gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

腰痛の治し方

2015-07-29 23:53:27 | 日記
楽天gooGoogle

腰の病気


No.51緊急性は無いが注意すべき疾患。

悪性新生物の骨への転移や腸腰筋の膿瘍、椎間板の障害、背骨の圧迫骨折、脊柱管狭窄症、などがあげられる。

上下の椎体が接し、後根神経節を挟んで激烈な振動痛や夜間の痛みが現れる椎間孔狭窄症も現在治療家に注目されている。

No.52神経学的診察。


背骨、脊髄疾患が憶測できた場合は神経診断学の知識と経験を使用して解剖学的な診断や画像診断を試すひつようあります。

下肢へ放散痛が見られる状況には、椎間板の損傷の可能性が出て来る。


椎間板病変は9割程度ががL4/L5椎間板かL5/S1椎間板に発現するということです。


背骨・脊髄の解剖的な特徴からL4・L5椎間板の障害原因の場合L5のみの異常かL5とS1の障害が予想され、腰椎5番・仙骨1番椎間板の障害ならば仙骨1番のみの異常となる。

異常神経根を探すには筋力(きんりょく)、反射(はんしゃ)、知覚(ちかく)など調べるべきです。


ブログブログブログ

MJ