幸彩学習塾 オフィシャルブログ

埼玉県久喜市にある幸彩学習塾のオフィシャルブログです。 日々の塾での出来事を綴ります。

4月22日

2021年04月22日 16時26分27秒 | 日記・エッセイ・コラム
1年前の2020年4月22日、
この日は当塾がZOOMによるオンライン授業を始めた日です。
去年の今日、不安を抱えながらスタートしたオンライン授業。
それまでのYouTubeによる配信授業に加えて個別授業をオンライン化した双方向授業としてスタートし、
その後、5月末までは全授業オンラインで実施し、一斉授業など一部は断続的には7月までオンライン授業が続いていきました。

そしてあれから1年。
新型コロナウイルスは、私たちの日常を大きく変えながら、今も状況は一進一退。
大阪や東京では再び緊急事態宣言という話も聞こえてきています。
誰もが経験したことのない新型コロナウイルスウイルス蔓延という状況。
いま私たちは、「答えのない世界」に放り込まれたといってもいいのかなと思います。



もともと、いつかはこのような答えのない問題に取り組む時代が来るということは予期されていました。
そのような時代を「VUCAな時代」と呼ばれ、こういった社会を生き抜くための知識や思考・生き方を学ぶ、そんなことを掲げた高校も生まれてきました。

答えのない問題を解く時代が来るということはもともと予期されていたことではありましたが、
もう少し先の未来、まだ先の未来のことだと思われていたのも事実です。
ところが、このコロナの影響でそれが早まり、今まさに答えのない時代に突入した、そういってもよいのかなと思います。

「答えのない時代」ですから、絶対的な正解がありません。
コロナの問題でも、どうしたら終息するのか、人によって意見も違うし、取ろうとする手段も違ってきています。
そのような時代に大切なのは、「自分なりの答え」を持つことだと思います。



そんな時代だからこそ、知識や知恵が自分を助けてくれます。
「答えのない時代」でも、知識や知恵は絶対的に必要な要素の1つでしょう。
ただ今までは、そこまでしか求められていなった。
しかしこれからは、その知識や知恵を使って、自分なりの答え(行動)を導いていくこと、それが大切なことになってきました。

絶対的な正解がないのであれば、信じることができるのは己だけです。
今までの身に付けた知識や知恵をフルに活用して、
未来の自分が進むべき行動を導いていく、
言い換えれば、自己の責任が大きくなっていく時代でもあると思います。

そんな時代だからこそ、自己肯定をする気持ちも大切だと思います。
自分を信じて行動すること、
間違えたら引き返せばいい、
間違いを恐れて、決断が遅れて、何もできないまま終わるよりも、
少しでも前に進んでいく
そういう、自分を信じる力を育てていくのもまた、
これから必要になってくることの1つかなと思います。

コロナによって日常生活は大きく変わりました。
まさか自分がYouTubeやZOOMを使って授業をする日がくるなんて思ってもいませんでした。
でも、これから先は「思わぬ」とか「予想外」ということが多く生まれてくる時代でもあると思います。
そのときに、自分に自信を持って進めるだけの自信と知識・知恵を身に付けておきたいものです。

【参考】
VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、現代の経営環境や個人のキャリアを取り巻く状況を表現するキーワードとして使われています
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 親子とはいっても… | トップ | 塾からのお知らせ【4/23版】 »