みんなの畑の日記~農業実践教室

フォトシンセシスが運営する農業実践教室の講義の内容、様子を公開。週末を活かして野菜作りを学びたい方に。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

農業実践教室~凍り野菜。冬は糖度の変化を観察してみよう!

2017-12-28 00:06:12 | Weblog

朝晩が本当に寒くて、いやになっちゃう今日この頃です。

朝、畑に行くとこんな感じ。

 

水菜等葉物野菜は、見た感じ凍っていないように見えても、朝収穫すると茎が凍っていて、食べるとショリショリします。

天然シャーベット状態です。

 

昼には普通に戻っています。

なかなかハードな環境を生き抜いている野菜たちです。

 

 

過酷な冬を生き抜く野菜の糖度の変化を観察しようと思って、ちょいちょい野菜の糖度を測っています。

先日測ったほうれん草の糖度。

家にあったミカンの糖度を測るとこんな感じ。

ちょっとしたみかんより甘いということになります。

 

糖度のピークと硝酸態窒素濃度の動きをちゃんと確認したことがなかったので(そのことを激しく後悔中!)、この冬は、糖度の変化と硝酸態窒素濃度の変化を観察していけたらと思っています。

こーゆー観察モノは「継続は力なり」ですよね。

出来る限りコツコツと頑張ってみたいと思います。

 

さて。

年末年始はブログをお休みします。

1月4日からブログを再開するので、4日の夜にぜひこのブログのことを思い出して、ご覧ください!!

 

皆様、良い年をお迎えください!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

・1/10(水)10:45~12:00

・1/13(土)10:45~12:00

・1/14(日)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

 

 

コメント

農業実践教室~有機野菜と慣行栽培の野菜の価格が逆転!?

2017-12-26 20:50:30 | Weblog

本日は、直売所最終営業日でした。

直売所をやってお客さんとお話していると、価格に対する人それぞれの感覚を感じます。

どの価格帯で高い、安いと感じるかは、価値観によって違うので非常に難しいのですが、先週は、なんと、我が直売所で「安いね」と言われました。

高いっ!とたまに言われることはあっても、直売所で安いと言われるのは初めてで、戸惑いました。

確かに・・・

千葉市若葉区という結構な田舎のスーパーでさえ、玉レタス2分の1個が税抜き298円、リーフレタスが398円、貧弱な大根が298円、少し鮮度が落ちていそうなキャベツが398円。

うぉ~。

確かにそれに比べると、農業教室の直売所の値段は、品質も考えれば破格の安さです。

しかし・・・玉レタス”2分の1個”で298円は、さすがに主婦目線で買う気にはなれないです。

 

ちなみに、先週日曜日に都内で見た自然食品店の有機野菜の価格の方が、この辺のスーパーの価格より安いです。

たとえば、葉物野菜は逆転(値段は一緒で量が明らかに多い)、レタスもダイコンも逆転していました。

なんということでしょう。。。

 

昔、仕事で納豆メーカーにヒアリングしたことがあります。

「需要予測が非常に難しい」という話になったのですが、その時にナルホドと思ったのが、自社納豆の売れ行きに影響を与えるのは、競合の納豆メーカーの特売だけではなく、他の食品の特売でも納豆の売れ行きが大きく変わるという話でした。競合は、同業者だけではなく、食品全般なんですね。

野菜の値段があまりにも高い時、消費者は、泣きながら高いレタスを買うのではなく、より単価が安くて、コストパフォーマンスがよさそうな代替品を探して、それで済ませてしまうのではないかと思います。2分の1個298円のレタスは買わずに、3本198円のニンジンを買って、そこから夕飯のメニューがカレーに決定して、その時一緒にタマネギとジャガイモが売れて・・・。あるいは、野菜は一切買わずに中村屋のレトルトのベジタブルカレーに走るか、冷凍野菜に走るか、チルド惣菜に手を出すかも・・・。あ、妄想ですけれどね。

今回の野菜の価格高騰期間は、冷凍野菜や加工品が売れるんだろうなあ。これを機に、初めて冷凍野菜を買う人が結構いるのではないかと想像します。冷凍野菜を作っている事業者はチャンスですね。

 

とりあえず、農業実践教室の野菜たちは、市場価格の乱高下に関係ない世界で、タンタンとマイペース価格で売らせていただきました。

来年は、1月9日(火)12時~15時から営業いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

・1/10(水)10:45~12:00

・1/13(土)10:45~12:00

・1/14(日)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席2名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

コメント

農業実践教室~手作りキムチ 1か月半経過しました

2017-12-25 18:12:24 | Weblog

 11月に実施したキムチづくり教室。翌日に自分用に余った塩漬け白菜でキムチを作ってみました。

あれから1か月半。

 

手作りキムチの今の姿です。

ずっと冷蔵庫に入れておきました。

1か月半経つと、少し酸味が出てきますね。じっくりゆっくり乳酸発酵が進んでいるようです。

作って1週間程度の頃は、酸味は殆どなく、辛みが強くて、それはそれで美味しいです。

食べてみて、舌がしびれるような感じがしたり(怖っ!)、明らかに異臭がしたりカビが生えていたらNGですが、基本、そうでなければ、キムチには賞味期限がないそうですが、次第に酸味がきつくなってきます。酸味がきつい古漬けっぽいのは少し苦手なので、今のタイミングが、ワタシにはちょうど良いです。

キムチには1gで1億匹以上の乳酸菌がいるらしいので、たまにはキムチで乳酸菌を大盛りでとっておこうかと思います。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

・1/10(水)10:45~12:00

・1/13(土)10:45~12:00

・1/14(日)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席2名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

コメント

農業実践教室~冬に育つ野菜たち

2017-12-24 19:15:21 | Weblog

2月収穫予定の白菜。

白菜の葉に小さなとげがたくさんあります。

 

今期3作目の蕪も、大分大きくなってきました。リアルではどのくらいの大きさかわかりますか?

はい、このくらいです↓。

直径は指先くらいです。

変わり種レタス。

 

 

これらはすべて、冬の寒さにまともに当たると大きくならないので、保温しながら育てています。

白菜は、ある程度暖かくないと葉の枚数が増えないので、しっかり保温をしています。蕪は、1月中に収穫を始めたいので、今の段階では保温を意識していますが、もう少し大きくなってきたら少し保温を緩めて、ちょっと寒い環境にしていこうと思います。

レタスは、「すっごく寒い」を「ちょっとだけ寒い」くらいに緩和してあげる感じで、保温しています。

一見同じように保温をしているように見えるのですが、野菜の生育にベストな温度帯が違うので、細かいところで少しずつ変えています。

この細かい愛情に、野菜たちが応えてくれますよーに!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

・1/13(土)10:45~12:00

・1/14(日)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席3名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

コメント

農業実践教室~大豆の選別

2017-12-23 18:23:40 | Weblog

先日から大豆の選別を続けています。

 

今日は、クズ大豆と良好な大豆の選別を皆さんと一緒に一気に進めました。

 

小豆が大好きなOさんは、小豆を一人でコツコツと。。。。

雑談に花を咲かせながら、コメ袋1袋分を2時間で終えました。

手作業でこの時間、速いのか遅いのか分かりません。。。

が、キレイな豆をたくさん確保できました。

あと1袋残っていますので、それは年明けにまた選別をしましょう。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/23(土)10:45~12:00

・12/24(日)10:45~12:00

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席3名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

コメント

農業実践教室 久しぶりに非農業系の本を集中的に読みました

2017-12-22 23:09:43 | Weblog

今日は久しぶりに東京に行ってきました。

ま、眩しいっ

道路で本が読めそうです。

 

今日東京に行ったのは、来年、本格的に進める弊社webサイトリニューアルの打ち合わせをするためでした。

弊社をご存知の方はお分かりかと思いますが、webサイトあっての農業実践教室です。しかし、ここ数年それがきちんとできていませんでした。

なので、テコ入れをすることに決めました。

 

ただ、webの世界は、グーグル様が仕切っていて、そこに集まる天才レベルのスタッフの皆さんが、おそらく嬉々として、毎日全力で開発を進めていることでしょう。

天才達が構築した世界の波に乗るには、ワタシが片手間に対応したところでついていけるわけがないので、専門家に依頼しました。

 

専門家とまともな打ち合わせをするには、打ち合わせで使いそうな言語を素人のワタシの方が、ある程度理解できるようにしておかないといけません。 

web系知識のアップデートを長い間していなかったので、1か月ほど前からweb系の本を色々と読んでおりました。

もう頭がパンパンです。

 

しかし、どんなジャンルの本でも、読み始めると、自分の中にある「自由に使える語彙」が一気に広がるような感じがしますね。そのついでに、思考スピードが少し速くなるような気がするし、思考も少し柔軟になるような気がします。

インプットされることで、チクチクと脳が刺激されるんですかね。

もちろん、読書に限らず、同業種、異業種の方との情報交換なんかも、同じか、それ以上の効果があるのでしょうが・・・・。

 

 

農作業に追われていた時期は、疲れ切って本を読む気力も出なかったのですが、もともと読書好きなこともあり、本を再び読むようになって、脳内がシャキっとしてきた感じがします。

本を読む余裕を生活の中にひねり出すことは、ワタシにとっては大事だなコトだと分かりました。

農業系の本と非農業系の本を並行してルーティンで読めるようになる生活が理想です。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/24(日)10:45~12:00

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

・1/10(水)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席2名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

 

 

コメント

農業実践教室~乳酸発酵していると思うのですが・・・これは浅漬け?何漬?

2017-12-21 18:23:53 | Weblog

今、浅漬け作りが楽しいです。使う野菜は、もちろん農業実践教室で育てた野菜たちです。

 

仕込むのに数分かかりますが、あとは放置しておくだけなので、美味しい一品を作る作業としては、労働パフォーマンスは良い方だと思います。

でもまあ、家事って、この数分、数十分の積み重ねの負担感が結構大きいので、やるぞ!と気合を入れないとなかなか・・・ですよね。忙しい食いしん坊の皆さん、美味しいから頑張って作ってみて!です。

 

 

 ワタシは、浅漬けは、このグリグリとネジっぽいものを回して圧をかける道具を使って作っています。

 

適当に切った野菜と2%の塩と昆布と鷹の爪を入れてグリグリと圧をかけるだけで、あとは放置!

2~3日で食べきれる量しか仕込めないのが、逆に便利です。

 

このグリグリで思いっきり圧をかけるので、夜仕込んだら、翌日の昼には、かなり水があがってきています。

 

で、水が上がってきている状態を見るたびに思うのですが・・・この段階から、野菜たちの周りは嫌気の状態になるので、浅漬けでも乳酸発酵をするのではないかと・・・・。

 

「浅漬けは、発酵食品ではない」という意見がインターネット上にゴロゴロと転がっているのですが、浅漬けを仕込んで、この時期室内に常温で置いておくと、2日目くらいから小さな泡がポツポツ出てきて、味にも酸味が出てきます。

ただ、酸味が出る頃には、昆布から出てきたトロミが野菜から出た水分に加わり、若干濁ったような見た目になるので・・・・ちょっとヤバイかもという雰囲気も出てきます。

ヤバそうなんですけれど、食べてみると、なんとも爽やかな酸味で美味なのであります。

お腹も壊さず、ちゃんと美味しく食べられます。これは、やっぱり乳酸発酵なのでは?

 

・・・と、ここまで書いてみて、そういえば、これは、もしかしたら「浅漬け」の定義が違うのかもしれない、と思いまして、ちょっと調べてみました。

 

ワタシの言っている浅漬けは「漬け込んで2日目以降に食べる」浅漬けです。少し日をおかないと、塩辛いばかりで、あんまり美味しくないと思うんですよね。

 

で、浅漬けは発酵していない、と書いてあるサイトを見てみたら・・・・

浅漬けは、漬けて数時間で食べる、と書いてありました!

おお、そうなのかぁ!

数時間で食べちゃえば、発酵も何もないよなと、それはそれで納得。

 

となると、ワタシが作っているのは何?と思うのですが、ま、いっか。。。。

 とりあえず、「長めの浅漬け」は、きっと乳酸発酵しています!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/23(土)10:45~12:00

・12/24(日)10:45~12:00

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席2名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

 

 

 

コメント

農業実践教室~品種選びの自由を獲得するために苗を自分で作れるようになりましょう

2017-12-20 18:57:09 | Weblog

そろそろ来年の作付け計画を考え始める時期となりました。

 

農業実践教室の畑は、少量多品目栽培で、年間50品目くらい作っています。50品目の野菜たちの色々な都合を考えて作付け位置を決めるので、最終決定までに時間がかかります。

 

作付け位置と同時に迷うのが、「品種」です。

品種というのは、たとえば同じミニトマトでも、赤い色のトマトもあればオレンジ色、黄色のトマトもあります。それぞれ、違う「品種」です。もっと端的に言えば、同じように見える野菜も「商品名」が違えば「品種」が違う、ということです。カタログを見ていると、山のように品種があることがすぐに分かります。

 

農業実践教室では、一つの品目でも、いくつかの品種を栽培することが多いです。

たとえば、トマトは、大玉トマト、中玉トマト、ミニトマト、調理用トマトを栽培しているのですが、その中でも、ミニトマトは、それだけで3~4品種を栽培しています。

品種によって味が違うのはもちろん、実のつき方や美味しい時期、耐病性などずいぶんと違います。

あ、そういえば、最近栽培してきた品種で、盛夏時期に急に美味しくなくなる品種もありました。

1年目に??と思い、2年目に!!!と確信。

あれは衝撃でした。

盛夏時に味が落ちるだなんてこと、種袋やカタログには一切書いていないので、こーゆー側面は、経験で知るしかないようです。

念のため・・・メーカーさんの営業妨害をするのは本意ではないので、ココで品種名を質問しないでください。(^_-)-☆

 

なので、品種は、お店で売っている苗を適当に選ぶのではなく、積極的に選びにいった方が良いです。

ただ、苗を植えて育てていくタイプの夏のナリモノ野菜(トマトやナス、キュウリ等実が次々とつくタイプの野菜)たちは、苗を自分で作れないと、お店で売っている苗を買うしかないです。そこに品種選びの余地はありません。

 

 

さて。

農業実践教室は、苗づくりの講義もあります。

講義では、苗づくりに必要な条件をすべてお伝えし、各自、講義中にポットに種まきをしていただき、それを自宅に持ち帰り、自宅で苗として育てていただいております。

教室では、これを「自分苗」と呼んでいます。

春夏野菜コースで作る自分苗は、トマト、バジル、ナス又は唐辛子、キュウリ、かぼちゃ、ズッキーニ、予定です。

 

自宅での自分苗づくりは、限られたインフラの中で、お金をかけずに上手に作るための工夫が必要になってきますが、この工夫をすることが楽しかったりします。

大きくなった自分苗は、そのまま家庭菜園や庭、プランターで育てていただいてもよいですし、自宅にスペースがなければ、教室の畑に植えていただいてもかまいません。

 

苗半作という言葉があります。

それは本当にその通りで、苗が良いと、苗を植えた後もいろいろとスムーズで、悪いことは一つもありません。

 

ただ、最初は良い苗でも、放置しておくと苗が「老化」していきます。鮮度劣化みたいなものですね。

老化した苗では、その良さが半減です。買う苗の鮮度は、なかなかこちらの思うような選択ができないので、自分で作った方が何かと納得がいきます。

 

というわけで、良い苗を自分で作り、楽しく春夏野菜を育てましょう。

農業実践教室春夏野菜コース、現地無料説明会開催中です!

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/23(土)10:45~12:00

・12/24(日)10:45~12:00

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

・1/8(月)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席3名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

 

 

 

コメント

農業実践教室~直売所営業、本年度最終営業は来週12月26日です

2017-12-19 19:43:43 | Weblog

今日は、直売所営業日でした。大変ありがたいことに、少しずつお客さんが増えてきました。そして、本当にありがたいことに、いわゆるリピーターというお客さんも増えてきました。

本年度の営業最終日は、12月26日(火)12時~15時です。

今の時期は、キャベツ、白菜、ほうれん草、蕪、レタス、ブロッコリー、カリフラワー、春菊、長ネギ、ニンジンが大変美味しくできています。ぜひ、買いに来てくださーい!

 

直売所をやっていると、世の中の人が、いかに「キャベツ」と「白菜」に期待していないか、ということを感じます。

キャベツ、ハクサイは、うちの直売所での販売価格は安くはないので、そのまま放置しておくと、滅多に買ってくれません(どーせ、味は”あんな感じだろう”とタカをくくっているようです)。しかし、試食していただいたり、一度買ってくださった方は、リピートをして目的買いで買ってくださることが多いです。

 

農業実践教室の白菜は、寒さという季節の後押しもあり、浅漬けにしても鍋にしても、圧倒的に甘さを感じる出来映えとなっております。

ちなみに、葉がオレンジがかったオレンジクインという白菜。

鍋に入れるとこんな感じ。

あまりにもオレンジ色なのでビックリしました。

試食で、生食をお出ししたら、皆さんその甘さに驚いていました。

このオレンジクインは、畑にある残りが僅かです。

 

キムチ用の白菜も、非常に甘くて、葉が薄くて緻密にビッシリと詰まっていて、そんでもってパリパリしていて美味しいです。

こちらも、畑に残っている分は、僅かです。

 

キャベツも、ホントに甘いです。試食をしてもらうと、皆さん、甘さにビックリして買ってくださいます。ホントに甘くて、芯も美味しいので、1個丸ごと食べ尽くして欲しいと思っています。ちなみに、一番おいしい食べ方は、居酒屋メニューのように、おおざっぱにちぎって食べる感じです。

 

春菊は、生でも食べられて香りが強いと好評です。リピートして購入してくださっている方が、「1週間経っても全然傷んでいない」と驚いていらっしゃいました。

そうなんです、とても日持ちします。植物体内にセルロースがビッシリで細胞壁がしっかりしているからだと思います。

ただ、毎日のように霜が降りているので、春菊は、いつ終わってもおかしくない状態です。来週あったら、ラッキーかも!

 

蕪。

霜で傷めつけられないよう、この時期は霜よけをしながら育てています。

非常に寒くなってきたので、甘味はグングン高まっています。白い蕪は、生食でみずみずしく、加熱するととろけるような食感が美味です。

紫色が入ったカブは、緻密でシッカリしているので、生で食べると少し硬く感じるかもしれませんが、加熱すると、白い蕪より甘く感じるかも。どちらも同じくらい人気です。

 

ホウレンソウは、売らずに永久保存しておきたいくらいの出来映えです。が、もちろん売らないのは本末転倒なので、売らせていただきます!

ちぢみほうれん草と日本ホウレンソウがありますが、個人的には日本ホウレンソウの方が好きです。

 

赤いネギと白いネギ。

赤いネギは、全体的に柔らかくて甘いです。白いネギは、キッチリと締まりがあり、甘いです。

鍋や汁物に入れると、どちらもとろける食感で甘くて、汁物全体の味が、とてもおいしくなります。ネギは、12月~2月中旬くらいの寒さ厳しい時期が一番おいしいですね。

 

レタス。

ワタシは、小松菜、ルッコラ、レタスは、繊細な食味のモノが好きです。これらの野菜の食味は、生育環境に大きく影響します。この時期のレタスであれば、冬の厳しい寒さや強風にさらされ、野趣溢れる感じに育ったモノより、ハウス栽培で、過保護気味に育てたものの方が好きです。ハウス栽培で過保護に愛情深く育てると、レタスの表面は吸いつくようなしっとり感があり、ツヤツヤです。そして、甘くて香りも豊かです。

そういうわけで、過保護に愛情深く育てた美味しいレタスが、あり〼。

ちなみに、玉レタスは今、こんな感じなので、来年になってからの収穫です。

 

 

というわけで、年度最終営業日に向けて、直売所で売っている野菜の味について、少し語ってみました。

野菜は、品種と鮮度でしか味の差はない、という説が世の中にはあるようですが、それは違います。

育て方の違いで、味は全く変わります。

 

科学的有機栽培で、安全なのはもちろん、とにかく美味しいものを作ろうという意図で育てられている野菜たちをぜひ、買いにきてください!!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/17(日)10:45~12:00

・12/20(水)10:45~12:00

・12/23(土)10:45~12:00

・12/24(日)10:45~12:00

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席3名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

 

コメント

農業実践教室~2月3日(土)受講生・卒業生限定「土壌分析の会」開催いたします

2017-12-18 18:16:36 | Weblog

今朝は、ものすごく冷え込みました。熟睡していたのに、寒くて肩が張って明け方に目が覚めたほどです。家の中であれだけ寒いのだから、あの時間の畑はどれだけ寒いことか。。。。

この寒い時期にやる大切なことの一つが「来年の作付け計画」です。作付け計画というのは、どの位置にどの野菜をどれだけ育てようか、ということを決めることです。これを直前の気の迷いでコロコロと変えてしまうと、すごいややこしい畑になってしまうので、優柔不断な方は、迷うなら、余裕のある今の時期に思い切り迷いましょう。農業実践教室も多品目である上に、ワタシは選択肢が多ければ多いほど迷う優柔不断な人間なので、今から早めに迷い始めておきます!

 

で。

作付け計画を作ったら、その延長で、どの肥料をどれだけ入れるか、ということを決めていきます。決めるためには判断材料が必要で、その有力な判断材料が、土壌分析です。土の健康診断ですね。

自分の菜園での出来栄えがあまり良くない方は、栽培時期や地上部の管理に問題がなければ、土に原因があるのかもしれません。土に含まれる肥料成分の残量は、作物を作って収穫するたびにに変わっていきます。

だから、家庭菜園でも、年に1~2回土壌分析できたらべストです。

なので。

農業実践教室受講生(来期から受講予定の方も含みます)、卒業生限定で、土壌分析の会を開催いたします。

ご自身の畑の土をご持参いただき、一緒に分析しましょう。

後日、分析結果を受けて、何をどのくらい入れたら良いか、家庭菜園の視点で高橋がアドバイスいたします。

自分の畑の土の癖を知ることは、身近な自然の新たな一面の発見で、とても面白いですし、もちろん豊作への第一歩です。

 

★土壌分析の会★

1.開催日時

2018年2月3日(土)10:30~12:30

2.持参するもの

①自分の畑の土(土の取り方は、お申込みくださった方へのメール返信で具体的に記載します)

②土をよく振り混ぜることのできる密閉容器(蓋をして密閉状態にした中で、土を振ってよく混ぜたいので)

3.参加費

 4,500円/人

4.申込み方法

 高橋宛てにメールでお申込みください。

5.定員・申し込み締め切り日

 2月1日(定員に達したら先着順で締め切らせていただきます)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

毎週土曜日・水曜日に現地説明会も開催しております。

直近の説明会日程は下記の通りです。

・12/17(日)10:45~12:00

・12/20(水)10:45~12:00

・12/23(土)10:45~12:00

・12/24(日)10:45~12:00

・12/27(水)10:45~12:00

・1/6(土)10:45~12:00

・1/7(日)10:45~12:00

お気軽にご参加ください→お申込み・お問い合わせはこちら

上記日程で都合が合わない方は、ご相談ください!→こちら

 ②科学的有機栽培で育てた固定種大豆で作る味噌づくり講座

農業実践教室の畑で、科学的有機栽培で育てた固定種(小糸在来)で作る味噌づくり講座です。持ち帰り味噌の量は約3kg(出来上がり量)です。一般の方もご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。

 ・1回目:1月20日(土)10:30~12:30 残席3名

 ・2回目:2月10日(土)10:30~12:30 残席8名

 詳細はこちら

 お申込み・お問い合わせはこちら

BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

 ★★現在募集中の講座のお申込み・お問い合わせはこちら 

 

コメント