句写美1

俳句と写真で美を追求している、「句写美じぃじ」です。
ハックション!!バックシャン!!
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見下ろせし泡立つ冬の鳴門峡//冬波にもまれてゐたり観潮船//大北風大吊橋の揺るるかに

2009-11-20 13:41:11 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ
・四国一周紀行:2日目(鳴門温泉から安芸よさこい温泉まで):6


・鳴門橋から見る小島


・鳴門橋の窓から見る海面・海面まで45m


・看板に使われていた、大渦潮


・大鳴門橋3枚








今日の俳句:見下ろせし泡立つ冬の鳴門峡
       冬波にもまれてゐたり観潮船
       大北風大吊橋の揺るるかに

俳句の季語:冬の鳴門/冬波/大北風//冬

俳句の大意:陸地から450m歩いたところにある、
      大鳴門橋の休憩所の床はガラス張りになっている。
      海面からの高さは45mある。

      下を覗くと、足がすくんでしまい、腰のあたりがもぞもぞしてくる。

      冬の波が逆巻く感じである。

      休憩所に貼られてある、大渦潮の看板も迫力がある。

      450m行って、陸地まで戻ってきて、生きた心地に戻る。

      観潮の船が大きく揺れている。
      乗っている人は、おそらく船酔いしていることであろう。

      下の2枚の写真は、なかなか良い写真だと思うのだが。^-^
      (自画自賛・・ハハハ)
           




>>ポチ、今日も2位だよ。^^・超うれしいね。
  でも、見に来てくれる人も、
  コメントしてくれる人の少ないのも、
  ちょっぴりさびしいね。

    
  
・俳句に興味ある方は、「鴻風俳句教室」にも、
 おいでください。ご一緒に俳句をつくりませんか。
http://www.rak2.jp/hp/user/koufuu52/




日記@BlogRanking
押してくださいね^^
 ・コメントもお願いしますね^^
 ↑このエンピツの白いところを押してください。
そうすると、場面がかわり「投票」ボタンが出ますので、
ポチンと押してくださいね^^

  
くる天 人気ブログランキング
 ↑・こちらもお願いしたいのですが。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 橋桁の幾何学美しき冬の雨//... | トップ | 那珂川の激しき流れ神無月//... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (麻子)
2009-11-20 14:50:10
海の景色は何にもいらないですね。
大波の海が大好きです。

*冬波にもまれてゐたり観潮船
船の旅も良いですね。

鳴門海峡 (まび)
2009-11-20 19:18:38
 大きな渦巻きが見えなくても、さすがに冬の海峡は迫力がありますね。
 行ったことのない四国の冬の旅、北風や波音ををも感じながら楽しませてもらっています。

 風邪の具合はいかがですか。お大事になさって下さい。
麻子さん・ありがとう^-^ (じぃじ)
2009-11-20 19:36:53
 冬の船の旅は死ぬ思いをしますよ。
 最も、じぃじの場合、
 日本の最北の稚内と利尻間ですからね。
 何十回どころじゃないですものね。
 よく30年も住んでいたと思います。
 またね~~
まびチャン・ありがとう^-^ (じぃじ)
2009-11-20 19:40:54
 太平洋から吹き寄せる風はさすがです。
 紀伊水道だからなんでしょうか。
 荒れていましたね。
 そんな中を、観潮船が出ているんですから、
 さすがですよ。
 
 風邪だとも思えないんですが、
 ベッドに入って体が温まると咳が出て止まらないんです。
 明日は病院に行ってきます。
 まびちゃん、またね~~
鳴門峡 (江梅)
2009-11-20 23:53:49
>見下せし泡立つ冬の鳴門峡
>冬波にもまれてゐたり観潮船
>大北風大吊橋の揺るるかな

情景が浮かんでくる素晴しいお句ですね。
 江梅は毎年何回かは行きますが、なかなか写真も句も読めません。
カメラの腕前がいいから、どの写真も素敵ですね。

江梅さん・ありがとう^-^ (じぃじ)
2009-11-21 00:23:17
 近いからいいですね。少しずつ行っても、
 88か寺全部、参詣できますね。
 じぃじも近ければやりたいと思います。
 それと、四万十川の蛍を見に行きたいですね。  
 またね~~
鳴門峡 (ハナ)
2009-11-21 01:27:26
鳴子峡の吊り橋は行ったのですが~

大北風:おおならひと読むのですね~
自画自賛でなくとも誰もが認める素晴らしい
写真と俳句ですね。
船旅は青函連絡船と東京芝からの大島、
厳島神社、生い立ちが海に近い尾道や叔母が住んでいた尾道~百島(ももしま)は叔父さんが
船の機関長でしたので子供が幼稚園のころ行き、獲りたてのシヤコの茹でたのご馳走になりました。

酔いませんでしたが、鳴門の渦潮は酔うでしょうね。

風邪暖房するから乾燥するのでしょう。
水分補給して、濡れタオル掛けて置くか加湿器
つけていますか?

お大事にしてくださいませ~
ハナさん・ありがとう^-^ (じぃじ)
2009-11-21 15:43:27
 ハナさんは、鳴門峡に行ったことがありますか?怖いですよ^^
 冬の船旅は船酔いしますよ。
 鳴門の観潮船は見ているだけで酔いを感じます。
 部屋は確かに乾燥していますね。
 加湿器を買ってこようかとも思っています。
 おハナさんも風邪をひきませんようにね。
 またね~~

コメントを投稿

俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事