民主党による人災、2010年・口蹄疫問題を考えるブログ

民主党による人的災害、拡大の一途を辿る口蹄疫について考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

危機管理意識の全く無い民主党

2010-05-19 22:47:37 | 日記
今日の外務委員会で小野寺議員が良い質問をしていました。

赤松の外遊の目的を看破しています。まあ、最初から判っていた事ですけれど、議事録に残す事も大事な事だと思いますので。

つまり、赤松はカストロ議長に合いたい、それだけの為に、自らの自己満足の為だけに宮崎の農家を見捨てたというわけです。

外務委員会なので赤松はこの場にはいませんでしたが、外務省の政務三役も言い訳に終始しています。

社会主義の先輩であるカストロに会う事の方が口蹄疫より大事?

コメント   この記事についてブログを書く
« 宮崎県が非常事態宣言 | トップ | 避難中の種雄牛も口蹄疫に感染 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事