gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニュース

2015-07-25 00:24:02 | 日記
seesaagooGoogle

腰部(ようぶ)の疼痛


No.51緊急性は無いものの注意するべき病態。


癌の骨転移や腸腰筋膿瘍、椎間板の損傷、背骨の圧迫骨折、脊柱管の狭窄、などがあげられる。


上下の椎骨同士が接し、神経根をはさんでとても強い振動痛や夜間の痛みが発生する椎間孔の狭窄も最近腰痛患者から注目されているようです。


No.52神経学的診察。


脊柱、脊髄の疾患が憶測できたときは神経学的検査の知識を用いて解剖学的な診断や画像診断を行う必要性があるようです。

下肢への放散痛が出現しているケースは、椎間板ヘルニアの疑いが出てくる。


椎間板の障害は9割ほどががL4/L5椎間板かL5/S1椎間板に発現するといわれている。


脊髄の解剖的な特性からL4・L5椎間板障害であった場合L5だけの障害かL5とS1の異常が予測され、L5・S1椎間板の症状S1だけの障害となります。

障害された神経根を見付けるには反射(はんしゃ)、筋力(きんりょく)、知覚(ちかく)などを検査するべきである。


ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正