような恰好をしていたのか、
最後にお話させていただく予定だったのが、
終演が24時近く、という長丁場だったため、あたふたと終了してしまいました。

終演後に「その謎の恰好は何だったの?」と聞いてくださった方が
いらしたので、ここでお話してみます。

「銀行員?」「OL?」
いろいろとご質問していただいた服装ですが、
正解は「バーテンダー」。

ネクストサンデーを始める前、
バーテンダーとして働いていた時の制服を着ていたのでした。

私は元々会社員でしたが、どうしても仕事に打ち込むことができずに
ただただ、会社にいる時間を消化していました。

何事も一生懸命やらない、というのは気持ち悪いもので、
私は就職してから ずっと むずむず していました。

漠然とした むずむず を抱えながら暮らすうちに
自分の中に沸き起こる "情熱の塊" みたいなものをコントロールできなくなり、、
行き場のないエネルギーはお酒へ一直線。

仕事後はライヴハウスやバーへ行っては
浴びるようにお酒を呑む日々。

いやはや、あの時代は本当によく呑みました。
朝の8時まで呑んでそのまま出勤、なんてこともしばしば。
ダメな社会人だったのです。

ある夜、バーで呑んでいる時。

友人が

「マグロって止まると死んじゃうんだって」

と言いました。

深い意味はなく、話してくれた言葉でしたが
私にとっては衝撃で、

「そうか!それだ!止まっていたから駄目だったのか!」

と、腑に落ちて、私はすぐに会社に辞表を出し、
バーテンダーを目指しました。

「バーテンダー」という職業はまだ若かった私には
想像以上に難しい仕事でした。

バーにもいろいろな種類がありますが、
正装をしてお客さまをお迎えするバーというのは、
お客さまもただ呑みに来るわけではなく、
バーテンダーと話をしに来ます。

仕事の話、経済の話、恋愛の話、お酒の話。
聞いてほしい人、話して欲しい人。
真面目に話したい人、くだらない話をしたい人。

聞いたことのない言葉が飛び出すことも多く、
自分の勉強不足を痛感することも多々ありました。

たくさんの恥をかきながらのバーテンダー生活でしたが、
来てくださったお客さまが喜んでくれるということが
こんなに嬉しいのか!という驚きと喜びが日々の中に
あふれていました。

そこから、いくつかのお店を転々として、
ネクストサンデーにたどり着き、この場所で10年以上の時が過ぎました。

今でも自分の至らなさを痛感する日々ですが、
帰り際に 来てよかった と思ってもらえるような時間を作りたい、という思いは
まったく変わらず、それが私の原動力となっています。

今回、ご参加いただいた皆さまは
音楽はもちろん、人として大好きな方々ばかり。

幸せな気持ちになってもらいたい、と思いつつ、
いつも幸せにしてもらっているのは私の方だなぁ、と
パーティーの最中に何度も感じました。

本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいですが、
そこに甘えず、少しずつでも恩返ししていけたら、と思っています。

もうバーテンダーの服を着ることはないかもしれませんが、
これからも 初心を忘れず、驕らず、さぼらず、
あの時と同じ気持ちで 背筋を伸ばして 心地の良いお店を作っていきたいなぁと思います。

皆さま、本当にありがとうございました。

感謝を込めて。
keep on swimming

2016年7月14日


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする