コブちゃの時どき日記

鉄道や あれこれ、時々つぶやきます。

今日の一枚 3/31

2015-03-31 22:06:15 | 嵐電
3月31日(火曜日)
嵐電です。
昨日と今日の暖かさで、あちこちの桜が一気に咲きました。なのに 明日から雨のようなので、カメラを持って『高雄口の桜のトンネル』へε=ε=┏(・_・)┛
こちらの桜も満開でした。18時前でしたが、日が長くなったので なんとか撮れそうです。
年々 撮影者が増えてきて、昨年は警備の方がいながらも 線路の近くまで行けましたが、今年は昨年迄より線路から離れた所で 近寄れないように規制されるようになりました。



カメラの設定が違ってました(--;)
今日は この3両で、北野白梅町~帷子ノ辻 間を往復していました。
コメント

今日の一枚 3/27

2015-03-28 02:31:00 | 鉄道
3月27日(金曜日)
金曜日は、仕事で 向日町まで行く日です。
貨物列車の情報を見ると EF66が走っているようなので、以前に目星をつけておいた場所に寄りました。
遅れが出ているのか 予想した通過時刻になっても来ません。
少し待っていたら『レッドサンダー』が現れました。これはこれで嬉しい(^^)
速い!
近い!

間近で迫力ありました。
『ゼロロク』は諦めて 撤収です。
仕事を済ませて 帰り道、向日町駅近くで 少し様子を伺おうと いつもの所に寄ると、
なんと 「いきなり 来ました!」EF66-52号機です。

やはり 遅れていたようです。
満足して車に戻り、踏切を待っていると『青ゴトー』が目の前を通過して行きました。惜しかった(-_-;)

午前中の出来事でした(^^)
コメント

車庫巡り(『桃太郎』編)

2015-03-27 20:42:17 | 鉄道
普段からよく見るEF210『桃太郎』ですが、
北方貨物線で、本当に沢山見たので まとめてみました。
148号機
101号機(ムド付き)
168号機
104号機
16号機
14号機
3号機
146号機
15号機
17号機(フルコンの列車です)
これでもまだ、移動中や油断してて撮れなかったのもあります。
こんなところです(^_^)

そして(『鉄蓋』編)
大阪市カラー バージョンです
吹田市もカラーがありました
以上です。
コメント

車庫巡り(後半)

2015-03-26 20:26:44 | 鉄道
次に来たのは こちらです

まず目にしたのが
です。
その横に 3機並んで、一番後ろに『ゼロロク』が。

回り込んで見ると、ナンバープレートが外されていました。

こちらは、全部違う種類です

少し移動した ここからも、いろいろ見れます

昔の『貨車』

おもちゃ箱を見たような楽しい気分で、こちらを後にしました。
岸辺駅で電車を待っていると
EF66-26号機が来ました。動いてる『ゼロロク』です\(^o^)/

続いて EF510-2号機。

乗車する電車が来たので、島本駅に移動です。
EF64が来るかと期待したのですが 残念ながら来ず、私はここまでに。メタボメタラーさんは もう少しあとの『青ゴトー』を待たれるという事で、ここで解散しました。
楽しい一日でした(^-^)

そして帰路、
乗った電車が京都駅に差し掛かると、貨物列車が並走していました。
先頭車に乗っていたので、到着して直ぐに ホームの端から『ローピン81』ケツウチです


メタボメタラーさん。今回も、一日中 お付き合い、ありがとうございました。
コメント

車庫巡り(前半)

2015-03-25 19:04:50 | 鉄道
3月22日(日曜日) 晴れ
宮原操作場に『トワイライトエクスプレス』の客車が 帰ってきてるという事で、
今回も、仲良しのブロ友さんの メタボメタラーさんに連れてもらいました。

先ずは 待ち合わせ場所で暫く撮影し、メタボメタラーさんお薦めの新しい撮影ポイントへ移動しました。
ムド付きの貨物列車です。

そして 再び移動して、
宮原操作場が見渡せる場所へ

『トワイライトエクスプレス』の客車が並んでいます。最後の運行を終えて、こちらに帰ってきてすぐには 3編成あったのですが、1編成 移動されて2編成になっていました

場所をかえると、その移動された編成が、ロイヤルスイート車と食堂車を切り離され置かれていました

切り離された2両は 梅小路に新しくできる『鉄道博物館』に展示されるそうです。

操作場を見ながら、てくてく歩きます。使われなくなった転車台

北方貨物線の踏切に来ました。
『サンダーバード』の回送

『サメ』

『桃太郎』が牽くコンテナ貨物列車。 ぎっしり満載です。

そして『レッドサンダー』

これで、駅に戻りました。宮原操作場を ぐるっと一周したことになります。
駅のすぐそばの踏切でも。

まともに切られています(--;)
そして、電車に乗って 次の目的地へ向かいました。
続く...
コメント