新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

シメ 雄と雌

2019-04-01 05:45:52 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 シメの雄と雌.

 強面と称されるシメ.

 雌の目は心なしか優しい.

シメ 雄
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2019.03.25 撮影場所 新潟県新潟市

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ハマシギ 夏羽に換羽開始 | トップ | スズメ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお! (麦)
2019-04-01 06:19:41
なかなかの男前
俺の後ろに立つんじゃない・・
って声が聞こえてきそう( ̄▽ ̄)
メスはしっかり者の姐さん
つがいで出会ったらきっと
カッコいい夫婦ですね
麦さんへ (sakaturagan)
2019-04-01 06:42:55
 おはようございます.
 コメントどおりの夫婦でしょうね.
 中尾彬と池波志乃さんみたいな.
 でも,シメは,三頭身です.
 着流しは,似合いそうもありませんね.
Unknown (ti1005hr1006)
2019-04-01 08:08:10
おはようございます。
つわぶきです。

シメ 昔 家の庭に初めて来た時は驚きました。
今まで見たことのない鳥で、シメという名前を本で調べて、わかりました。ニヒル?な鳥ですね。
つわぶきさんへ (sakaturagan)
2019-04-01 08:29:15
 おはようございます.
 シメは,顔はニヒルに見えますが,結構愛嬌のある鳥です.
 驚くと,樹上に飛び上がりますが,しばらく安全を確かめ,元いた地上に戻ります.
 旅立つ前,今は,食べるのに懸命です.
 驚かさないと,ゆっくりと観察できそうですよ.

コメントを投稿

アトリ科」カテゴリの最新記事