横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

”シュウマイ娘”の採用条件は身長158cmから。

2017-11-15 | TV番組
再放送ですが、昨日のNHK-BSプレミアム「TOKYOディープ」は横浜出身の高島礼子さんで”出張編 横浜”。横浜駅西口の高台(東海道神奈川宿)にある老舗割烹田中屋や、工事が続く横浜駅などが紹介されていました。田中屋は文久3年(1863年) 創業で、あの坂本龍馬の妻のお龍さんが仲居として働いていた料亭。その他、高杉晋作は芸妓さんに手弾きの三味線を習いに来たり、日本初の総理大臣伊藤博文や三菱財閥の創始者岩崎弥太郎なども訪れていたようです。また、崎陽軒のシュウマイ弁当は創業者のひとり久保久行氏が4代目横浜駅駅長だったことから、それが縁で横浜駅の構内で販売。因みに、”シュウマイ娘”の採用条件は、列車の窓に合うように身長5尺2寸(約158cm)からだったといいますから、当時としてはかなり大きな女性だったようです。それにしても、”日本のサグラダ・ファミリア”と言われる、延々と続く横浜駅の工事はいつになったら終わるのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 上野・東京藝術大学美術館の... | TOP | 上野噴水前広場の巨大オブジ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | TV番組