指定管理者速報ブログ版/公園情報センター提供

公園情報センターではブログ版による指定管理者公募情報を開始。
公園遊具博覧会ブログは終了しました。

スプリング式小遊具-1

2011年06月30日 16時39分35秒 | 日記
クジラか?
こんなさわやかな色合いも公園にはいい。しかし、公園は単なる憩いの場ではない。砂漠のオアシスが暴力と退廃、そして強盗や略奪が横行していたのと同じように、大都市の公園もまた、鼻からちょうちんをぶら下げて寝ていられるようなアホンダラの憩いの場では決してない。殺人や誘拐、強盗や暴力、そしてイジメや脅迫、暴行、強姦などの巷で起こることは公園で頻度に起こる。そんな厄介者である側面もまた公園は持っているのだ。だからこそ、みんなが日々力をあわせて育てていくのが公園なのだ。
新しい公園をつくると言うと近所の学校の校長が「迷惑だから止めて欲しい」なんて言う社会はただしていかねばならない。
コメント

古タイヤ遊具

2011年06月29日 15時12分16秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

古タイヤ遊具

2011年06月29日 14時56分27秒 | 日記
以前は粗末な公園に行けば行くほどこの古タイヤ遊具はどこにでもあった。しかし、いまでは見る機会もガクンと減った。たぶん、それだけ公園遊具の質が向上したのだろう。ブランコやすべり台、或いは鉄棒などは街の小さな鉄工所が好き勝手につくっていた時代から、多くの公園遊具専業メーカーが現われ、業界団体まである。
しかし、考えてみてほしい、質の向上した遊具が何をもたらしているのか。公園利用者が増えたのか。みんな公園を好きになったのか・・・どれもノーだ。
そこでは遊具の安全性やら、ナニヤラ・コレヤラと業界発展のために官民が一体となってつまらぬ公園を山ほどつくった。そして公園遊具のゴミ捨て場のような公園が大都会に溢れるようにある。しかし、だれも責任をとらない中、見捨てられた公園が住宅地に廃墟のような姿を晒している。我は一時期、公園の統廃合をいろいろなメディアの中で叫んだが、結局誰も相手にしてくれなかった。もう絶対に知らん、誰が何と言っても知らん。
コメント

スプリング式小遊具-7

2011年06月28日 15時31分54秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

スプリング式小遊具-7

2011年06月28日 15時17分31秒 | 日記
消防自動車か。
我は自動車にはほとんど乗らない。クルマを持っていないからだ。自転車や新幹線、そしてフォークリフトやヒコーキ、はたまたジェットコースターやら馬にも近頃はほとんど乗っていない。乗り物と言えば、こうしたスプリング遊具やら回転遊具などばかり。自慢じゃないが、みんなタダなのだ。ただ死ぬまでに一度で良いから、10万円を払ってでもいいので遊園地のコーヒーカップに乗りたい。あんな素敵な遊具は公園にあっても、殆どは故障して回転しなくなっている。なぜメリーゴーランドではなくてコーヒーカップなのかは言いたくない。コーヒーカップに揺られて30秒後に死んじまうのが我の希望なのだ。そして葬送曲は中島みゆきの「未熟者」がいい。そしてそんなとき、どこからともなくミツバチの大群がワッとやってきて・・・なんてのが素敵なシチュエーションなのだが・・・これらは全て妄想だ。
コメント

筒形遊具

2011年06月27日 17時12分00秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

筒形遊具

2011年06月27日 17時10分49秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

筒形遊具

2011年06月27日 16時52分43秒 | 日記
子どもの頃、ドカンのようなもので遊んだ人は多いのではないだろうか。テレビアニメや漫画は知らなくとも、ドカンの湿った空気の中で、一時、友達や野良猫と一緒に共同幻想論にしたったことはココロの中で今も生き生きとしている。ドカンを戦艦大和と呼んでいた近所のガキ大将はとても優しかったが、我より酷いビンボーで、なぜかよく分からないのだが「魚の骨の食べ方」なんて言うのを一所懸命教えてくれた。このガキ大将は片栗粉にどっかからカッパラッテきた砂糖を入れ、お湯で馴染ませると白く白濁した「鼻水」のようなものをつくってくれ、これは「羊羹」だと言って食べさせてくれた。我は大学受験の勉強中、腹が減るとこの「羊羹」をよくつくって食べた。そのガキ大将も我が高校生の時、家族がバラバラになってどこかに引っ越していった。我は戦艦大和の乗組員のように敬礼をしてガキ大将を見送った。
コメント

遊具ステップ

2011年06月26日 17時30分41秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

遊具ステップ

2011年06月26日 17時16分35秒 | 日記
安全マットの上に設置された遊具ステップ。こんなに低い遊具ステップなのに安全マットを敷くのは、遊具安全基準の拡大解釈に他ならない。こうやって他者との差別化を図っているとするなら、自由競争とは虚しいものだ。だいたい自由と名の付く「自由恋愛」とか「自由民主党」なんてものはロクナもなじゃない。「民主」と名の付くのもくだらない輩ばかりで、その最も代表的なロクデナシどもが「民主党」や菅直人だ。こやつ等はさっさとニホンから追い出して島流しの刑に処さなければならない。あの気持ち悪い笑顔がテレビから流れてくると虫唾が走る。無知無能で詐欺師・ペテン師まがいののジジィーはお下劣極まりない。
それはそうとして、遊具の安全基準は業界とトンマナ官僚と御用学者の談合みたいなものでつくられたに決まっている。利用者の意見などまったく反映されていないのが現状だ。
コメント

すべり台

2011年06月25日 16時42分51秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

すべり台

2011年06月25日 16時42分19秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

すべり台

2011年06月25日 16時41分54秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

すべり台

2011年06月25日 16時41分21秒 | 日記
角度を変えて撮った。
コメント

すべり台

2011年06月25日 16時29分35秒 | 日記
古いタイプの3連すべり台。競争すると楽しいすべり台。
我は他人と競争するのが大の苦手だった。博愛主義者だからではない。気が小さく、負けるのが悔しくてしょうがないのだ。要するに我慢のできない、協調性のない、努力をしない・・・そしてすぐに泣く極めて嫌なガキがそのまま大きくなり、今は死に損ないのジジィーになった。小学校の通信簿にもずっとそう書かれていた。母にも散々怒られたが、直らなかった。学校の先生なんぞ、小学生から大学までなんの興味も信頼もしていなかったが、我の性格分析はあんがい当を得ていたのかもしれない。まぁーそれほど分かりやすいバカだったと言うに過ぎない。
これからのもうちょっとも、この腐った性格のままで過ごそうと思っている。
コメント