高次脳機能障害者家族会・鳥取

事故や病気で脳に障害のある人とその家族,仲間のブログです。
定期的に例会を行い、賠償や年金などの相談も受けます。

◆障害年金の取得について

2006-09-10 03:08:37 | 障害年金・障害者手帳

「高次脳機能障害」の診断、障害年金の申請をされる方が増えています。しかし相談窓口や医療関係者が制度に無知であると、家族が奔走せざるを得ない状況です。しっかり理解しておきましょう! 

 

       障害年金申請の手続きについて

障害年金は、病気やけがにより初めて診察を受けた日から1年6月を経過した日、またはその期間中で障害の状態が固定した日(障害認定日)に納付などの条件を満たしていれば申請できる。

初診日が20歳前なら、保険料納付要件に関係なく20歳から申請できる。

まずは、住所地の市町村役場、又は社会保険事務所に必ず相談に行くこと。

 

(1) 障害年金の請求書類を住所地の市町村役場、又は社会保険事務所でもらう。

(2) 医師に診断書を作成依頼。 (精神科医師でなくても書けるが、生活上の問題をしっかり医師に伝えることが重要)

   ・診断書の初診日が重要!

    発症から年数が経って、救急時の病院と診断書の病院が異なっている場合は、障害との因果関係を説明するために、始めの病院の受診証明が必要となる。

  ・医師の診断書、作成日から3ヶ月以内に役所に提出しないと無効になる。

(3)交通事故の場合、第三者行為事故状況届も必要となる。(事故証明、示談書の写しなど)

(4)病歴・就労状況等申立書を家族が申立人になり、作成する。 (生活上のできごとをしっかり把握して、用紙に書ききれない場合は追加していく)

(5)国民年金・障害年金請求書に年金が振り込まれる口座番号を記入。厚生年金と国民年金をかけていた状況を記入。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ★急に寒くなり、長袖が・・ | トップ | ●精神保健福祉手帳について »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば。。。 (hanatare-SHIN)
2006-09-15 07:12:24
最近、「自立支援医療費」&「障害者手帳」

申請をペアで行いました。

「診断書」は「両申請で共通して使える」との事で1枚ですみましたが、病院を移り、今の受診科では6ヶ月未満、記載は6ヶ月未満、でも他の科での初診は6ヶ月以上経過

「診断書記載の初診日から6ヶ月未満につき却下されるでしょう」との事でした。

。。。申請書類もらいに行ったときに一言欲しかった。



何度往復してかな?

①「市役所」窓口相談行って

②「病院」相談して行って

③「市役所」用紙もらいに行って

④「病院」持って行って、記載してもらって、

⑤「市役所」持って行って。。。

後日、初診日指摘されて、

⑥「市役所」引き取りに行って、

⑦「病院」持って行って

⑧「病院」引き取りに行って

⑨「市役所」持って行って

。。。9手間1仕事

車に乗れれば良いですが。。。

この手の往復は少なく済ましたいですね。



*用紙がシャチハタにじみの紙なので、普通の印鑑を持参しておきましょう。
Unknown (もりたはは)
2006-09-15 13:50:58
ごめんなさい。説明不足だったようですね。



初診日から6ヶ月の問題は、同じ医師に受診しているとなんて事はないのですが、診療科を変わるともう分からないですね。

役所に出す前の、家族会チェックが必要かも・・印鑑の情報、ありがとうございます。

ほんとに大変でしたね。

コメントを投稿

関連するみんなの記事