みんなの畑の日記~農業実践教室

フォトシンセシスが運営する農業実践教室の講義の内容、様子を公開。週末を活かして野菜作りを学びたい方に。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

農業実践教室第23期:7回目~再び台風が過ぎ去り・・・・気づけばサフランが咲いていました

2017-10-30 14:31:08 | Weblog

2週連続、週末に台風がやってきて、そして、台風が過ぎ去った後、また強風が吹き荒れています。

畝間(通路)は、たっぷり水が溜まった後が・・・。

 

2度の強烈な台風にも負けず、野菜たちはよく頑張りました!

1回目の台風でひどいダメージを受けた蕪も復活!

葉に照りも出てきました。

 

1回目の台風後に瀕死状態だったダイコン。

葉にかなり傷が入って擦れてパッと見で白く見えるほどでしたが、大分緑が戻ってきて、復活しました。

一安心です。

 

結球しない柔らかい白菜も無事、収穫適期を迎えられそうです。

良かった!

このハクサイ、柔らかくて大好きなんです。

 

来年の冬のキムチ作りに使おうかな~と思って、少しだけ植え付けておいたニンニクも発芽。

ニンニクは、今回大分数を減らして栽培することにしました。

少量なので、今回は、デパートの高島屋でまとめ売りされていた国産ニンニクを買って、それを植えてみました。

高島屋で売っていたニンニクは、決して高級ニンニクではありません。

むしろ、畑の近所にある食品スーパーの国産ニンニクより安かったです。場所代、人件費等も考えると不思議なのですが・・・。

とりあえず、種屋さんではニンニクが売り切れていたので、助かりました。ありがとう、高島屋!

 

さて。

慌ただしかった10月。

気づいたら、サフランが咲いていました!

毎年、特に手入れもせず、でも、ちゃんと体内時計に従って毎年同じ頃に花をつけています。

畑が少し殺風景になる時期なので、嬉しい開花です。

 

 

もうすぐ11月。

今度は、霜対策、寒さ対策、乾燥対策が必要な時期になってきます。

教室では、1つ1つの課題に丁寧に対応して、乾燥した冬でもみずみずしくて美味しい野菜を育てていきたいと思います。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

・農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

 現地説明会も開催しております。お気軽にご参加ください。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

ランチ付き収穫体験会(11/25 11時~14時)

 農業実践教室の畑で収穫体験後、採れたて野菜をたっぷり使ったランチを楽しんでいだきます。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

 

コメント

農業実践教室~11月25日にランチ付き収穫体験会開催いたします!

2017-10-25 20:02:08 | Weblog

今日も千葉市は雨!!!たっぷりの雨でした。

週末も台風が来る可能性があるとのことなので、畑は明日、明後日、やることが山盛りです。

 

さて、告知です。

11月25日(土)11時~14時 ランチ付き収穫体験会を開催します!

 

ランチ会のメニューは、こんな感じです。↓↓

●ウェルカムドリンク~ホットジンジャー

●おばんざい

●野菜たっぷりの鍋

●しめのお料理~雑炊またはうどん

●食後のデザート~キナコ餅

 

食前にお出しするホットドリンクは、毎年農業実践教室で大好評の「自家製ジンジャーエールの素」のお湯割りです。すごく美味しいです。とても体が温まります。

 

おばんざいは、その時に一番おいしい野菜を使います。鍋のメニューと似た感じにならないように、いくつかご用意する予定です。

 

野菜たっぷりの鍋は、もちろん出汁からきちんと取ります。惜しげなく畑の野菜を使います。昆布やカツオからの出汁だけでなく、味に力のある有機野菜からにじみ出る旨味が重なり、しみじみとした美味しさになります。どんな鍋になるかは、当日までのお楽しみで!

 

デザートのキナコ餅のキナコは、農業実践教室で収穫した大豆をその場で煎って粉にして作ります。多めに作るので、余った分は皆さんにお持ち帰りいただきます。

この日のランチ会は、収穫体験付きです。収穫いただいた野菜はお持ち帰りください(ご希望であれば着払い宅配もお受けします)。

収穫していただく野菜は、白菜、大根、ほうれん草、人参を予定しております。

参加費は4,320円(税込み)です。

アクセス等詳細はこちらです。

 

さて。

最近、メッキリ寒くなってきました。

冬野菜たちは、自然からの猛烈なアタックにもメゲず、少しずつ冬野菜らしい滋味溢れる優しい美味しさを滲み出してきています。

 昨日は、農業教室の白菜を試食したのですが、生で芯をかじるとジュワっと水分が弾け出て、そしてすごく甘くて、シアワセな気持ちになりました。

ジャン!

なので、この白菜をどう使おうかなと・・・。

定番の鍋に使うのはもちろんなのですが、他に何にしよう♪と考えて・・・先ほど浅漬けを仕込みました。

もしかして、な~んだ!と拍子抜けしましたか?

いやいや、美味しい白菜で作った浅漬けをナメてはいけません。

白菜本来の甘さが、浅漬けの塩味とマッチしてすごく美味しい浅漬けになるんです。

ああ、明日の朝が楽しみだ~!!

野菜の個性を考えながらお料理を作るのは、とても楽しいです。・・・といっても凝った料理をするわけではないんですけれどね。

 

というわけで、シンプルな野菜料理を一緒に楽しみませんか?

皆さんのご参加をお待ちしております!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記の参加者を募集しております。

・農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

 現地説明会も開催しております。お気軽にご参加ください。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

ランチ付き収穫体験会(11/25 11時~14時)

 農業実践教室の畑で収穫体験後、採れたて野菜をたっぷり使ったランチを楽しんでいだきます。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

 

コメント

農業実践教室第23期:直売所の営業時間12時~15時に変更します

2017-10-24 20:09:33 | Weblog

今日は直売所の日でした。

夕方は、台風による野菜の傷のメンテナンスのため時間を取りたかったので、早めに直売所の用意をして、作業をしながら皆さんをお待ちしておりました。

2時過ぎくらいにバタバタバタ~っと何人もお越しくださり、たくさんお買い上げいただきました。

初めてお店に来てくださった方には「いつ見ても開いていないよね」と100%言われる直売所ですが、そんなお店でも、所謂リピーターのお客様がついてくださり、毎回色々とご購入いただいています。ありがたや~ありがたや~。

この時期は、枝豆が大人気で3週連続買いに来てくださる方もいらっしゃいます。

手間がかかっても種まき時期をバラしておいて良かった!来週まで、販売できるといいな~。

 

さて。

そんな直売所ですが、営業時間変更です。

来週10/31から直売所の営業時間を毎週火曜日12時~15時に変更いたします!!!

日が大分短くなったので、17時までの営業が難しくなりました。

開店時間も早めます!ぜひ、お気軽にお越しください。

 

 

台風による影響ですが、今日、ゆっくり畑を見まわすことができて、大分、分かってきました。

台風前に種播きしておいたほうれん草が無事発芽!

悪夢のあとの生命の誕生は、神々しいものがあります。

また台風が発生したようですが(泣)、逃げ切ろう、ホウレンソウ!

 

デリケートな白菜はどうかしら??と一番心配していましたが、今日も低温でしたし、農業教室の場合は、防虫ネットの狭い空間でひしめき合うように育てていることもあり、お互いが支えあっていて何とか大丈夫そうです。

ただ、グラグラしたものもあるようなので、まだ気を抜けません。ファイト!ハクサイ!

 

ハクサイは思いの他大丈夫であったのに対し、露地のレタスは、葉の縁が風で擦れて黒くなってしまったり、外の方の葉が揉みしだかれたような感じでズタズタに傷んでいるものもあります。

今年は、レタス、すごく美味しくできるようになったのに、なんてこった!!!!

露地レタスは、ここでもう見切りをつけて(これ以上新たに植えないという意味で)、この後は、ハウス栽培をします。

 

レタスのダメージを見た時には、テンションがダダ下がりでしたが、無料で太陽光や雨を利用させていただいておりますゆえ、時々こんなコトがあるのも仕方ありません。

色々と出ているダメージに対して、事後の努力でどこまで回復させられるかということには、教室として非常に興味がありますし、可能な限り努力してみます!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

・農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

 現地説明会も開催しております。お気軽にご参加ください。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

 

コメント

農業実践教室第23期:7回目~台風一過。被害を最小限にしたいところです。

2017-10-23 19:49:15 | Weblog

台風一過のきれいな晴天。

 

いい天気ですが、今日は強風が吹き荒れています。

 

最悪です。

だって・・・・

防虫ネットが剥がれまくっているんですもの。

あ~あ、見事にご開帳!

 

これも。。。

せっかくココまで順調だったのに、よりによって、虫が好むアブラナ科野菜の防虫ネットが吹き飛んでしまいました。

 

明日が来るのが怖いです。

 

かろうじて防虫ネットが剥がれなかったブロッコリーは、ネットの中で倒れていました。

起きて。。

 

どこからか飛んできた、鉄不足と思われる野菜の残骸。

ダイコンの畝に刺さっていました。

ダイコンは、葉っぱが風でベロンとしてしまいましたが、回復を期待。

台風という強烈なストレスに長時間当たってしまったので、味の変化が心配です。

 

 発芽したばかりの緑肥の芽も、ペターっと地面にへばりついてしまいました。

 

今年は、日照不足で、雨続きで、気温が低くて、そして仕上げに強烈な台風ということで、試練の連続です。

もう少ししないと状態を見極められないのですが、野菜の自力での回復も少し期待しつつ、人間のワタシも修復のお手伝いをして、この試練を乗り越えたいです。

頑張るぞ!!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

・農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

 現地説明会も開催しております。お気軽にご参加ください。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

 

コメント

農業実践教室第23期:7回目~雨なので座学をしました

2017-10-22 10:33:54 | Weblog

昨日は、天気予報が外れて朝からずっと雨。結構たっぷりな雨。

天気予報では、午前中は曇りだったのに!

農業実践教室は、予定通り開催いたしました。

天気の具合に応じてやれることを何通りか考えていたのですが、振り切って、座学中心の日と決めました。

 

畑中心の講義では、なかなかできない内容を・・ということで、今回のテーマはコレ。

「家庭菜園での作付け計画について」です。

家庭菜園は、多品目栽培の方が多いでしょう。

畑のやりくりが、ややこしいです。

たっぷり時間をとって皆さんに学んでいただきました。

 

イメージしやすいように、受講生の皆さんの実際の畑の状況をお聞きし、来年春から栽培したい野菜をご本人にお聞きしながら、どういう順番で考えていくと、よりベターな作付けをできるのか、シミュレーションしていきました。

多品目栽培の農業実践教室も、作付け位置は悩んで決めています。必要な肥料の量、水の量、背丈、作付け期間の長短、栽培後の畑の疲弊具合‥等々を考慮しながら、パズルを埋めるように作りたい野菜の位置を決めていきます。畑の形は、決してきれいな正方形や長方形ではないのですが、いつもエクセルを使って作付図を作っています。

 

今回の講義では、3名の方の家庭菜園の様子を例にあげて、一緒に考えていきました。

それぞれの愉快な個別事情に、みんなでゲラゲラ笑いながら、ホワイトボードに作付け図を書いて、年間計画を作ってみました。

年間計画で意外と重要なのが、撤去時期を決めておくことです。トマトやナス等ダラダラチョロチョロと採れてしまうものをいつズバっと切るかで、畑の回し方が少し変わってきます。

年間計画ができたら、あとは施肥です。

施肥というのは、どの肥料をどれだけ入れるか、ということです。

 

農業実践教室では、土壌分析をして、施肥設計をして、堆肥もミネラル資材もたっぷり入れて、太陽熱養生処理をして、緑肥も取り入れて・・・。つまり、自分で出来る限りのことを尽くして野菜を作っています。

受講生の皆さんがそれを一緒に体験して、自分の菜園にどこまで反映させるかは、それぞれの凝り性レベルによって違うと思っていますし、事情に応じてダウンサイジングが必要なこともあろうかと思います。緑肥のように不可能なことは不可能で(緑肥を活かすには道具が必要!)、さっさと割り切れると思いますが、迷うのが「施肥」でしょう。

 

良いものをちゃんと作りたいのであれば、施肥は重要です。

なので。

農業実践教室では、受講生・卒業生の皆さん向けに「土壌分析を一緒にやる会」を2月に開催します。

それぞれの菜園の土をご持参いただき、一緒に分析していきます。

詳細については、後日、改めてご案内します。

 

自分の畑の土の癖を知ると、与えるべき肥料がピカっと見えてきます。

前回春の土壌分析の会では、分析した結果、リン酸過多の畑で野菜を作っている方がいらっしゃったので、それに合った肥料を紹介しました・・・というか、間違って買ってしまったものがあったので、お譲りしました。

 

せっかく自分で野菜を作るなら、土づくりから丁寧に作り上げていくことをオススメします。

そのプロセスもまた楽しいので。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

・農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

 現地説明会も開催しております。お気軽にご参加ください。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

 

コメント

農業実践教室第23期:2018年春夏野菜コース受講生募集開始します

2017-10-19 09:09:33 | Weblog

今朝は、朝からシトシトの雨。

これからしばらく曇り又は雨の日が続くようです。

そんな中、昨日は、貴重な晴れの日でした。 

貴重な晴れは、束の間の晴れでもありました。

午後にはすっかり曇ってしまい、風は冷たく、今にも雨が降りそうな感じに・・・。

これから連日の雨のようなので、急ぎ足でやれることを最大限やっておきました。

 

 

さて。

10月も半ばの農業実践教室の畑はこんな感じです。

 

ダイコン。

ちょっと葉が徒長気味だけれど順調。

肌目もキレイな美人さんです。葉っぱは、生で食べると大根おろしのような味で、美味しくてビックリしました。

 

 

この秋冬2作目のレタス畝。防虫ネットをかけておいたので、カラスに嫌がらせされることもなく、順調に大きくなっています。

イタリアのレタス。

 

いつ見てもカッコイイ!!

 

下のリーフレタスは、1作目でもやりました。柔らかくて、苦味などの嫌な味がなくて甘味があって、”レタスといえば玉レタスでしょ!”という、玉レタスしか食べたことがなかった中高年の方にも好評でした。

 

もう少し後で収穫する予定だったのに、連日の夏日がたたって、早く出来てしまったカリフラワー。

 

ちなみに、ブロッコリー・カリフラワー類は、葉っぱが立派です。

葉や茎は、堆肥化する以外は基本、ゴミになるのですが、栄養がありそうなので何かに使えたらよいのに・・・といつも思っています。

実際に食べてみると、葉柄の軸部分の付け根に近い方は、部分的には「”美味しくないきゃべつ”の芯」程度に美味しいのですが、この葉の平らな面はポソポソゴワゴワして、食事として食べるには、気合と工夫が必要です。コッテリ系の出汁の材料として鳥ガラと一緒に煮込んだりすると、良い隠し味になるかもしれない・・・。2月になるとヒヨドリが葉を食い荒らすので、鳥の餌にも良いかも・・・・。

 

紫キャベツたちは、次々に大きな葉が出てくるので、畝の上はおしくらまんじゅう状態です。

紫キャベツは、苦いという印象が強いかもしれませんが、寒い時期に収穫すると、とても甘くておいしいです。なので、焦らず、ゆっくりじっくり育ってほしいところです。

 

11月収穫予定のきゃべつ。

こちらのキャベツは、先日から収穫しているタケノコ型のキャベツとは全く感じが違う大きな扁平型のキャベツです。葉も分厚いです。

でも、タケノコ型のキャベツと同様か、むしろそれ以上に甘くて美味しいキャベツになります。

葉がぐーんと大きく張って、生育は至って順調。

このまま、美味しく仕上がってくれますように。

 

 

 さて。

ここで、来春からスタートする春夏野菜コースのご案内です。

2018年3月スタートの春夏野菜コースの受講生の募集を開始しました!

春夏野菜コースは、トマト、ナス、トウモロコシ、枝豆、ズッキーニ、キュウリ、カボチャ、葉物野菜、インゲン、ジャガイモを基本アイテムとして、理論と実践の2本立てで学んでいただき、基本アイテムの応用として、スイカや生姜、落花生、サツマイモ、玉ねぎ等まで一緒に色々な野菜を育てます。各種野菜を育てながら、土作りや資材の使い方等、汎用性のある農作業も学んでいただきます。これから家庭菜園を始める方、家庭菜園をより充実させたい方、農業に興味のある方はぜひ!

現地説明会も開催します!説明会は、たっぷり持ち帰り野菜付きです。お気軽にお越しください!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

・農業実践教室春夏野菜コース(2018年3~7月)

 現地説明会も開催しております。お気軽にご参加ください。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

コメント

日本農業新聞にBLOF理論中級講座のことが掲載されました

2017-10-17 08:21:38 | Weblog

先日開催したBLOF理論中級講座について、本日(10/17)付の日本農業新聞の首都圏版で記事が掲載されました。

記者さんが、講座に一日中同席して、記事を書いてくださいました。

元原稿は、もっと長かったんですけれどね。

 

念のため・・・ご存知の方が多いと思いますが、日本農業新聞は農協系の新聞です。

ワタシも購読していますが、農協とは関係のない話題が載るのは、珍しいです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

コメント

農業実践教室第23期:6回目~防虫ネットは防鳥ネットでもありました

2017-10-16 17:33:34 | Weblog

金曜日から雨が続いています。

豪雨ではなく、シトシト雨であるのが、せめてもの救いですが、もう畑の水分は飽和状態です。どこを歩いても、足を踏み込むごとにジワジワっと水分がにじみ出てきます。

この雨天続きの前は、夏日がチラホラだったので、ブロッコリーが一気に出来上がりました。

ブロッコリーは、虫対策で苗の定植直後から防虫ネットを張って育てていたのですが、大きくなってきてネットの中で窮屈そうだったので、前回講義日に思い切ってネットを外してしまいました。まだ夏日もあるこの時期にネットを外してしまうのは、初めてです。

ネットを外してから「大雨後の晴れ」という日が2回あったので、ヨトウムシ等虫害が大発生するのではないかと心配しましたが(大雨後に晴れると土中の硝酸態窒素を一気に吸い上げて、虫害被害が起きやすいです)、無農薬でも虫害被害は殆どありませんでした。

良かった!!!!

 

というわけで、ブロッコリーは、防虫ネットを外したおかげで葉も生き生きとしてきたので防虫ネットを外して大正解!!!と思っていたら・・・。

 

 

防虫ネットをしていないレタス畝で、植えて間もないレタスが、鳥にほじくり返されました~

しかも、食べられているわけではなく、単に苗をつまみ出されただけです。

 Oh, my god!

 

犯人は、キミか?

キミか?

キミらか??

思い返してみると、以前にも鳥にナスの苗を何度もほじくり返されたり、ジャガイモの芽をちぎられたり・・・。

鳥からはしばしば嫌がらせを受けてきました。

最初は人間がやったのかと思って泣きそうになりましたが、よーく見ると、大抵マルチシートの上に鳥の足跡がペタペタと。。。

鳥って、性根が曲がっているんですかね。

 

とりあえず雨が上がったら、防虫ネットを張っておこうと思います。

 

それにしても、生きるために野菜を食い荒らすのであればまあ仕方がないのですが、アレは鳥の悪意あるいは暇つぶしの娯楽としか思えません。

これから寒くなってくると本気の鳥害被害が出てくるので、今年は隙のない対応をして静かなる復讐をしようと思います。

そこらへんの鳥たち、覚悟なさいっっ!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

コメント

秋のBLOF理論中級講座 開催いたしました!

2017-10-14 20:20:25 | Weblog

BLOF理論中級講座を開催いたしました。

今の時期は、ある程度、秋冬野菜の形が出来上がっている時期であり、豆類・イモ類が収穫を迎える時期です。

というわけで、定例の質疑応答は、目の前の作物を見ながら、食べながら、進みました。

 

皆さんが診断してもらうために持参した野菜と、今回は特別にBLOF理論実践者の中でもトップ集団の皆さんの野菜がズラリ・・・。

 

 

サトイモは、せっかくなので根っこから葉っぱまで持参していただきました。

 

 

 

 

 

中級講座は、科学的な有機栽培として自分が理解している知識と考え方が正しい方向にあるかの確認、実践する中で出て来た疑問・問題の解決等を目的とする講座です。

 

実際に栽培していると色々と出てくるので、今回講座でも活発に質問が出てきました。

皆さん、溜まった疑問を解消できたでしょうかね。。

 

最近感じているのは、植物生理を理解することの重要性です。

植物生理を説明してもらうと、目の前の現象について、あああ~、だからそうなのか!!ということが多いです。

今日も色々と質問させていただきましたが、農業実践教室で栽培しているダイコンの葉について、土は柔らかいし、施肥設計も(私なりに!)きっちりやっているし、水管理もやっているし、なのに、なぜ?という現象があったので、質問したのですが、小祝先生から返ってきた回答は、栽培環境とそれに対するダイコンのリアクションについての説明で、先生、どこかで見ていました?と思えるくらい、生育中の気候とワタシがやっている管理内容を正確に言い当てられました。

すごーい!!

 

というわけで、ワタシは、やはりこういう農業が面白くていいな!と思うのであります。

面白いだけでなく、たとえば、何か問題にぶつかったときに「こうすればよい」という処方箋だけを与えられるのではなく、なぜ、こうするのがよいのか?ということを仕組みから考えて理解して実践していくのがBLOF理論なので(とワタシは理解しています)、目の前にある問題解決のために1つの流れをまずキッチリと理解すると、その理解の波及効果が結構大きくて、そこから、トントントンと理解スピードが上がり、理解できる範囲が広がり、理解→実践→検証→成果が出る、の良い循環に入っていけるのかな・・・と感じています。

そして、その先に「仮説&検証」で、さらなる高みを目指して・・・でしょうかね。

うむ。先は長い・・・・。

 

この秋冬は、BLOF理論に基づく基本的な土作りが一定程度正確にできるようになったようで、管理作業がかなり楽でした。

あんまり苦労していないので、家に戻っても体力が残っており、こうしてブログの更新頻度が上がったわけです。

 

でも、もっともっとレベルを上げたいので、12月16日に開催するBLOF中級講座で、品目別のアグレッシブな施肥設計を学びたいと思います。

個人的には、トマト、人参、キャベツ、トウモロコシ(というか可能な限りたくさんの野菜を・・)、それと育苗培土の改良のための施肥設計を学べれば!と思って参加します。

 

ちなみに、本日から申し込み受付開始です!→申し込み画面はこちら

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

 ・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(12月16日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

コメント

農業実践教室第23期:6回目~実りの秋がやってきた!

2017-10-11 20:12:25 | Weblog

農業実践教室の畑に実りの秋がやってきました!

6回目の講義日には、レタス4種、みさきキャベツ、ミニ白菜、枝豆、そして撤去がてら収穫したピーマン・ナス、それと、ここには映っていませんが長ネギをお持ち帰りいただきました。

ざっとキレイにまとめてこんな感じの量でしょうか。

 

 

さて。

収穫ラッシュに突入した農業実践教室のランチタイムでは、4種のレタスを合わせたレタスサラダ、採れたての枝豆、保存しておいた玉ねぎのローズマリーソテーをいただきました!

   

レタスのサラダは、敢えて種類の異なるレタスだけを和えたサラダにします。

レタスの香りや甘味を存分に味わえるので、レタスが好きかもという方は、ぜひ、やってみてください。

オススメは、違いが分かりやすい玉レタス+リーフレタスの組みあわせです。

リーフレタスは舌触りがシルキーでドレッシングがよく絡まって、一方、玉レタスはシャキシャキとして甘く、対照的なコンビネーションが美味しすぎて、スルスルと食べてしまいます。

ちなみに、今回のレタスサラダのドレッシングは、オリーブオイル+塩+酢+微量のホワイトペッパーで作りました。レタスの味を味わいたい場合は、このくらい削いだドレッシングが良いなと思います。

 

玉ねぎのソテーは、ハーベストクラブのくろちゃんが即席で作ってくれました!

このソテーで使った調味料は、塩とオリーブオイルとローズマリー。

おしゃれなカフェのランチプレートにチョコっと添えてあったら嬉しい感じの一品です。

 

ちなみに、赤タマネギは、生食向きの玉ねぎだったのですが、保存しておいたらものすごーく甘くなっていました。

生食で甘いタマネギは、貯蔵するともっともっと甘くなるんですね。

 

夏から秋にかけて仕込んでおいた色々な野菜たちが、これから順番に収穫時期を迎えます。

教室の皆さんは、畑に足を運ぶごとに収穫できる野菜が変わってきますので、旬の移り変わりを一緒に楽しみましょうね!

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

フォトシンセシスでは、現在、下記講座の参加者を募集しております。

 秋の無農薬野菜づくり半日特別講座(10/15)

 2時間で、無農薬野菜づくりのポイントを学んでいただく講座です。

 これから野菜づくりを始めてみよう!という方は、お気軽にぜひ!

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

・無農薬野菜をふんだんに使った自家製キムチづくり講座(11/11午前・午後)

 教室で作った野菜をたっぷり使った自家製キムチづくり講座です。

 化学合成調味料等を一切使用せず、全てナチュラルな素材で作ります。参加しやすいよう午前と午後の部に分けました。

 公共交通でお越しの方は、最寄りのバス停までの送迎あります。

BLOF理論中級講座(10月14日開催)

 BLOF理論入門講座を受講したことのある方、BLOF理論を実践している方向けの講座です。

・BLOF理論入門講座(2018年1/13,1/14,1/27,1/28)

 「Bio Logical Farming:生態系調和型農業理論」にご興味のある方ならどなたでも受講いただける講座です。こちらの内容は、農業者はもちろん、飲食店経営者、食品関連事業者、医療関係者等幅広い分野の皆さんに役立つものと感じております。最先端の科学的有機栽培を多くの方に知っていただければと思います。

  

コメント