小屋にて。

泳ぎ続けましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クレヨン

2015-10-22 12:34:30 | 日記
クレヨンは何色が一番減っていますか?

と聞かれて。


自分のクレヨンを確かめてみると。


黄色が一番減っていた。


以前、使っていたものも黄色だけが無くなってしまい、
今年、新たに新調したものだったけれど。


やっぱり、すでに
黄色が一番減っていた。


黄色いものや黄色い服は全然持っていないのに。
何かを塗ったり描いたりするときは
黄色ばかりを使ってしまうなぁ。


私にとって、元気をもらえる色なんだろうなぁ。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ボルダリング

2015-10-20 15:31:36 | 日記
ジェットコースターついでに、
初めてのボルダリングにも挑戦。

色とりどりのホールド。
きれいだなぁ。
観ているだけでワクワクしてくる。

初心者ですと伝え、スタッフの方に説明を受ける。
私のような初心者は、まず持つところだけが指定されているコースを
登るところから始めるのだそう。

足は好きなところに置いていいというので、
なんだか出来そう、と軽い気持ちでいざ挑戦。

あら、あらら。
まず、両足をホールドの上に乗せることができない。
指定されたホールドを両手で持ち、
左足を好きなところに乗せ、右足を上げようとするものの
足が全く上がらない。

イメージでは、するっするっと登れるはずだったのに
始まりのポーズすら出来ない。

こりゃ、参ったと、
まず、最初のポーズになる練習。

周りの人を観察しながら、やっとこ手足全てが
ホールドの上に乗る。

最初のポーズができると、なんとなく力の入れ方が分かり
よろよろしながら、頂上にたどり着いた。

身体の使い方、なんだろうなぁ。

何回も登って、疲れてくると、なかなか次の一足が進まない。
ホールドを握る手にも力が入らなくなり、
あぁ、途中だけど降りたい、、という気持ちがこみ上げてくる。
これはまさに精神との闘いです。

徐々に指と腕がブルブルしはじめ、今回は2時間で終了。

身体はブルブルしているけれど、
無心で登ったせいか、気持ちがとてもすっきりしている。

これは癖になりそう。

奥の方の激しい面にはいけそうもありませんが、
初心者コースでのんびりと、また来ようと思います。



こちらは上級者コースの壁







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジェットコースター

2015-10-19 23:23:34 | 日記
今日は1ヶ月ぶりのお休み。

身体を休めたい気持ちもあるけれど、
思いっきりリフレッシュしたいなぁと思い、
ジェットコースターに乗りにいく。

周りの友達からは

何が楽しくてジェットコースターなんて乗るの

と言われることが多いけれど。



これが本当にすごい。

ゆっくりゆっくり てっぺんまで登っていく間、
恐怖心でドキドキが止まらなくなって、なぜ私はこんなことをしているんだろう、と毎回少し後悔する。

けれど、始まってしまえば、ひたすら大きな声で叫び、わめき、
最後は笑いがとまらない。


あまりのスピードで、まったく頭の中で何かを考える余裕がない。
たったの1、2分くらいだけど、こんなに何も考えない時間というのは、意外とないかもしれないなぁ。


そして、とっても不思議なことに。


ジェットコースターを降りた後というのは
毎回、不思議なくらい、体が軽い。

ゆっくり休んだみたいに体が軽くなっているのだ。

これは本当に不思議。


たくさん、叫ぶって体に良いことなのかもしれないなぁ。

興味がある方は是非お試しを。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ある風の強い日

2015-10-16 02:16:30 | 日記
風の強いある日の夕方。

駅へ向かって歩いていると、
通り沿いにずらっと並んでいた自転車が強風にあおられ、
目の前で、ばたばたっと倒れた。


あらまぁ、、立て直そう、と近づくと
同時に、近くを歩いていたおじいちゃん、二人組の小学生、茶髪のお兄ちゃんが
自転車に集まってきた。


みんな無言で、それぞれ倒れた自転車を持ちあげ、
元のように戻すと、無言でまた歩き始めた。


なんでもない出来事なのだけど、
みんなが黙々と自転車を起こしていた姿が
なんだかとっても印象深くて、駅に向かいながら、
一人でくすっと笑ってしまった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする