新生日本情報局

日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。

12月30日(金)のつぶやき その4

2016-12-31 04:15:50 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月30日(金)のつぶやき その3

2016-12-31 04:15:49 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月30日(金)のつぶやき その2

2016-12-31 04:15:48 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月30日(金)のつぶやき その1

2016-12-31 04:15:47 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本が対中対韓情報戦強化のため政府が民間シンクタンクに補助金制度新設、歴史戦に勝利せよ!!

2016-12-31 00:00:00 | 報道/ニュース
今年の大晦日から2016年を振り返ると、日本や世界の戦後体制が崩れ、日本が対中対韓情報戦強化をしなければならなくなった1年でした。
英国のEU離脱決定やトランプ氏が米国次期大統領に当選したのは最も象徴的な出来事でした。

12月30日10時52分に産経ニュースが「対中韓情報戦、官民で取り組み 政府が民間シンクタンクに補助金制度新設 新年度予算案で計上」の題で次のように伝えました。
『政府が領土問題などの対外情報発信を強化するため、民間シンクタンクなどの研究機関との連携を強化することが29日、分かった。「領土・主権・歴史」をテーマに、日本の主張の裏付けとなる客観的事実を調査研究する機関への補助金制度を新設する。尖閣諸島(沖縄県石垣市)や竹島(島根県隠岐の島町)に関し、プロパガンダ(政治宣伝活動)を通じ対外的に領有権の主張を強めている中国や韓国に対抗する狙いがある。

 これまでも「外交・安全保障」に関する調査研究への補助事業はあったが、尖閣諸島や竹島をめぐり中韓の動きが活発化している情勢を踏まえ、「領土・主権・歴史」の包括的な調査研究を支援していく必要があると判断した。平成29年度予算案に5億1千万円を計上した。

 早ければ年度内にも公募を始め、補助金交付対象の1機関を決める。研究機関は、領土問題について歴史的、学術的な調査研究を行い、政府はその成果を活用して国内外に日本の主張や立場を普及させる。戦後補償に関する裁判や慰安婦などの歴史問題についても、主張の裏付けとして調査結果を生かしていく考えだ。

政府は内閣官房の領土・主権対策企画調整室のホームページに尖閣諸島や竹島を日本が戦前から統治していた根拠を示す文献を掲載するなど情報発信に取り組んではいるものの、シンクタンクやメディアを通じて官民一体となって領土に関する情報戦を仕掛ける中国、韓国の取り組みに比べ引けをとっているのが現状だ。

 今年7、8月には相次いで韓国の国会議員や政府関係者が竹島に上陸。特に8月の上陸は、平成27年末の日韓合意に基づいて日本側が元慰安婦を支援する財団に10億円の拠出を決めた直後のタイミングで、改善の兆しが見えてきた日韓関係に水を差す格好となった。12月にも韓国軍兵士が5年ぶりに上陸した。こうした不法占拠を既成事実化しようとする動きに対抗するためにも、政府による戦略的な情報発信態勢の強化が急務となっている。』

稲田防衛大臣の靖国神社参拝や、安倍首相の真珠湾訪問でも歴史戦が繰り広げられています。
日本や日本国民は、正しい歴史とは何か、国際政治の真の姿は何かを改めて問われているのです!!

明日の日本の発展繁栄の為にも、対中対韓情報戦強化を行い、歴史戦に勝利しなければなりません!!



トランプ氏(上)がオバマ大統領のオバマケアなどの政策成果やISIS、既存メディアの力を追い払う風刺画
出典:トランプ陣営のツイッター

日本でも今後、大きな動きがあるでしょう!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



日本や日本国民は、正しい歴史とは何か、国際政治の真の姿は何かを改めて問われているのです!!

明日の日本の発展繁栄の為にも、対中対韓情報戦強化を行い、歴史戦に勝利しなければなりません!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

有料記事では、あなたが知らないと損をする、報道されない国内外情勢や政治、軍事、外交、経済、技術などの深層や戦略などを、丁寧にお伝えします。

有料記事掲載サイト:以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月29日(木)のつぶやき その2

2016-12-30 04:15:07 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月29日(木)のつぶやき その1

2016-12-30 04:15:06 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年のセウォル号沈没事故を韓国で外部力と断定した長編動画が人気、真実はどこに??

2016-12-30 00:00:00 | 報道/ニュース
2014年4月に韓国の南西部沖で横転、沈没した貨客船セウォル号。
その事件当日、韓国の最高権力者である朴槿恵大統領に、「空白の7時間」に整形疑惑が取り立たされています。
事故原因や、「過積載の410tの軍基地用鉄骨」の積載を韓国検察すら隠していたなど、疑惑や謎だらけのセウォル号沈没事故です。

そのような中で、沈没事故原因が外部力と断定した長編動画が人気です。
12月29日にHABOR BUSINESS Online「韓国ネチズンの間でセウォル号沈没事故の真実を暴いた動画「SEWOL X」が流布。ネット民の執念が史上最悪の事故の真実を暴く」の題で次のように伝えました。
『12月25日のクリスマス。韓国のネット民(韓国ではネティズンと呼ばれている)であるチャロ氏が、一編の動画をネット上に公開し波紋を呼んでいる。

 タイトルは「SEWOL X」(セウォル エックス)。

 2014年4月16日に起きた大型旅客船「セウォル号」沈没事故の原因を追究したドキュメンタリーである。まず驚きなのがその長さ。全編で8時間49分。そのすべてを「セウォル号」沈没事故の原因の究明に費やした。

 例えば、検察当局は事故原因を、「過積載」、「操舵ミス」、「積荷の固縛不良」、「船体の復元力不足(バランス維持力不足)」の4つが複合的に作用したものとして公式に発表した。

 チャロ氏は、この4つの「原因」をそれぞれ、具体的な分析映像、資料、ニュース報道の映像分析、現地調査などで完全否定。「セウォル号」沈没の原因を「外力」と断定している。(ここまでで1時間10分を掛けている)この動画が反響を呼び、超が付くほどの長編にも関わらず、1日で300万回以上も再生されている。

◆「SEWOL X」の反響、ソウル市長も絶賛

「セウォル号沈没事故」は、「崔順実ゲート」事件に揺れる韓国政局においても重要なキーワードとなっている。事故当時、朴槿恵大統領の「空白の7時間」が韓国国民の疑念と怒りを買っており、今回の「SEWOL X」の公開は、事故の真相究明を強く要求する国民たちから賞賛を受けている。

 韓国主要各紙も即日でニュースを配信、国を挙げての関心の高さをうかがわせる。

 特に、ソウル市・朴元淳(パク・ウォンスン)市長はツイッター上で、「犠牲になった子ども達へのクリスマスプレゼントになる。セウォル号は水の中に沈んでいるのではない。人々の偏見の中に沈んでいる」とコメントし、さらに「新しい特別調査委員会を構成し、改めて原点から始めなくてはならない」と真相究明に向けた決意を表した。

韓国の報道によれば、チャロ氏は先の大統領選直後、大統領選介入疑惑を招いたツイッターアカウントが、国家情報院関係者の名前であると主張し名を上げた。また国家要職に内定していた候補者の政治偏向的なツイッター投稿を見つけだし落選させたりもしている。

 そんなチャロ氏が製作した「SEWOL X」が、9時間弱の時間を費やし結論付けた事故原因は「外力」。具体的な言及は避けているものの、韓国軍の潜水艦による衝突を明確に示唆している。事故当時から、「潜水艦衝突説」は陰謀論としてまことしやかに囁かれた話ではあるが、それを客観的な事実だけを積み上げ証明した「SEWOL X」は、噂や陰謀論ではなく、正真正銘のジャーナリズムであると評価されている。

 しかし公開同日に行われた国防部の定例会見で海軍関係者は「事故当時、海域近くで作戦や訓練はなく、潜水艦が潜航できる海中環境ではなかった」と疑惑に対し一蹴した。

 はたしてネット民の力が“真実”を動かすか――注目である。<文・安達 夕>』

筆者の過去のブログには(有料記事が中心)、事故直後から多くの記事があり、セウォル号の沈没原因は「外部力」との見解を出していますので、詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい。
そしてご紹介の「SEWOL X」は本当に濃い内容です(ハングルだらけなので読解力の無い筆者には厳しいものがありますが、多くの報道や船体シュミュレーションを使用し、論点を整理して結論をだしている動画作成者には頭の下がる思いです。

韓国海軍が言う通り、特に水深50m以下の浅瀬の海域で潜水艦が船体を沈没させながら航行することは悪夢そのものです。
座礁の恐れが高いので、潜水艦そのものが「沈没」する可能性があります。
少なくとも訓練とはいえ、浅い海域に潜んで貨客船に激突することは、ハワイで発生した日本の水産実習船「えひめ丸」が米国海軍の潜水艦の展示航行中の緊急浮上によって衝突撃沈されたようにはならないはずです。

その辺りの詳細は、我田引水ですが筆者のブログをお読みください。
積載物などの疑惑は、ある意味でこの事故を複雑化させている要因です。
少々、ここでは公開出来る内容ではありませんので。

いずれにしても、事故原因は未だに不明のままで2年以上も放置してきた朴槿恵大統領が職権を停止させられ、大統領官邸で基本給与や護衛などが付いた「ニートの日々」を送っているのは腹立たしい限りではあります。
セウォル号沈没事故の真実はどこにあるのでしょうか??



話題の動画「SEWOL X」
出典:You Tube


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



事故原因は未だに不明のままで2年以上も放置してきた朴槿恵大統領が職権を停止させられ、大統領官邸で基本給与や護衛などが付いた「ニートの日々」を送っているのは腹立たしい限りではあります。
セウォル号沈没事故の真実はどこにあるのでしょうか??



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

有料記事では、あなたが知らないと損をする、報道されない国内外情勢や政治、軍事、外交、経済、技術などの深層や戦略などを、丁寧にお伝えします。

有料記事掲載サイト:以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアで偽物化粧品を酒の代用品として飲み70人以上が死亡の大事件 ロシア社会は改革されず

2016-12-29 10:36:17 | 報道/ニュース
世間では年末年始のクリスマス、忘年会、そして年明けには新年会と飲酒の機会も増えていますが、どうぞくれぐれも暴飲暴食や芸のつもりで「パフォーマンス」の飲酒など、無理は絶対に禁物ですから、ご自愛ください。
そして、身の危険を感じたら、その場を離れることも忘れずに。
ドイツのベルリンでは今月クリスマス市での大型トラック突入テロすら発生しているご時世ですから。

さて、この寒い季節柄、別の意味で社会の変革は難しいものだと感じるニュースが報じられました。
ロシアで偽物化粧品を酒の代用品として飲み70人以上が死亡の大事件が発生した、と言うのです。

12月28日21時47分に産経ニュースが「ロシアの酒代わり入浴剤で大量70人超死亡 プーチン政権も対策へ」の題で次のように伝えました。
『ロシア東シベリア・イルクーツクで、酒代わりに飲まれていた入浴剤で大勢が中毒になり、28日までに70人以上が死亡した。低所得者層で値段の安い化粧品などが「代用酒」として飲まれてきたロシアでも一度にこれほどの死者が出る事態は異例。プーチン政権も本格的な対策に乗り出した。

 入浴剤には飲用禁止の表示はあったが、75~90%のアルコールを含んでおり、事実上代用酒として流通していたとみられる。大勢の死者が出たのは、販売された入浴剤が偽物で、有毒のメチルアルコールが使われていたことが原因とみられる。捜査当局は製造元や販売店を捜索、10人以上を拘束した。

 ロシアではソ連時代からアルコールの過剰摂取が深刻な社会問題。プーチン政権発足後もアルコール度数の高いウオッカなどへの課税強化や、夜間の酒類販売規制といった措置を取ってきた。しかしロシアのシンクタンクは2千万人以上が密造酒や化粧品など法規制の枠外のアルコールを飲んでいると推計する。(共同)』

日本でも戦後、有毒のメチルアルコールを入れた密造酒が社会問題になりました。
また様々な密造酒や「代用品」を飲んだ方もおられたようです。
ロシア国民はこの21世紀の現代でもこんな事をやっているとは、筆者も本当に驚きました。
これでは、まるで中国や北朝鮮、韓国など民度が低い国や地域と同じではないですか!!

メチルアルコールは、酒や各種食品に使用・添加されるエチルアルコール(正式な酒の主成分、いわゆるエタノール、「飲めるアルコール」です)とは異なり、エチルアルコールに比べればやや蒸発しにくい特性がありますが、純度の高いものは蒸発時の匂いで判別が出来ます。
エチルアルコールは広い分野で使用され、例えば医療現場でも広く消毒用アルコールとして使用され、注射前の消毒で腕などを拭かれた経験をされた方も多いでしょうから、匂いはお分かりになろうとは存じます。

旧ソ連時代には、旧ソ連軍の戦車等での冷却剤等に凍結防止の「エチルアルコール」が使用され将兵が酒の代用にと飲んでいた、とのこぼれ話もありましたが、現在のロシアでもアルコール度の高い化粧品が酒の代用品として飲まれているとは、トンデモ無い、実に情けないお話です。

そして偽物化粧品を酒の代用品として飲み70人以上が死亡の大事件が発生した、という事は氷山の一角に過ぎません。
人口が1億4600万人のロシアで、2000万人以上の人達が密造酒や化粧品などの「正式な酒以外」のアルコールを飲んでいるとは・・・。
これではロシア国民は夢も希望も持てず、ロシアは政治どころか経済も社会も停滞しているのは当然でしょう。

今もロシア社会には「アルコール大量飲酒」「アルコール中毒」の病が深刻であることが分かります。
このままではロシア社会はいつまで経っても改革されません!!
欧米に追いつく事すら夢のまた夢です!!
何とかしてよ、プーチン大統領!!



消毒用エタノール
出典:ウィキペディア


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



今もロシア社会には「アルコール大量飲酒」「アルコール中毒」の病が深刻であることが分かります。
このままではロシア社会はいつまで経っても改革されません!!
欧米に追いつく事すら夢のまた夢です!!
何とかしてよ、プーチン大統領!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

有料記事では、あなたが知らないと損をする、報道されない国内外情勢や政治、軍事、外交、経済、技術などの深層や戦略などを、丁寧にお伝えします。

有料記事掲載サイト:以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?

本日の有料記事
日本の対台湾窓口機関である公益財団法人交流協会が日本台湾交流協会に名称を変更発表の意図は??

日本の対台湾窓口機関である公益財団法人交流協会が名称を変更する旨の発表を行いました。
年末のこの時期に、何故名称変更を発表したのか??
その意図は??


記事の続きは、以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?
下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。


防衛・軍事 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月28日(水)のつぶやき

2016-12-29 04:18:42 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加