横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

ジョン・コルトレーンの5枚組。

2013-01-31 | 音楽
新星堂の担当者に「在庫限り!」と言われたJ・コルトレーンのアトランティック・レーベル時代の5枚組を1500円(超安っ!)で購入。M・デヴィスのバンドを脱退してからの、1960年前後の演奏です。「Giant Steps」、「My Favorite Things」、「Bags & Trane」などの代表的な名演が、オリジナル・ジャケットに収められています。個々には持っているCDやレコードばかりですが、改めて時代の流れとして聴き直すには絶好の5枚組。一緒にプレステージ時代のM・デヴィスの5枚組(やはり1500円)も購入。学生時代からいろいろ聴いてきましたが、この頃の両雄の演奏が一番のお気に入りです。
Comment

便利な防犯グッズのスグレモノ。

2013-01-30 | TV番組
外出する時に鍵を掛けたかどうか心配になりますが、NHK「おはよう 日本~まちかど情報室」で紹介された「チェッキー」(写真)なる商品は便利に使えそうです。普段、使っている鍵にこれを被せるだけで、施錠したかどうかを小窓の色で確認できるアイデアグッズ。また、玄関ドアの覗き穴は外部からも見えるので不安ですが、内部からマグネット式のグッズで覆ってしまう簡単な「玄関ドアネームスタンプ」。商品名の通り取り外せば印鑑になっているので、宅配便などの受け取りにたいへん重宝!。いずれも通信販売で購入可能だそうです。
Comment

全編白黒映画の中の唯一の色彩!。

2013-01-29 | 映画
先週のWOWOWシネマで、往年の名作~黒澤明監督の「天国と地獄」(1963年)をじっくりと~。誘拐犯との駆け引きなど、スリリングなストーリー展開で2時間30分~アッという間でしたが、当時の横浜や鎌倉などの風景が、白黒画面にしっかりと残されていて、違った意味で興味深い映画でした。特に伊勢佐木町裏にあった根岸屋の喧騒、きれいになってしまった黄金町・初音町の麻薬街、鎌倉の旧型江ノ電の走る風景などなど~。でも、身代金を詰めた鞄の中に入れた燃やすと赤い煙がでるシーン(写真)~全編白黒画面の中の唯一の色彩!。印象的ではありましたが、そんなにするほど必要な効果だったのでしょうか。
Comment

京急百貨店前に「熊本城武将隊」。

2013-01-28 | 散歩、横浜
京急上大岡駅前を通り掛かったら「熊本城おもてなし武将隊」の勇ましい演技!。明後日(29日)までの京急百貨店で開催されている「大九州展」のPRでした。この武将隊は加藤清正公生誕450年を迎えるにあたり、昨年7月に結成されたばかり。各地の名城には「信州上田城おもてなし武将隊」など、観光客をもてなす若者が頑張っていますが、こうした全国の武将隊が一堂に終結する「天下一決定戦」が、2月16日(土)と17日(日)に名古屋の中部国際空港や名鉄ホールなどで開催されるそうです。「歴史ブーム」もいよいよ盛り上がってきたようです。
Comment

今年も咲いた窓辺のミニ胡蝶蘭。

2013-01-27 | 散歩、横浜
3年前に戴いたミニ胡蝶蘭に、今年も小さな花がひとつ咲きました。日当たりの良い窓辺に置いて、たまに少し水やりしてるだけなのに~。それでも少しづつ春を感じてきているのでしょう。これからの人生~こんな些細なことにも心動かされる毎日になるのでしょうか。因みにミニ胡蝶蘭はアジア熱帯・亜熱帯地域の原産で低温にも強く(原則として15℃以上)、多湿を好むので日本の家庭でも栽培が可能だそうです。
Comment

蟹しゃぶと毛蟹コースを堪能!。

2013-01-26 | 呑み処
魚市場といえば、寒いこの季節は蟹!。家族ぐるみでお世話になった「蟹風船ランドマークプラザ店」が、明日(27日)閉店してしまうので、ご馳走になってきました。蟹しゃぶと毛蟹など、北の恵みと懐石料理を味わい尽くして満足、満腹!。話を聞くと、このゾーンの店はほとんど撤退するとか~。家賃その他、諸々の問題があるのでしょうが、たいへん残念です。最後に味わった「八海山泉ビール」。爽やかな香りの新潟県南魚沼の酵母入り地ビールです。ご馳走さまでした。転勤になるという店長、お元気で~!。
Comment

賑わいをみせた横浜港町魚市場。

2013-01-25 | 散歩、横浜
JR関内駅と横浜市役所の間にあるこの石碑。港方面への散歩の時に、いつも気になっていましたが、明治7年(1874年)に生鮮食品などを扱う市場があった場所だそうです。開設の許可を得たのは横浜の名士・高島嘉右衛門。「高島町」など同氏に因んだゆかりの名前が横浜には数多く残っています。当時のこの辺りは近くに川が流れ、物流にも便利で賑わいをみせたことでしょう。後に市場は昭和6年(1931年)に新設された神奈川区の中央卸売市場に移ったようです。この石碑の碑文は元横浜市長の飛鳥田一雄氏。
Comment

人々が行き交うホテルは人生の縮図。

2013-01-24 | 映画
昨日のNHK-BSプレミアムの映画は「グランド・ホテル」(1933年/アメリカ)。この作品は見ていなかったので、リアルタイムで拝見しました。限定された空間で起きる事件を描いた「グランド・ホテル形式」の原点。この映画のヒットから空港・駅・乗り物など、様々なモチーフの作品が制作されています。また、当時のトップスター5人によるオールスターキャストも話題になったようです。雑誌でしか知らなかったグレタ・ガルボとジョン・クロフォードの美貌にも触れることができました。アカデミー賞受賞作品。
Comment

銀座「久兵衛」から成田山新勝寺へ。

2013-01-23 | 旅行
一度は訪れてみたいと思っていた寿司の名店~銀座「久兵衛」と成田山新勝寺。両方を一挙に叶えてくれる機会に恵まれたので、勇んで出掛けてきました。巷で評判の寿司店「久兵衛」は、昭和11年(1936年)の創業。地価日本一の銀座で、5階まで全フロアが「久兵衛」です。絶品の穴子の味を記憶に残して一路、成田山新勝寺へ。毎年、明治神宮、川崎大師と並ぶ初詣参拝者数ではベスト3!。開山は天慶3年(940年)で本尊は不動明王。広大な境内には貴重な文化財が数多く残されています。因みに歌舞伎の市川家とは縁が深く、初代市川團十郎(成田市出身)に跡継ぎがなく、子授けを祈願。待望の長男を授かったというエピソードも~。以来、市川家は「成田屋」の屋号を伝えているそうです。今年4ヵ所目の初詣ででした。
Comment

北条政子建立の多摩川浅間神社。

2013-01-22 | 散歩、横浜
先日、散策した多摩川台公園は武蔵野台地の南端部にあるため、神奈川県方面と多摩川の眺めが開けていますが、実は2つの大前方後円墳と8基の古墳の上に形成された古墳公園です。公園内はこうした古墳群や展望台、自然林の道の散策をはじめ、桜、あじさい、彼岸花など四季折々の花も楽しめるようです。また、多摩川駅すぐの浅間神社(写真)には若い参拝者も多く、川面の光で境内は明るい雰囲気。北条政子が頼朝の武運長久を願って建てられたそうです。石段右側に富士講の石碑がありますが、この文字は勝海舟の書。久しぶりの新しい発見の午後でした。
Comment

広大な多摩川台公園と浅間神社。

2013-01-21 | 散歩、横浜
「散歩の達人MOOK」(交通新聞社)最新号など、このところ東急東横線特集が目についたのとポカポカ陽気に誘われて、昨日は昔懐かしい東急東横線の多摩川駅周辺を散歩してきました。駅前からすぐの浅間神社に参拝してから、広大な多摩川台公園を散策。幼い頃、両親に連れていってもらった遊園地「多摩川園」は、「田園調布せせらぎ公園」になっていました。当時の面影を残す木々を眺めていると、胸に熱いものが込みあげてきます。ウ~ッ!。写真は多摩川台公園からの「多摩川八景」の眺めです。
Comment

横浜を走るバス「あかいくつ号」。

2013-01-20 | 散歩、横浜
散歩に疲れて、港の見える公園から乗ってしまったバス「あかいくつ号」。市内でよく見かけるレトロ調の赤いバスです。普通の路線バスだと思っていたら、横浜の名所を巡る“すぐに乗れる観光バス”でした。あちこち回るので、目的地に着くまでにかなりの時間を要しましたが、急ぎの用事も忘れて、これはこれで楽しいひとときでした。美しいガイドさんが添乗している訳ではありませんが、年配の運転手さんのユーモア溢れるアナウンスが、車内を和ませてくれます。平成17年(2005年)から運行されているこの「あかいくつ号」。昨年からコースも増設されて、ますます人気のようです。毎日運行で、大人100円・子ども50円。
Comment

二次会に寄ったBAR CELTS。

2013-01-19 | 呑み処
昨夜はJBクラブの新年会で、場違いな“スーツ男子”で出席。会場は完全個室居酒屋の「竹取御殿」(関内セルテ5階)。今年の目標や抱負などというものはまったくなく、ひたすら飲み食いした2時間30分でした。全員で二次会に寄ったのは、関内駅前のアイリッシュスポーツバーの「CELTS」。GUINNESSの爽やかで滑らかな苦味で、喉を潤してお開きに~。因みに、世界記録を集めたGUINNESS BOOKは1951年に、当時の役員が狩りに出かけた時に「世界で一番早く飛べる鳥は何だろう?」という話題で盛り上がり、ロンドンの情報調査会社に依頼して発刊したのが始まりだそうです。疑問はアイデアの母ですね。
Comment

関東大震災と避難地~横浜公園。

2013-01-18 | 散歩、横浜
先日から読み始めた「冬の薔薇~写真家秋山庄太郎とその時代」(山田一廣著・神奈川新聞社)に知らなかった事実が~。秋山庄太郎氏は3歳の頃に横浜花咲町で、関東大震災に被災していますが、その頃の記述に震災の様子が描かれていました。「横浜スタジアムのある横浜公園は避難地となり、地震と火災に追われた市民が続々と集結。火の手も四方から迫ってきました。また、地震による水道管の破裂で園内は水浸し!」。しかし、この事と警察官が家財道具の持ち込みを禁止したことが、被害を最小限に食い止めたようです。現在の横浜公園の豊かな緑は、助かった市民が被災後にこぞって苗木を寄贈したものだそうです。今年も横浜公園内のカラフルなチューリップが楽しみです。阪神大震災も発生から18年目を迎えました。
Comment

ミレー作品70点を一挙大公開!。

2013-01-17 | 芸術
昨日のNHK「お元気ですか 日本列島」で、ミレー作品で有名な山梨県立美術館の新しい試みが紹介されていました。このプロジェクトは同館が所蔵するミレー作品70点を、すべて一挙大公開するというもの。企画したのは大学院でフランス美術を専攻し、昨年入館したばかりの新人学芸員・小坂井玲さん。今回の試みは落ち着いたミレー作品を、斬新なディスプレイで見せる「新しいミレー」がテーマ。絵画とバックの色との関係や下絵との対比など、ひと味違ったミレーが楽しめそうです。この「ミレーコレクションのすべて」は3月3日(日)まで。入館料は一般500円!。因みに同館へはJR甲府駅前からバスで15分です。
Comment