gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

話題のニュース

2015-07-06 17:18:26 | 日記
ココログMARUTAGoogle

国民健康サービスNHS(イギリスの)では。

(イギリスの)国民健康サービスでは、次のような治療法を受けてはならないといっている。

根拠は、次のような方法は、非特異的腰痛の改善に有益だという医学的証拠がほとんどないからです。

ステロイドまたは麻酔薬を注入するさまざまな注射は、よくて偽薬効果くらいしかなく、やめるべきです。

日本ペインクリニック学会は、椎間関節への注射は、効果的であり医学的証拠もあると言っている。

手術。

椎間板ヘルニアなどの椎間板損傷が、下半身に放散する強い疼痛を出し、あるいは下半身を衰弱させ、あるいは膀胱の症状を発し、あるいは膀胱の制御を難しくする時は、外科手術は効果的とも考えられます。

また、脊柱管狭窄症のある人には、手術は有効な場合も考えられます。

もしも、このような問題がないのであれば、外科的処置を受けることにより改善を期待できる明瞭な科学的証拠はみあたらない。

椎間板手術(脚の痛みの原因椎間板部位を切除すること)は、手術以外の療法などを比べて短期間に痛みの改善をもたらすできるようです。

椎間板切除術は、1年後には、よりよい結果をもたらすことができるが、4年後、10年後には、非手術療法との差は無くなります。

より侵襲度の低い椎間板切除術は、多くの椎間板切除術と比べると、似たような結果をもたらすだけである。

それ以外の場合では、多くの時外科手術を勧めるべきエビデンスはみあたらない。

椎間板の変性疾患に対する外科的手術の長期的な効き目は、はっきりしないのです。

侵襲のわずかな外科的な治療方法は、回復までの時を短くするが、効果についての医学的証拠は、不充分である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰に限局した痛みをわずらう患者にに利用される。

この外科的手術を支持する証拠が存在する。

この外科手術の有効性は、熱心な身体的治療を行うのと同じ程度くらいであり保存療法を少しだけするより少々効果的くらいです。

脊椎融合手術は、脊椎すべり症の患者が、手術以外の治療を継続してみて改善できなかった、そのような時検討されるが、この外科手術を行って良い効果を得た患者はごくわずか。

脊椎を融合させる手術の術式が、多数発案されているが、他の方法より好ましいという科学的根拠のある方法はないようである。

脊椎を融合させる間は、脊椎どうしを固定する器具を脊椎に装着する。

この方法は危険を高めるが、痛みや機能の低下には、何の効果ももたらさない。

ブログブログブログ

みるい熊