人は精神から老いていく。 ねえ、何歳から老人というんだろう。新しいシニアを目指して素敵に老いる力を

新しいシニアを目指して素敵に老いる。高齢社会というけれど、高齢者が何を考えているかわかりますか?老いる力と幸せを考える

こころの錦

2019-11-29 06:20:00 | 高齢文化 高齢者の学び シニアライフ

シニアの気持ちと青年の気持ちとの間にはミゾがあるか、と問われると、「ミゾはある」と答えよう。


どんなミゾか、と問われると、「山を登って行く人と山を下って行く人の気持ちの差だ」と答えよう。


その差はどんな差か、問われると、「見えている風景の差」「見ようとする風景の差」だと答えよう。



いくつもの日々を重ねて花は花になる


いくつもの場面を通って人は人になる


今ある花も


今いる人も


みんな輝きたいと願ってここまで来た


今日も小さな決意を新たにして


あなたらしく、自分らしく、素敵に


一所懸命生きていこう
(くろほとき)



私には


「ぼんやりわかっていること」がある


花が咲いた時の愛しさ


胸底に居座る苦しさ


脳裏をかすめていく想い


そういう


「ぼんやりわかっていること」を


私自身の言葉にして


あなたに伝えたい


一瞬でもいい


あなたと想いを共有したい
(くろほとき)



今日も訪問ありがとうございます。


「ぼろは着てても こころの錦」っていう歌があったよね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« そのシニアは、いつも若い | トップ | いい夢みようぜ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kumamotosetatwo)
2019-11-29 10:25:25
山の例え、\(^_^)/なるほどと思いました。
Unknown (koureibunka)
2019-11-29 12:04:00
@kumamotosetatwo 登る風景と下る風景。頂上では何が見えたんだろう。

コメントを投稿