gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニュースについて知りたい

2015-07-02 23:53:32 | 日記
excite忍者Google

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静・投薬・コルセットで腰を固定するなどの症状に対する療法が一般的です。

また、鍼灸や柔道整復も腰の治療としては世間では広く認知されている。

安静。

安静にさせるのは必ずしも好ましい療法とはいえない。

急性の腰痛に対して痛みや症状の出方に対応して活動状態を継続することは、安静を維持するよりも症状を軽減し、腰の機能を改善させるために有効であります。

仕事による腰痛に対して、症状に応じて活動状態を維持することは、より短時間の症状の回復につながり、休業期間の節約とその後の再発症予防にも有益です。

運動。

痛みと運動療法を行ってみる。

脳細胞から末梢神経へ下行性の抑制が働く。

運動によって腰痛それ自体が回復します。

運動やトレーニングには抑うつ作用もあります。

運動療法には柔軟のようなストレッチ(関節可動域訓練)、筋肉トレーニング(筋力増強訓練)、正しい姿勢保持があげられます。

腰痛では、腹筋や背筋を鍛えます。

運動療法の効果は、ほとんどの腰痛ガイドラインで最も高い証拠がある。

教育。

腰痛教育(情報提供)も重要です。

「身体の活動性を確保し、運動療法をさせ、多く休養せずに、作業を続けるように」とアドバイスを受けると、腰部の痛みの予後は改善する。

ブログブログブログ頭突キング