幸彩学習塾 オフィシャルブログ

いただきもの

今年も早いもので2週間が過ぎました。
新年が始まってからのこの2週間、
生徒の皆さんやスタッフの方から、
お土産などをいただきました!
皆さんありがとうございます!

年のはじめからいろいろなものをいただけるなんて、
今年はなんだか幸先がいいぞ!
なんて勝手に思っています(笑)


⬆生徒さんのお姉さんの手作りなんだそうです。お店に並んでも良いレベルでしたよ。


お土産を始めとするモノを贈る文化って、
私はとてもいい文化だなあと思っています。
あげる方ももらった方も笑顔になれる、
それが贈り物文化なのかなと思います。

でも贈り物の文化はモノが介在しなくても、十分に素敵だと私は思います。
贈る"モノ"はなくても、心をお裾分けする、
そんなこともできるからです。

ちょっとした声かけや思いやり、
それだって立派な贈り物だと思います。
ときに本当にその人のことを思うなら、
その言葉は時に耳障りのいい言葉ではないこともあるかもしれません。
でも、その人に対する思いがこもっているならば、
それもまた、立派な贈り物だと思います。


⬆帰省した生徒さんからのお土産。ありがとうございます。


心配という言葉は"心を配る"と書きます。
ある意味、心配することとは"贈り物"をすることと同じなんだろうと思います。
優しい言葉、厳しい言葉、いろんな言葉があると思いますが、
そこにその人を思う気持ちがあるのであれば、
それもまた立派な贈り物になるのだろうと私は思います。

さて昨日で私立高校入試まであと1週間となりました。
どんな言葉を贈り物として受験生に贈るか、
贈り主としての私の力量もまた試されているように思います。
みなさんが前向きに入試と向き合えるように、
私も一人の言葉の贈り主として、
皆さんとも向き合っていこうと思います。


⬆ティータイムにもってこいのお菓子でした。ありがとうございます!


よろしければ、クリックをお願いいたします!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「日記・エッセイ・コラム」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事