新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ベニヒワ ハイタカに襲われる

2015-02-18 08:33:50 | アトリ科
 ベニヒワ 学名・Carduelis flammea 英名・Common Redpoll
 ハイタカ 学名・Accipiter nisus  英名・Northern Sparrowhawk

 ハンノキの林に30羽ほどの小鳥が舞い降りた.ベニヒワの群れだ.ハンノキ林の奥のほうで盛んに餌をついばんでいる.なかなかスッキリとした場所には出てきてくれない.しばらくの間,場所を変えたりしながらベニヒワの動きを追う.ベニヒワは,移動を繰り返しながら,徐々に開けた場所へと出てきた.中には,地上で餌を探すものもいる.もう少しで撮影できる場所にやってきそうだ.
 その時,地上すれすれに飛んで来る影が見えた.ベニヒワは,ぱっと四方に飛び散った.影は,ハンノキ林の中に突っ込み,そのまま姿を消した.ハイタカだった.
 ハイタカの襲撃は,失敗した.鋭い爪は何も握っていなかった.死から逃れたベニヒワは,もう戻って来なかった.しかし,ベニヒワにとってハンノキの実は魅惑的だ.いつかまた,このハンノキの林に群がることだろう.そして,ハイタカもどこかに身を潜めてそのときを待っているのだろう.これが日常なのだ.だからこそ,歌うときには全身全霊,力を振り絞って歌うのだ.

ベニヒワ.ハンノキの林で休息する.羽繕いするものもいた.
撮影日時 2015.02.16 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ベニヒワ.ようやく全身が見える場所に.
撮影日時 2015.02.16 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ベニヒワ.地上で餌を探す姿も.
撮影日時 2015.02.16 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ハイタカ.ベニヒワを襲ったが,狩りは失敗した.爪は何も握っていなかった.
撮影日時 2015.02.16 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ハイタカ.ハンノキ林に姿を消した.
撮影日時 2015.02.16 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟

コメント