民主党による人災、2010年・口蹄疫問題を考えるブログ

民主党による人的災害、拡大の一途を辿る口蹄疫について考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮崎県が非常事態宣言

2010-05-19 00:17:09 | 日記
ついに殺処分頭数が11万を越えてしまいました。ここにきて更に拡大のスピードが上がっている気がします。とても心配です。
この状況を受けて宮崎県は非常事態宣言を発令しました。

今週からかなり報道が増えた気がしますが、どうも気になるのが県の責任をことさら主張するかの様な報道が多い気がします。3月に検査をすり抜けただの見逃しただのと。

ここはハッキリさせておかなければならないのは、3月に見逃したからここまで拡大したのではなく、

口蹄疫の発症が確認された後、民主党が何も対策を打たなかったからです。

3月にもし見逃したとしても、1例目発症からちゃんと対策を打っていたらこんな事にはなっていません。


酷い報道になると、10年前は弱毒で今回は強毒だとか言う報道が有ることです。

よしんば10年前よりも強毒になっていたとしても、民主党に対する弁護にはならないし、ならばもっと積極的に動いてなければならない筈なんですけどね。



本日農水省の専門家委員会が行なわれました。
そこではワクチンの使用を検討すべき時期に来たと考えられると言う提言があったようです。

ワクチンを接種した家畜は市場に出せないので殺処分しないといけない、予算が莫大にかかる、感染の経路が掴みにくくなる等のマイナスがありますが、もうこの辺りが限界と言う様な気がします。
これだけ被害が拡大し、現場の人達も徹夜の毎日だと思います。

これ以上は人間の方が次々と倒れていってしまうのではないでしょうか。

自分としては決断するべきではないかと思います。

コメント

「口蹄疫問題」 江藤拓衆議院議員に聞く

2010-05-17 23:11:27 | 日記
現在口蹄疫の問題について、奔走されている江藤議員のインタビュー動画です。

1週間ほど前のインタビューらしいですが、種牛の事にも触れていますが、江藤議員の予測している最悪の結果になっている感じがします。

「口蹄疫問題」 江藤拓衆議院議員に聞く
コメント

口蹄疫報道

2010-05-17 22:43:16 | 日記
今日辺りから報道が少し増えてきたようです。民主党からGoサインが出たのか、種雄牛に被害が出て、もう隠し切れないと踏んだのかわかりませんけどね。しかし、まだ政府の責任について言及が少ないなあと、今回は確実に人災なのにそこを避けては通れないはずなのに。参院選前で民主党のマイナスになることは報道したくないという事なのか。
それともこんなおいしい政府叩きネタは、米軍基地の問題の後にとっておこうと考えているんでしょうか。
それはそれで問題ですけれどね。


今日、赤松抜きで対策本部が建てられました。
鳩山首相が本部長となった様です。こんなコメントを残しています。
「今、申し上げましたように農水省を中心に自衛隊、防衛省なども対応してまいりました。
そのときにわれわれが考えてきたのは、これは現地もそうだが、いわゆる風評被害というものが、
必要以上にさまざま、風評がたつと、そのことで、農家の方が大変困られるという状況があった。
したがって政府として、それぞれ必要な対策を講じておりましたけれども、政府の対策本部という形で、
立ち上げるのではなく、まずは関係の省庁の間の連絡会議で、十分にことを運んできたと思っています」

「ただ、やはり、ことの性格上なかなか万全を期していながら、
感染が広がりを拡大をとめることができていない現実があります。
したがって、風評の被害というもの以上に、正確に県民のみなさんがた、
国民の皆さん方に事実を知っていただくことがより重要だという判断をいたしました。
したがいまして、政府として対策本部を立ち上げることにいたしました」


もう色々とずれたコメントだと思いますが、何とか出来る限りの対策をとてほしいものです。さすがに赤松よりはマシでしょう。

そして赤松はこの土日、この期に及んでまた地元で選挙応援していたようです。こいつはほんとに・・・

コメント

【口蹄疫】政府とマスコミの欺瞞

2010-05-16 23:13:47 | 日記
殺処分頭数がついに8万を越えてしまいました。

そればかりか、日本の牧畜の宝である種雄牛にまで感染が広がってしまいました。松坂牛や神戸牛なども、半分くらい宮崎の種牛の子らしいです。
50年かけて品種改良を加えて作り上げてきた、日本の農家の英知の結晶。国宝といって差し支えありません。
宮崎県の家畜改良事業団の種牛55頭中49頭が口蹄疫に感染していました。残りの6頭は13日~14日にかけて、制限区域外の西都市へ非難させました。しかし、この6頭も感染している可能性は否定できない所だと思います。かなり悲観的な状況です。

事は宮崎や九州だけでは収まらなくなってきました。まさに日本の畜産の危機です。絶滅の危機と言ってもいいでしょう。

しかしこの危機において、この問題のガンであるマスコミ、民主党は責任逃れに労力を傾けている始末。国会でも、何とか宮崎県も対応がよろしくなかったんだよと遠まわしに言っているような答弁が見受けられます。

今日のテレビでは、獣医にも責任をなすりつけようとしています。
          ↓
【口蹄疫】赤松批判せずに獣医さんのせいにするマスゴミ!


この岸井という男は、金輪際ジャーナリストを名乗るべきではない!民主党応援団とはっきり名乗るべきだ。


BSEの時、検査でBSEを見逃してしまった獣医師をマスコミがこぞって吊るし上げ、自殺にまで追い込みました。検査というものはそう簡単なものではないはずで、ある意味仕方が無い部分も有ると思うのです。
そのような前例があったにも関わらず、獣医師の方々は宮崎へやってきました。宮崎の日本の農家の為に。ほんとに素晴らしい方々だと思います。
こういう人達を国士と言うのだと思います。



口蹄疫の被害がここまで拡大したのは、政府と政府を守る為に何も報道しなかったお前達マスコミの責任だ!
コメント

こいつだけは許してはならない。赤松広隆。

2010-05-13 23:12:05 | 日記
本日の農林水産委員会です。

この赤松という人間だけは、本当にどうしようもない奴だと思いました。
口から出てくる言葉は全て言い訳と嘘。肝心な対策についても全くと言っていい程ちゃんとした答えが返ってきません。

ずっと現場で頑張ってきた議員に対し、「自民党議員の同席は認めたが、発言は許していない」「参院戦目当てか」などと暴言を吐いた事など。こんな人間が大臣をやっていることがそもそもおかしいだろう。愛知5区選出です。次の選挙ではこいつだけは絶対に落とさなければならない!


現場に飛んでいる、自民党の議員の話を聴くと現場がいかに酷い状況なのかが伝わってくる気がします。

しかし、未だ処分にかかった費用の全額補償の確約は取れていません。


5.13 農林水産委員会 古川禎久(自由民主党・無所属の会)


2010/5/13参院農水委・松下新平((自由民主党・無所属の会)


2010/5/13参院農水委・野村哲郎(自由民主党・無所属の会)




この質疑だけで、こいつはホントに何にもしていないんだなということが分かります。本気で腹が立ちます。まったく仕事をしていません。農水大臣が農林水産行政について全くわかっていないし、勉強もしていない事が良くわかります。




ジャーナリストの青山氏が関西で口蹄疫の問題を触れました。
10/05/12 ニュースアンカー青山のニュースDEズバリ!


コメント