みんなの畑の日記~農業実践教室

フォトシンセシスが運営する農業実践教室の講義の内容、様子を公開。週末を活かして野菜作りを学びたい方に。

農業実践教室第11期6回目~葉物を間引きしながら収穫

2011-10-20 09:44:08 | Weblog

第6回目は、大きくなってきた葉物野菜の間引きをしつつ収穫しました。

  

今年はヨトウムシという虫が多く、虫よけネットを張っていても地中を這ってやってきます。

ヨトウムシは、呆れるほど貪欲な大食漢です。

ヨトウムシは、サツマイモが大好きです。それにハクサイ、キャベツ等のアブラナ科野菜も大好き、サトイモも大好きだし、手近なところにあると、落花生だって殻から食べちゃいます。お腹が空いているとクローバーも食べます。

ヨトウムシが本気で野菜を食い尽くす場合、たとえばキャベツなんかはレースのようにしてしまいます。小さな苗や芽だと、跡形もなく消えてしまいます。

そんなヨトウムシは、葉っぱ系秋冬野菜の大敵です。

教室では、コマツナ、ミズナ等アブラナ科の葉物野菜は、ヨトウムシ等の虫害被害を想定してたくさん種を播いておきました。

 

たくさん種を播くと、普通はたくさんの芽が出ます。そのまま全ての芽が順調に育つと次第に混みあってきます。大きくなってからも混み合ったままだと、お互いの存在が太陽光を浴びる妨げになって生育不良になったり、風通しが悪くなって病気になることもありますので、適当な時期に間引いて、野菜同士の間に適度な間隔を作ってあげます。

例年であれば、もっと早い時期に間引きをするのですが、今年は虫害被害が深刻化する可能性があったので、教室では、虫に食われる割合を少しでも減らすために間引きのタイミングを遅らせていました。

どれだけ食われるかちょっと心配だったのですが、心配していたほどではなく・・・。

 

全体の1割程度の被害で済みました。

 

 残った葉物は、キレイに育っています。

 

ルッコラ。

 

コマツナ。

 

ミズナ。

ミズナは、まだもう少し時間をかけて大きくしていきたいところです。

 

葉物野菜は、ダイコンの間引き菜等と一緒にお持ち帰りしていただきました。

葉物野菜は、炒め物にしても良し!汁物に入れても良し!

お料理のレパートリーもたくさんありますよね。

お持ち帰りいただいた野菜は余すところなく使ってくださいね~。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 農業実践教室からのお知らせ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 2012年3月スタートの 農業実践教室第12期教室(春夏野菜コース)に関する情報をホームページにアップいたしました。 http://www.t-kougousei.jp/

 ぜひ、ご覧ください!

 教室の畑は、東京駅から車で約50分ほどの位置にあります。公共交通でもアクセス可能です。

 11月26日(土)、12月10日(土)に現地説明会を開催いたします。ぜひお気軽にお申し込みください。

第12期は内容詳細はこちら

第12期参加要領はこちら

第12期教室説明会はこちら

参加者の声(第1~9期)の声はこちら

 理論と実践の両輪でしっかりと無農薬野菜づくりを学びたい方、採れたての無農薬野菜の美味しさを畑で味わいたい方、大勢でワイワイと楽しみながら無農薬野菜づくりを学びたい方、アウトドア気分で野菜づくりを楽しみたい方、広い畑でリラックスしたい方・・・お待ちしております!!

 

また、卒業生の皆さん。

ハーベストクラブへのご参加もお待ちしております!「 ちょっと畑から遠のいちゃっているなぁ~」という方もお気軽にご連絡くださいね!→ info@t-kougousei.jp

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 農業実践教室第11期6回目... | トップ | 農業実践教室第11期6回目~ラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事