横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

孤高の映画俳優・高倉健さんの意外な素顔。

2017-12-10 | TV番組

7日(木)のBS朝日の2時間番組「ザ・ドキュメンタリー」は「高倉健の素顔〜孤高の映画俳優 83年の人生」。セリフの少ない演技で存在感を確立した高倉健さん。津川雅彦氏や加藤登紀子さん、石倉三郎氏などにより、”寡黙で不器用”というイメージは”饒舌でユニーク”だったなどと、その知られざる素顔が明かされます。意外だったのは、無類の”筆まめ”であったこと。健さんから手紙を受け取った人々の証言を集め、むしろ人との交流を望んでいたもう一つの一面が紹介されていました。また、晩年に6年間のブランクがありましたが、遺作となった映画「あなたへ」を撮ろうとしたきっかけになったのは、東北の被災地で家族のために一生懸命に水を運ぶ少年の写真だったそうです。「志があって俳優になったわけではない」、「演じるとは心に想うこと。それがすべて」、「大事なシーンは2度やらない 」、「映画は芝居じゃない。ドキュメンタリーだ」など、健さん語録が散りばめられている2時間でした。2014年11月10日、高倉健永眠。亡くなる4日前に残した言葉は「往く道は精進にして 忍びて終わり悔いなし」。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 女性に人気のスタンランのポ... | TOP | みなとみらいのギャラリーで... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | TV番組