AWA@TELL まいにち

愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。

言葉とマナーと

2019年01月10日 | 日本語教育
学習者さんとの信頼関係ができたら、もう少しかなあ、今の1年生が2年生になったら、少し口を出そうかと思っているのが、言葉遣いとマナー。

治せ、というのではなくて、その言葉遣いとマナーが、他からどう見られているのか、ということをはっきり伝えたい。


授業中や、授業初めのあいさつのときに着帽したままであったり、

昨日は、ガールフレンドの写真を見せてくれたけど、「先生、俺の女、見る?」というのは、やっぱりまずい。


前にも書いたけど、周りの日本人が彼らに対してどのような態度で接しているのかが如実にわかる。

ガムを噛みながらしゃべるのも、きっと、そういう日本人がいたから。


信頼関係がない中ではなかなか指導ができなくて、一朝一夕にそんなものができるわけもなく、お手伝いに行く時間を増やせないか、と思案中のこの頃。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フリガナの功罪 | トップ | 訪ねてくれてありがとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本語教育」カテゴリの最新記事